そうだろ?
rating: +12+x
blank.png

「3、5、18、それから23行目の記入欄に署名してください。この最後の声明は、1か月間の財団での科学的テストにおける協力の見返りに死刑判決から解放されるということへの同意を確定させます。ここでやっている仕事が世界の役に立つことを忘れないでください」
乾いた、退屈そうに見える、しかしなんとか親しみのある法務助手は1枚の紙を取り出しながら言った。

「そして俺が今月……あー、人類のための科学実験をやれば、自由になる? 質問されることもなく?」
俺は答えた、幾分ためらいながら。

「テスト中に得られた情報を開示しない限り、罰則なしで収容前の生活に自由に戻ることができます。あなたは投獄またはテストに使われた期間に戻されることはありません」
法務助手は答えた。彼はややいらいらしてペンを叩いた。

「ええと、これで上等、だろ?」
俺は言った。
「この機会にただ感謝するよ」
衝動のままに俺は男の手を握り、激しく振った。

そいつが本当に初めて俺に気が付いたかのように、そいつの目は驚きで広がった。そいつが俺と目を合わせたとき、そいつは俺の目に何かを見たかのように目をそらした。
「問題ありません。これがお互いに有益な関係であることを願っています」
気を散らすかのようにそいつは答えた。そいつはうんざりした表情を浮かべて目をそらした。

警備員どもが俺を部屋から連れ出して、俺は静かに自分自身について考え始めた。

1か月は長すぎるわけじゃない。俺はやれる。すぐに家族に会えるだろう。

そうだろ?


「ドアを開けて、入って、道を歩いてください。わかりましたか?」
研究員はいらいらしてペンを叩いた。

「それで、あんたらは鍵が……ドアの後ろにあるものを変えると?」
ヴァンキは懐疑的に博士に尋ねた。

「はい、道を歩けば大丈夫です」
研究者は答えた。
「しかし、すぐに入ってください。複数人でこれをテストしたことはありません」

俺はラミレスを見た。警備員が俺たちを除染室に通じるドアまで案内して、ラミレスは俺に肩をすくめてみせた。タイラーが鍵を渡され、やつはそれをややためらいがちにドアに差し込んだ。

