SCP-015-IT
rating: +8+x
uomo_nero_cam.jpg

SCP-015-IT。捕獲作戦中、機動部隊-IVによって配置されたカメラの1つで記録された映像。

アイテム番号: SCP-015-IT

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-015-ITはサイト-ヴィットリアの標準的なヒト型生物収容室に収容され、保安カメラと赤外線センサーのシステムで監視されています。この収容室及び隣接する廊下は白く塗装し、明るく照らされた状態に保つ必要があります。1日2回、1頭のブタ(Sus domestica)をSCP-015-ITの餌として収容室に供給します。

SCP-015-ITの担当職員は毎週1回心理評価を受け、3ヶ月ごとに再配属されます。

説明: SCP-015-ITは身長およそ1.9mのヒト型実体であり、入射光の98%を吸収できる無毛の皮膚を有します。顔面には鼻も外耳も無く、虹彩の発光器によって目から光を放出することが可能です。口は上下の顎に8本ずつ尖った歯が生えており、舌(長さ28cm)は二股に分岐して、両方の先端に食道と直接繋がっている2本の中空の針があります。SCP-015-ITの腕は胴体と比較して不釣り合いに長く、手には4本の鉤爪を備えた指があります。肉体的には筋肉量がごく僅かにも拘らず、SCP-015-ITには驚くほどの膂力があり、成人した人間を容易に鎮圧できます。SCP-015-ITは肉体的な損傷に対して高い耐性を発揮し、傷痕や内臓損傷を急速に回復します。

SCP-015-ITは専ら夜行性で、哺乳類が産生するアドレナリンとノルアドレナリンのみを餌とし、とりわけ人間のそれを好みます。これらを得るために、SCP-015-ITは獲物を可能な限り恐怖させることを目的とした狩猟方法を発展させました。通常、SCP-015-ITは暗い場所に身を潜め、目撃されないようにしながら獲物を追跡します。そのまま発見されずにいると、SCP-015-ITは獲物の注意が逸れるのを待って静かに接近し、脇腹を掴んで噛み付きます。噛み付きは殺害を意図したものではありません — SCP-015-ITは大きな歯を固定具として用いつつ、舌を突き出して副腎に直接刺し込みます1。片方の針はアドレナリンを豊富に含む血液を吸引し、もう一方は軽度の鎮静剤を加えた血液を獲物の体内に再排出します。これによって、SCP-015-ITは体力をあまり浪費せずに獲物を身動きできない状態に保ち、摂食後はそのまま立ち去ることができます。

SCP-015-ITの長期的な観察は、曝露者の精神状態を悪化させ、幻聴や幻覚、パニック発作、そして特に繊細な人物の場合は心血管系の損傷を引き起こします。最初の症状が表出するには2週間かかりますが、この期間はSCP-015-ITが定期的に摂食していなければ短縮されます。この現象の原因は現在も不明ですが、強すぎる/攻撃的すぎる獲物を弱体化させる手段だと仮定されています。

回収ログ: SCP-015-ITは2012/05/22、カゼルタ県[データ削除済]の警察が“吸血鬼”の攻撃に関する多数の通報を受けた後に捕獲されました。サイト-ヴィットリアは機動部隊-IV (“ 鉄拳制裁 ”プニュス・フェールリ)をこの脅威の対処に派遣しました。意外な俊敏さや、暗い場所に隠れることが可能な体色により、SCP-015-ITは発信機を打ち込まれて財団に居場所を追跡されるようになるまで捕獲を逃れ続けました。包囲されたSCP-015-ITは予期せず暴力的に反応し、鎮圧されるまでに兵士█名を殺害、██名を負傷させました。

補遺SCP-015-IT-a: SCP-015-IT発見場所での潜入調査中、エージェント███████は聖ジョルジオ騎士信心会(以下CCSG)の構成員から接触を受けました。エージェント2名の対話において、SCP-015-ITは過去にCCSGに捕獲されたものの、財団の収容下に入る約2ヶ月前に逃走したことが判明しました。この情報を受けて、サイト-ヴィットリアの管理官はSCP-015-ITに関するCCSG側の文書開示を要請し、入手しました。以下は最も関連性の高い節です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。