SCP-006-FR
rating: +6+x
scp-heritage-v3.png

アイテム番号: SCP-006-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-006-FRはサイト-アレフの収容セル内のSCP-006-01-FRに収容されています。SCP-006-01-FRには常に3名のDクラス職員が配置され、SCP-006-01-FRの入り口の金属製シャッターがSCP-006-FRによって決して閉じられることがないようにします。武装した6名の警備員はSCP-006-01-FRの外部に常駐します。SCP-006-FRと交流する、またはSCP-006-01-FRに入る職員は必ず菜食主義者でなくてはなりません。

説明: SCP-006-FRはコーカサス系の人型実体で、身長は1m87cm、体重は常に112kgで、用いる唯一の言語はロシア語です。
SCP-006-FRは血痕のついた調理用前掛けを着て、肉屋のトック帽を被り、チェックシャツとベージュのカンバス地のズボンを身に着けています。98%のケースでSCP-006-FRは調理器具(包丁、ミンチングナイフ)をベルトに通して携帯しています。SCP-006-FRが生物を物理的に襲うことは極めて稀ですが、同体型の人間の5倍の力を持ち、極めて高い損傷への耐性を持ちます。SCP-006-FRは肉屋の外見をしており、SCP-006-01-FRを即座に移動させること、並びにSCP-006-01-FR内に存在する精肉器具をいかなるものであっても彼の手元へテレポートさせることができます。

SCP-006-01-FRは床は5m×10mの長方形で、高さが2.75mの典型的精肉店です。店は二つの部屋から成り、一つは5m×7mで店の入り口に直接面し、典型的な肉屋のカウンターを含み、5m×3mの倉庫への扉がカウンターの奥にあります。
SCP-006-01-FRはそれが出現した場所に慣れ親しんだ人間を含み、現象を観察している人間にも奇妙と思われることなく、2つの他の店舗の間に出現することができます。

SCP-006-01-FRの最初の出現は40年代に遡りますが、収容されるのは移動する前に精肉店が特定された1996年のことです。回収部隊が送られ、SCP-006-01-FRをサイト-アレフに運搬する特大輸送車で牽引するに先立ち、SCP-006-01-FRの周囲の建物すべてが取り壊されました。各移動先の選択は完全に無作為的であると思われますが、移動先が人口稠密地であることが条件となっています。確認されたSCP-006-01-FRの移動時の最大距離は█████kmです。

SCP-006-FRはSCP-006-01-FRへの侵入を阻止するシャッターが閉じた時のみ、SCP-006-01-FRをテレポートさせることができます。シャッターが開かれている限り、SCP-006-FRにSCP-006-01-FRを移動させることは不可能です。SCP-006-FRは精肉店内で攻撃された場合にのみ、SCP-006-01-FRの外に姿を見せます。その際、SCP-006-FRは襲撃者が死亡するか、SCP-006-01-FRから150m以上の距離に達するまで襲撃者を追いかけます。その後、SCP-006-FRはSCP-006-01-FRの倉庫にテレポートします。

しかしながら、SCP-006-FRが相応の傷を負った場合も、SCP-006-FRは追跡を止め、SCP-006-01-FRの倉庫にテレポートし、1日の間、非活動状態になります。重大な傷であっても、すべての傷を回復させるにその期間は十分なようです。この際は、非菜食主義者の存在がSCP-006-FRを活動状態にすることはありません。

菜食主義者がSCP-006-01-FRに侵入した際、SCP-006-FRは非活動状態で留まり、何も発生しません。しかし、非菜食主義の人間がSCP-006-01-FRに侵入した時、SCP-006-FRは活動状態になります。その際、SCP-006-FRは非活動状態の際に立てこもる倉庫から出て、SCP-006-01-FRに侵入した人間に影響を及ぼします。侵入した人間はSCP-006-FRに好みの肉の一片を要求します。SCP-006-FRはSCP-006-01-FRの倉庫へ入り、倉庫の扉を開けたまま、要求された肉の小包とともに戻ってきます。小包は注文の品を含みますが、現在でも未知の手段によって、SCP-006-FRは注文された肉の部位に相当する注文者の肉を取り去り、小包に包みます。たとえ採取によって引き起こされた被害が致死性であっても、しかも、移動に関する部位がSCP-006-FRの処置によって影響を受けていても、注文者は生存し、その住居と見做される最新の場所に戻ります(「豚足」注文したクラスDにおいては彼らのセルまで足なしに這っていくことが観察されました)。住宅に至ると注文者は肉を摂取した後、死亡します。取引が終了し、いかなる新たな人物もSCP-006-01-FRに侵入しない場合、SCP-006-FRは非活動状態になり、倉庫の扉を閉めます。

SCP-006-FRの支配下にいる対象に行った脳造影図は、接触時に決断を司る脳の部位が重大な影響を受けていることを示しています。いくつかのケースでは、対象の状態はロボトミーを受けた患者に近しいものでした。██████博士が率いる研究チームがSCP-006-FRが対象を制御するため特定の波長を用いているか、この能力が純粋に精神的なものであるのかを研究中です。SCP-006-FRを脳造影図に通すことができないため、第一の説の論証は困難です。しかし、この考えは完全に棄却されてはいません。

菜食主義の職員を用いて倉庫の扉をこじ開ける、もしくは破壊するあらゆる試みは失敗に終わりました。SCP-006-FRが活動状態にある間に倉庫に入るあらゆる試みは失敗に終わり、SCP-006-FRの怒りを招き当時SCP-006-01-FR内にいたすべての職員が殺害されました。: インシデント01-006参照

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。