SCP-004-J
rating: +2+x

アイテム番号: SCP-004-J

オブジェクトクラス: Euclid Thaumiel

特別収容プロトコル: 実体は現在、毎週月曜日から金曜日の8:00から17:00まで、サイト-08北部の買掛金事務所にいます。北カフェテリアで現地時間12:00から13:00まで1時間滞在し、その後机に戻ります。 ときどきトイレを使用したり、北ウィングの廊下を歩いたり、水飲み場で水を飲んで休憩する必要があります。 半年に一度、我々が実体の有能さを評価していると示すこと、年間4%の昇給を行うこと、低コストの生活、通勤の容易さ、質の高い駐車場について指摘することで、収容状態を維持することが可能です。

説明: SCP-004-Jは、公認会計士(CPA)(ミシガン大学、1978)であり、現在財団が雇用している[編集済]の元最高財務責任者であるスタンレー・ニコルズです。 SCP-004-Jは身長約180cm、体重約75kgの白人で、目と髪は薄茶色をしています。 実体は1991年7月以来、表向きは求人への回答として財団の収容下にあります。 職務後の記憶処理中に異常性が発現しました。 担当職員は、SCP-004-Jは「本当の先見の明」であり、「それは記憶処理剤の無駄であり、不必要な干渉である」と主張して、記憶処理の実施を拒否しました。 人事、認識災害部門及びサイト-04のヒューマノイド担当職員による短い会議の後、買掛金勘定として雇用することを条件としてSCP-004-Jを収容することで合意しました 。

SCP-004-Jは非常に有能な会計士のようであり、年間の資本支出予算を削減すると同時に、売り手と運用支出の購入プロセスを合理化するのに立派な努力をしました。 さらに、供給連鎖の国際化の拡大を活用するための包括的なアプローチにより、予算重視の成果物を作成する相乗効果の可能性に対する見解が大きく変わり、クラウドソーシングのパラダイムシフトにつながり…

実体は短時間私の近くにいたようです。
SCP-004-Jは思考プロセスを妨げる認識災害フィールドを持ち、会社の幹部によって使用される専門的な流行語を通じて、仕事の発展に関する思考パターンを、批判的に考える能力を損なったもので上書きします。 担当職員のCTスキャンでは、後頭皮質と海馬のニューロン興奮状態の低下が確認されました。 SCP-004-Jは1991年8月にEuclidに分類されました。

1992年8月のサイト-██でのハリケーン・アンドリューの被害による大規模な収容違反の後、SCP-004-Jは常に人名に脅威のKeterオブジェクトであるSCP-106に曝露しました。SCP-004-Jは、パニックを起こしたり隠れたりするのではなく、四半期予算を編成する際の残余収入と年金の重要性について議論し始めました。 SCP-106は注目し、名刺を実体化したあとすぐ、都合のよいときに「昼食会議」に参加することに同意しました。 さらなる実験により、SCP-004-Jを取り巻く認識災害は人型生物だけでなく、暴露されたすべての知覚生物に影響を及ぼすことが示されています。

マッギンリー博士とホワイト博士の提言によって、SCP-004-JはSCP-682の収容セルの外の、安全かつ認識災害フィールドに悪名高い生き物を置くのに十分な距離に配置されました。
以下オーディオ:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。