SCP-015-J
rating: -2+x
scp015j

エージェント・ボイドがSCP-015-Jと親友になることを望んでいる彼女の非異常性の娘ザウアークラウト

アイテム番号: SCP-015-J

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: サイト-77に到着すると、SCP-015-Jには以下を含むあらゆる需要に応えた新しいガラス製飼育器が贈られます。

  • たっぷり使える水槽。
  • 暖房目的の素敵な加熱パッド。
  • アマゾンは心休まる音楽を流すために盗聴しているので、Slug研究員は赤外線ランプの電球が切れたときに買うことができるかもしれない。
  • もしかしたらトレッドミルに足のある蛇がいるかも???

エージェント・ボイドは、SCP-015-Jが新しい家に落ち着いた後、彼女を「あの気味の悪いヘビ女」と非公式に呼ぶことは記録から削除することを提案しました。

説明: SCP-015-Jはあまり遠くない未来にサイト-77に配達される、Slug研究員に購入され飼い慣らされたヘビを識別するためと、その知らせを聞いたエージェント・ボイドが感じる異常なレベルの興奮の両方に使用することができます。

入手可能な情報源によると、SCP-015-Jは鱗に螺旋状の模様があり、イチゴ色の顔色をした小さな友人になるだろう。SCP-015-Jは舌を滑らせたり、はじくことができることが期待されます。SCP-015-Jは現在のところまだ赤ちゃんと推測されていますが、確認されていません。SCP-015-Jに関係するSlug研究員や他の財団職員との直接相談は、エージェント・ボイドが内気であるため制限されています。

SCP-015-Jに関する全ての詳細は、立ち聞きされた会話を通して間接的に聞かれ、「長い」、「クルクル回る」、「赤」などの詳細が、差し迫った空腹の必要性を持つSCP-015-Jへの言及とともに繰り返し発生しています。SCP-015-Jが初めて大きなうんちをしたり、ふわふわしたマウスを食べたりしたときに、Slug研究員がうんざりしないことが望まれます。エージェント・ボイドはフィールドでの長年の経験のため、そのような発生の場合に参照することができます。

冷凍マウスを餌として利用する複数の動物が存在するため、冷凍マウスを共用冷蔵スペースに保管することの解禁に関する費用便益分析が進行中です。—エージェント・ボイド

補遺:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。