やつは鍵を回し、ドアを開けた。俺たちを出迎えたのは除染室の無菌の壁や設備じゃなく、霧の森だった。

俺たちはみんな衝撃で後ずさった。

「ジーザス、マジで変えやがった」
ラミレスは深呼吸した。
「なんてこった」

俺はショックで目を見張った。そいつはマジで機能した。
「こ、これは魔法か何かか?」

PAシステムを介した音声が聞こえてきた。
「Dクラス職員、森に入ってください」

俺たちは指示に従って互いの手をつかみ、急いでドアにぞろぞろと入っていった。一番後ろのラミレスが入った途端、ドアは音を立てて閉じた。

俺たちは懐中電灯をつけて、道を歩き始めた。

「この場所は一体何だ? クソみてえに気味が悪い」
ヴァンキはグループを率いるように言った。

「知らないよ。ただここを通り抜けよう。僕に関して言えば、30日間が早く過ぎるほどいいんだ」
タイラーは答えた。

森の中を歩いてると、ヴァンキのベルトに留められたラジオにパチパチと音がした。
「Dクラス職員、健康や気分の変化について報告はありますか?」

「いいや、博士。いい気分だ」
ヴァンキは答えた。

「計画通りに進めてください」

森の小道をたどっていると、不気味な霧が侵入してきたようだった。暗い夜空が延々と広がり、俺たちを不思議で不気味な予感で包み込む。

「この場所の感じは好きじゃねえ。俺たちはどこにいるんだ?」
俺は震えながら辺りを見回した。

「聞いたことのある場所には見えねえな。俺はここにたどり着いた方法のほうがもっと気になるぜ」
ヴァンキはつぶやいた。

突然、森で何かを聞いたように感じた。
「みんな、聞いたか?」

ラミレスは凍り付いた。
「ああ。動物のように聞こえた」

俺たちは全員静止した。俺は森の中に懐中電灯を振った。それは木々と下草のもつれた広がりだけを照らした。

「空耳だ。ここじゃあ簡単に妄想に取りつかれるだろうよ」
タイラーはそう言った。

「俺は何かを聞いたと誓えるぞ」
俺は答えた。

道に沿って歩き続けた。俺は警戒を続けた。

その後、俺はまた音を聞いた。

「まただ! 今回はもっと近くだ、誓っていうぜ」
おれはそう主張した。

「みんな、俺も聞いた。少しおかしくなっちまった」
とラミレスは唾を飲み込んだ。

「お前は本当に聞い───」
ヴァンキはいい始めた。

突然、何かが俺たちのいる森から飛び出したかのような、地を砕く咆哮が聞こえてきた。

「なんだ畜生!?」
ラミレスは叫んだ。俺たちは全力疾走を始めたから、やつのことは無視した。

俺たちはできるだけ速く森を疾走し、森から聞こえる他の音や叫び声を無視した。俺たちが走り続けている間、そいつは咆哮し、追いかけ続けてきた。突然、霧を抜けると、俺たちが入ったドアと同じドアが現れた。

「ドアがある! 急げ! ラミレス!」
ヴァンキは叫んだ。

ラミレスはつまずいて叫び、地面に転がった。俺は一瞬立ち止まったが、ヴァンキが腕をつかんだ。

「遅すぎる、いくぞ!」
ヴァンキが俺に向かって叫んだ。

「だが、ラミレス───」

「遅すぎる!」

「助けてくれ! くそったれ、助けてくれ、足首がねじれてるらしい。ああ、神様、神様、神様」
ラミレスは俺たちの近くに這おうとするようにすすり泣いた。

タイラーはドアに鍵を押し込み、顔に涙を流した。ドアを開き、除染室を出現させた。

「ああクソ、もっと近づいてきた! 助けてくれ! 助けてくれみんな! 死にたくない!」
ラミレスは俺たちに叫んだ。

ヴァンキが俺を押し込んで、俺たち3人はドアを通り抜けた。ドアを閉じたことを非難するラミレスから、新たな悲鳴を聞いた。俺がやつについて最後に見たのは差し出されたやつの手で、それは俺たちに向けられていた。

警備員どもが俺たちを監房に連れ戻した。俺たちは静かに歩いた。やつらは俺たちを監房に押し込み、ドアを閉めた。

タイラーはベッドに上がり、壁と向き合った。ヴァンキは壁に向かって立っていた。俺はベッドの上で体を伸ばした。俺の上の寝台はひときわ空いていた。

ヴァンキは突然壁を蹴った。
「あれは何だった?」

「知らない、知らない」
タイラーはすすり泣きの間に言った

「俺は昔荒っぽいことを経験したことがあるが、こんなことは何もねえ。なんてことに巻き込まれちまったんだ」
ヴァンキはため息をついて座ったまま、頭を抱えた。

俺は話した。

「ほら、俺たちはあのフォームに署名した。あいつらは俺たちを解放しなくちゃいけない。あれは全部記録されてるんだ。あいつらが約束を破ることはできない。たったの1か月だ」

タイラーとヴァンキからのねめつけは、やつらがそれについてどう思っているか知るために必要なものすべてだった。

だが、あれは記録されたんだ。あいつらは俺たちを解放しなくちゃいけない。

そうだろ?


警備員どもが試験室に通じるドアと部屋を開け、俺たちはかさばる耐熱スーツを着て立っていた。コイツらは動きづらく、強制的に持ち運ばされた巨大な爆風シールドと消火器によってさらに悪化した。タイラーは背中に大きなガソリンの容器を運んでいた。ヴァンキと俺はその隣にいた。

「いいですか、入って、燃料を落として、出て行ってください。長くいすぎると、あなたたちの安全を保障できません」
警備員は俺たちに注意した。

「いつからてめえらくそ野郎どもが俺たちの安全を保証したことがあった?」
ヴァンキは反撃した。

警備員は俺たちに目を細めたが、何も言わなかった。ついに緑色のライトが俺たちの上に点滅し、警備員がボタンを叩いた。

「行け、行け、行け!」
やつは俺たちに叫んだ。

俺たちは最後の部屋を走りだした。ヴァンキと俺は先頭を務め、タイラーがすぐ後ろで走っていた。かさばるスーツは走りづらく、俺は何度かつまずきそうになった。

気づいたら突然湿度の高い小さな部屋にいたもんだから、耐えられないほど暑くなった。オフセットの床の間では、炎が俺たちの外観でちらつくように見えた。

すぐに、俺たちは立ち止まって炎に直面した。タイラーはすぐに背中のガソリンの容器を外して地面に置いた。その荷物を見ると、炎は再びちらつき、それに向かって走り始めた。

