SCP-009-FR
scp-heritage-v3.png
rating: +4+x
blank.png
画像差し止め中

アイテム番号: SCP-009-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 職員でないあらゆる人物に対し、██████の森への侵入は禁止されなければなりません。前述の侵入を防ぐ金網により森は囲まれます。地図上では森は軍事地帯として示されます。クラスD以外のあらゆる職員による実体の50m以内への接近の試みは禁止されます。財団はSCP-009-FRについて十分な情報を保持していると判断されているため、新たな命令があるまで試験は禁止されます。したがって、今後、あらゆる職員に対し、SCP-009-FRの50m以内への接近の試みは禁止されます。職員が最小距離を超えた場合、保安職員は規律に服するよう警告しなくてはなりません。固執した場合は麻酔を仕込んだ吹き矢の使用が許可されます。

説明: SCP-009-FRはフランスの██████の森に生息するCapreolus capreolus(一般にはノロジカ)の群れです。群れは合計7匹の雌から構成されます。すべての個体はSCP-009-FR-1に指定されます。SCP-009-FR-1は(頭に限定されず、脚、尾を含む)体の数か所が2から8cmの長さの釘で覆われ、実際のところは皮膚に打ち込まれている点を除いては通常の身体的特質を持ちます。

個体が脅威を感じると、脅威と目される個体の体内に再出現するため、個体を覆う数本の釘が消失します。約5mm大の空間異常が消失した釘の中心に開き、時には極めて重大な身体的損傷を引き起こす釘が脅威者の体内に瞬時に具現化するよう、最終的にその空間異常が再び開くため、釘を吸い込んでから閉じることをスローモーション画像が明らかにしました。SCP-009-FRを構成する個体が脅威を感じれば感じるほど、多くの個体が行動し、釘の本数は増大します。個体により脅威と見做される行為は至近距離への接近行為を含む典型的Capreolus capreolusの群れにとっての脅威と同じです。脅威の種類がどのようなものであれ、個体は防衛のために常に彼らの異常性に訴え、逃走が確認されたことは決してありません。

補遺SCP-009-FR-A: 鉛張りを施したジャンプスーツが009-FR-1による着用者の体内への釘のテレポートを妨げることが発見されました。これらは先立って麻酔を仕込んだ吹き矢を用いて眠らせた個体1体の回収に有用でした。他の個体は見かけの上では、同族を守る意図を見せず、回収部隊員から20m程度の距離を保ちました。多数の釘の消失が多くのSCP-009-FR-1で確認されましたが、いかなる損害も回収部隊からは報告されていません。回収時にテレポートした釘の所在は不明です。

補遺SCP-009-FR-B: 確保された個体に対する数回の試験はその血中における、およそ[削除済]の極めて高い鉄分の濃縮を明らかにしました。個体が釘をテレポートさせる際、軽微な出血が引き起こされています。テレポーテーションの2分から7分後、次の現象が引き起こされます。傷口から流れる血は釘を生成し、濃度が100%に達するまで、著しく鉄分が濃縮されます。約40秒のプロセスで先立って使われた釘に代わる新たな釘が生成されます。個体が被致死性の傷を負った時、新しい釘の生成により出血を治す同様のプロセスが突如発生します。

補遺SCP-009-FR-C: SCP-009-FR-1はいかなる形態の細胞老化にも影響されないこと、つまり潜在的に不死であることが明らかにされました。しかしながら、非異常性のCapreolus capreolus個体にとっての致死性の傷は特に抵抗の術を持たない009-FR-1にとっても同様に致死性です。他のSCP-009-FRを発見するための探索は不首尾に終わりました。つまり、SCP-009-FRは単一の存在と考えられ、完全に雌から構成される以上、新たな個体は生まれ得ません。SCP-009-FR-1自身が脅かされなければ、SCP-009-FRは脅威として見做されない以上、 ██████の森に収容され、いかなる個体も殺害されることがあってはなりません。試験のために捕獲された個体は群れに戻されました。

補遺SCP-009-FR-D: 繁殖が可能であるか確認するための試験の一環として、非異常性の雄が6月に群れに組み込まれました。雄が発情期(7月)に入るとすぐに、不明な理由で雄はSCP-009-FR-1個体から脅威と見做され、雄は結果として死亡しました。死後解剖では72本の釘が雄の体内から回収できました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。