SCP-001-EX-J
評価: +75+x

ドキュメントSCP-001-EX-Jはフランスの███████洞窟で発見されたかつての"ドキュメントもの-I-わ"の写しです。この文書の内容は時代遅れになったため、機密解除となりました。オリジナルの文書は発見された洞窟に残っています。洞窟の関連部分は、不安定性を理由に観光客の接近を禁じられています。オリジナルの絵文書の写真も記録されています。
CKG族(Catch,Keep,Guard)に関連した更なる文書がその後発見され、現在翻訳中です。

どのものか: もの-I もの-I-わ

どれくらいわるいものか: わるくない わかってる

どうやっておいておくか: ほら穴-IIIIの地面にあけた穴にすくなくともひとつはとっておけ。 すくなくともひとりの起きてるまじない師がもの-Iを入れた穴のそばにいないといけない。木とか葉っぱとか骨とかをもの-Iに食わせるために投げ込め。でないともの-Iは死ぬ。地面の穴のなかにいないもの-Iはすごくわるい。やまライオンよりよくない。もの-Iはおのでもやりでもげんこつでもきずつかない。とめるには水とかしょんべんとか土とかかけたり木のえだでたたいたりしろ。もの-Iになにかためしてみるのはおおかみ皮よりえらいまじないしでないといけない。そのときもまじないし・う████にやるまえにやっていいか聞け。

すごくみじかいやつでなければもの-Iにおしっこはかけるな・ かむなぎ・あ████

もの-Iがほしいなら、まじないし・う██ならおしえられる。でもおおかみ皮よりえらいまじないしでないといけない。もしもの-Iについておおかみ皮のまじないしよりえらくないやつにおしえたらものすごくひどい目にあわせる。

これはなにか: もの-Iはあつくてあかるくてきいろいものだ。もの-Iは手でつかめない。でも木にのせてどうぶつの頭の骨のなかに入れておけばうごかせる。ためしてみたらもの-Iの上はもの-Iとおなじくらいあつい、でもあかるくない。もの-Iはどこでもいいからすでにあるもの-Iに、木とか葉っぱとか骨とか皮とかあぶらみとかを近づけることでおこせる。もの-Iはもの-IIIが木に落ちたり、もの-IIIIのそばにある木の枝などでもおきる。
水、おしっこ、土、枝でたたくことでもの-Iは殺せる。だけどもの-I男がもの-Iを見はらないといけない。まじないし・か███のやったことを見ればもの-Iができごと-Iをおこすことがわかる。
もの-Iは部族にとってものすごくやくにたつ。もの-Iにためしたことを見ろ。

rockpainting.jpg

速狩群-I"しげみをうろつきまわるやつら"がほら穴-Iにもの-Iをもちかえる

どうやってみつけたか: もの-Iは部族に長いこと知られていた。でももの-Iを長いこともたせるうまいやりかたをみつけたのはぷろめてうすの洞窟の速狩群-I1"しげみをうろつきまわるやつら"のかりうど・お██とかりうど・う██だ。かりうど・お██はもの-Iを手でさわったからけがをした。どうやっておいておくかに書いたうまいやりかたをもの-Iにつかった。いいはたらきをしたから、かりうど・う██とかりうど・お██はマンモスのはんぶんとふたりの女をもらった。

ほかのこと-I

もの-Iにためしたこと
ためし-I
だれがためしたか:かむなぎ・あ██
ためしたこと:やりでもの-Iをついた。
おきたこと:もの-Iがやりの上にひろがった。

ためし-II
だれがためしたか:かむなぎ・あ██
ためしたこと:しょんべんをやりにかけて、やりでもの-Iをついた。
おきたこと:やりはかわいたけどしょんべん臭い。もの-Iはやりにひろがらなかった。

ためし-III
だれがためしたか:かむなぎ・あ██
ためしたこと:しょんべんをもの-Iにかけた。
おきたこと:もの-Iがちんこにひろがった。かむなぎ・あ██がげんきになるまでもの-Iをためしてみることの長はまじないし・う██がやる。

ためし-IIII
だれがためしたか:まじないし・う██
ためしたこと:肉をもの-Iにのせた。
おきたこと:もの-Iは肉にひろがらなかった。

ためし-IIIII
だれがためしたか:まじないし・う██
ためしたこと:しょんべんをやりにかけて、やりで肉をとりだす。
おきたこと:やりはかわいたけどしょんべん臭い。肉はうまかったけどションベン臭かった。

ためし-IIIII I
だれがためしたか:かりうど・お██
ためしたこと:やりを水につけて、やりの上に肉をのせる。
おきたこと:やりはかわいた。やりはしょんべん臭くない。肉はとてもうまかった。かりうど・お██はまじないし・お██になった。

ためし-IIIII II
だれがためしたか:まじないし・う██
ためしたこと:麻をもの-Iにのせる
おきたこと:[データは削り取られている]

できごと-I

おぼえてるときから██████████████████の満月とIIの日、ほら穴-IIは朝のたいこをならさなかった。速狩群-I"しげみをうろつきまわるやつら"はなにがおきたのか見にいくために送られた。ほら穴-IIの中はあたたかかった。部族の男たちが死んでいて[データは削り取られている]だった、ほら穴の壁もそうだった。死んだ男たちにけがはなかった。

ほかのこと-II:


おぼえてるときから██████████████████████████████の満月とIIIII Iの日、まじないし・お██は[データは削り取られている]を使って何もないところからもの-Iをすばやくおこした。もの-Iはもう"わかってること"と呼んでいい。
か-IIIII会議

 
 


訳注*1 原文は QHP stands for "Quick Hunting Pack"

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。