「ここから出るぞ!」
ヴァンキは叫び、俺たちはすぐに振り返った。うなずいて、俺たちは外へ走り始めた。

だが、俺たちが走り始めたとき、背後から叫び声が聞こえた。振り返ってみると、タイラーが足を踏み外して地面に転がり、かさばるスーツにつまずいているのが見えた。同時に、炎はガソリンの容器にたどり着き、突然より大きな形に爆発した。タイラーに大喜びで襲い掛かったようだった。

タイラーは叫んだ。

炎が貪欲に攻撃したから、スーツは溶け始めた。急な変化に突然の衝撃を食らったもんで、頭上のスプリンクラーが爆発して、炎を水で濡らした。

俺たちは炎に向けて消火器を放ち、炎は床の間まで押し戻されてシューッという音がした。俺たちはタイラーをつかみ、部屋から引きずり出した。

外に出ると、タイラーのうめき声が聞こえた。ちらっと見おろすと、俺はほとんど吐きかけた。スーツの下半分全体が溶けたスラグみたいにめちゃくちゃだった。タイラーはうめき続け、やつも泣いているようだった。ヴァンキは見おろして顔をしかめ、顔が白くなった。

「ちょっと待ってろ、タイラー。ちょっと待ってろ。俺たちがお前を医者に連れていく、待ってろ」
俺はタイラーを安心させた。やつはそれに応じてただ大声でうめいていた。

「みんな……あ、足を感じられないんだ。みんなを感じられないんだ。な、なんで痛むんだ?」
タイラーはささやくように言った。

「大丈夫だ、お前は大丈夫だ。ただ……ちょっと待ってろ、いいな?」
俺は唇をかんで答えた。

「もう傷つけたくない」
タイラーは泣いた。

結局、俺たちは最後の収容室を片付け、タイラーの残したものをドアに引きずった。俺たちが通り過ぎたとき、医者のチームが俺たちに群がった。ヴァンキと俺はタイラーをスーツから解放しようとしたが、俺たちがやつを引き出そうとするたびにやつは叫び続けた。スーツのスラグはやつの体の一部に溶けていたから、俺たちはやつを簡単に出すことができなかった。

警備員が俺たちが救助を続ける前に俺たちをつかみ、耐熱スーツを脱がして無言で監房へ引き戻した。

俺たちが監房に強制的に戻されると、近くの医療棟から悲鳴が聞こえてきた。タイラーのように聞こえた。

俺はヴァンキと一緒に監房に戻った。やつはトイレに歩いていき、ひざまずいて、嘔吐した。

その後、タイラーが「彼を痛みから解放する」ために終了されたという通知が俺たちに届いた。

あとたったの20日だ。あいつらは俺たちを解放しなくちゃいけない。

そうだろ?


「部屋に入り、西の壁のドアを開けてください。あなたたち2人と同一の職員がいます。一組の職員全員が終了されるまで、ドアは開きません。相手の職員を終了するために必要なあらゆる手段を用いてください」
研究員は文書を読んだ。
「いいですか?」

ドアが開けられヴァンキと俺は押し込まれた。俺は部屋を見まわして、武器として使えるものを探した。

俺は冷蔵庫でビールのボトルを探し出した。首をつかんで、端を打ち砕いた。即興ナイフでもないよりはましだった。ヴァンキも別のボトルを拾った。

俺たちは西側の壁にあるマークされたドアの前に立っていた。俺は、俺を振り返ったヴァンキを見た。

「ドアを開けたら、両方の袖をまくり上げて、誰が誰なのかわかるようにしよう。さもなけりゃ、うっかりお互いを殺しちまう」
ヴァンキはそう言い、俺はやつにうなずいた。

次に、俺たちは不吉なドアを見つめた。

「準備はいいか?」
やつは尋ねた。

俺はため息を吐いた。
「ああ、やろう」

ヴァンキはうなずき、ドアを開けた。そうしながら、俺たちは両方の袖を素早く巻き上げた。

俺たちの隙間を見てみると、俺たち2人の同一のコピーがいて、破壊されたボトルも持っていた。やつらは袖を長くしていた。超現実的なその瞬間、俺たちの両方の組は純粋なショックでお互いを見つめていた。

それから、ヴァンキはやつのコピーに叫び、突進することで沈黙を破った。

俺は瞬間的な硬直から抜け出し、コピーがジャブを打ってきたので横に身をかわした。俺は俺のボトルでやつを切り倒したが、やつはその下にもぐりこんだ。突然、やつはタックルで俺のほうに向かってきた。

空気が肺から追い出されて、重い「うめき声」とともに俺は地面に転がった。俺がやったようにボトルが俺の手から出てきて、地面に落ちて粉々になった。俺は転がり、コピーを下に置いた。俺がコピーを殴り始めたとき、俺は痛みの悲鳴を聞いた。

気晴らしに目をやると、ヴァンキがやつのコピーの胃を刺したのを見た。負傷したコピーは地面に倒れ、しかめっ面をしていた。ヴァンキはやつの顔を蹴った。

その気晴らしの瞬間は、コピーが俺を追い払うのに十分だったことが証明された。俺が反応する前に、やつは俺のこぶしを握り締めた。俺は二つに折られ、地面に落ちた。コピーが俺に飛び乗り、やつの手を俺の首に巻き付けた。

「すまない、俺はこうしなきゃ。俺たちには戻るための家族がいるんだ」
やつは締め付けて顔をしかめた。

俺はやつの掴みから逃げようともがいた。俺のコピーはやつが何をしているのか知っているようで、圧迫を強めただけだった。必死で息をしようとしたが無駄だった。視界に斑点が見え始め、すべてがぼやけ始めた。

すると、圧迫感が消えた。俺は息を切らして、ヴァンキが俺のコピーをぶん投げているのを見た。やつらは他の部屋に転がり込んだ。やつらはより良いポジショニングのために奮闘し、俺はヴァンキがテーブルの角に俺のコピーの頭を何度かたたきつけ、やつの頭を踏みつけて優位に立ったのを見た。

血が床に溜まり始め、俺のコピーのボロボロの体は倒れた。ヴァンキは息を乱し、不安定に立ち上がった。俺は起き上がり、やつのほうに近づこうとした。やつのコピーが現れたとき、警告するには遅すぎた。

「ヴァンキ! 気をつけろ!」
俺は叫んだが、遅すぎた。ヴァンキは振り返り、その目は驚きで広がった。

ヴァンキのコピーはヴァンキをつかみ、砕いたボトルでのどを裂いた。やつの血が切断された動脈からごぼごぼと噴出し、やつは地面に落ちた。

俺は叫び、前に走り、ヴァンキのコピーにタックルした。割れたガラスの破片をつかみ、コピーの喉を横に引き裂いた。

俺が部屋に戻ると、警備員が俺を施設に連れ戻した。俺は独りで監房に戻った。

ベッドの上で丸くなった。

涙が俺の顔を流れ始めた。みんないなくなった。俺は独りだ。

あと10日だ。俺はあとたった10日生き延びればいい。

そうだろ?


「おめでとうございます。あなたは正式に1か月勤め、自由になります。ただ、あと一つのことがあります」
研究者は俺に言った。

「クソどもが何を望む? 俺はてめえらのために十分働かなかったか?」
今月の間に見たものを思い出しながら、俺は反撃した。

「落ち着いて。あなたが曝されたオブジェクトの永続的な効果を調べるために、肉体的におこなう必要があります。この薬を飲んでください。PETスキャンのためです」
医者は俺に小さな青い錠剤を渡した。

俺はそれを口に入れて、一気に水を飲み込んだ。診察台に飛び乗って、家族のことを考え始めた。

みんなに会うのは久しぶりになる。エミリーは……5つになるのか? それから、ティムはちょうど3年生になる。神様、みんなに本当に会いたかったよ。

すぐにみんなに会えるんだ。

すぐに───


「3、5、18、それから23行目の記入欄に署名してください。この最後の声明は、1か月間の財団での科学的テストにおける協力の見返りに死刑判決から解放されるということへの同意を確定させます。ここでやっている仕事が世界の役に立つことを忘れないでください」
乾いた、退屈そうに見える、しかしなんとか親しみのある法務助手は1枚の紙を取り出しながら言った。

俺は記入欄に署名した。何を失う必要があるだろうか? 俺は立ち上がり、法務助手の手を握って振った。それは正しい事のように思えた。

「あんたがたが俺に与えてくれたこの機会にただ感謝したいよ」
俺は彼に真剣に感謝した。

彼は応答で目をそらしただけだった。
「お互いに利益のある関係を築くことをねがっています」

警備員どもが待っているバンに俺を連れて行き、俺は静かに自分自身について考え始めた。

たったの1か月だ。30日は長すぎるわけじゃない。俺はすぐに家族に会えるだろう。

そうだろ?

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。