SCP-015-PT
rating: +4+x
blank.png

アイテム番号: SCP-015-PT

オブジェクトクラス: Safe

脅威レベル:

特別収容プロトコル: SCP-015-PTはサイト-PT7のSafeクラスオブジェクト収容区画の150cm×30cm×30cmのロッカーに保管されます。SCP-015-PTに付属する水晶は損傷や不純物との接触を避けるために真空保存する必要があります。SCP-015-PTへの接触はアルマンド・フェラズ・ノゲイラ博士の許可が必要です。

オブジェクトは2日おきに清掃する必要があります。清掃は、パーツ間のほこりの蓄積を除去し、部品が酸化しているかどうかを確認し、SCP-015-PTを構成する水晶が浸されている水の交換を行います。 7日ごとに、水晶は湿らせた布と一般的な中性洗剤を使用して洗浄する必要があります。

ブラジル超常現象監督局から取得された奇蹟論術や電磁工学等の兵器開発に関する資料が管轄区画07-Bに位置するサイト-PT7の書庫や資料庫に保管されています。これらはフェラズ博士あるいはグスタボ・リンドバーグ・トーレス資料庫管理官の許可を得ることでアクセス可能です。


画像差し止め中
1974年にブラジル超常現象監督局によって書かれたSCP-015-PTの設計図。

説明: SCP-015-PTはブラジル超常現象監督局によって開発された多段式携帯電磁砲の試作品です。オブジェクトの構造は現在一般的に知られている電磁砲のそれとほぼ同一ですが、異常な手段を用いた改造が施されています。SCP-015-PTの砲撃の威力は奇蹟論術を用いたことにより同サイズの他の電磁砲のそれを凌駕しています。

SCP-015-PTは3つの部品で構成されており、また全体はグラフェンで構成されているため、その見た目に反して重量は13kgです。砲身部分は、基部から接続されたアルミニウム製の"レール"の周囲に配置された銅コイルと、それを磁化するための7つの電磁石から構成されています。ここでの"レール"は、装填された弾丸を砲身に誘導する役割を持つ板のことを指します。通常の電磁兵器とは異なり、SCP-015-PTは稼働する際に必要なエネルギーを自身に付属する水晶1から供給しているため、バッテリーを必要としません。

SCP-015-PTの2つ目の部品は、強磁性の弾丸を砲身に装填する弾倉です。この部品は、外見上は一般的な携帯電磁砲のそれに類似しています。しかしながら、現在一般に使用されている電磁砲が対応している弾丸の口径は100mmまでなのに対してSCP-015-PTは350mmまでの弾丸に対応しています。この弾倉に装填された弾丸はレール上に乗せられます。SCP-015-PTの引き金を引くと、弾丸がレール上を移動して射出されます。

SCP-015-PTの3つ目の部品は、砲身下部に接続された小さな箱状の物体です。内部は前述した水晶の他に、濃度15%の塩化ナトリウム水溶液で満たされています。この部品に関する情報は不足していますが、この水晶がSCP-015-PTを稼働させるためにエネルギーを供給することと、生成されるエネルギーの量が塩化ナトリウム水溶液の量とオブジェクトを使用する人物の体質によって変化することが判明しています。

SCP-015-PTを用いた実験の結果、弾丸を射出した際の発射速度は約3000m/sを越え、またオブジェクトを使用する人物の体質に応じて約1メガジュールのエネルギーが弾丸に加えられることが判明しました。SCP-015-PTから発射された弾丸が発生させる衝撃とそれによって引き起こされる破壊は、V2ロケット2が着弾した際に発生するものと酷似しています。しかし、V2ロケットは着弾と同時に起爆しますが、SCP-015-PTから発射された弾丸は起爆する前にある程度標的の内部にめり込むという違いがあります3

前述した水晶は、3つの異なる物質で構成されています。解析の結果、27%が方解石の結晶、13%がガリウムの結晶で構成されており、残りの鉱物は現在確認されている鉱物のどれとも一致していません。これらは別々に磨かれた後に溶解され、一つにまとめられた上で未知の手段により凝固されたと推測されています。水晶はSCP-015-PTから取り外されると、異常な挙動を示さなくなります。SCP-015-PTは水晶以外のエネルギーでは作動しませんが、ブラジル超常現象監督局がどのようにしてSCP-015-PTと水晶の関連性を発見したのかは不明です。

現在財団が所持している奇蹟論の知識によれば、SCP-015-PTはアスペクト放射を発生させることなく第六生命エネルギー(EEV)を電気エネルギーに変換することが可能です。EEVをSCP-015-PTの使用者から取り除いた場合、水晶にEEVに類似したエネルギーが生成され電気エネルギーに変換されます。担当研究者は、水晶の機能などを完全に理解するためには水晶の由来などを解明する必要があると述べています。

回収された文書から、ブラジルに初めて到達したイエスズ会の司祭達が水晶に奇蹟論的手法を使用した事が示唆されています。水晶に関して判明した情報は以下に添付されています。なお、情報を保有していると見られているGoI-2391(第二キリスト協会4)は財団への情報提供を拒否しており、交渉が継続されています5





コメント: "これらのデータは驚くべきことかどうかはわかりませんが、最新の携帯型電磁砲は30cmのコンクリートブロックも貫通できないことを考慮するとこのデータは注目するべきでしょう。SCP-015-PTによって引き起こされる損害は大型の大砲やミサイルによるものと似ています。そしてこのオブジェクトに使用されている技術は我々の知っているどの技術よりも優れています。

注目すべき点はもう一つあります。それは消費するエネルギーについてです。今までに知られている最大の電磁兵器は約25メガワットの電力を必要とします。つまり、使用できる場所に大きな制約があるということです。一方で、SCP-015-PTが必要とするのは10cm程の水晶と数滴の塩水だけです。

戦闘でのオブジェクトの使用については、この技術を再現する方法を研究必要があり、おそらく利用可能な他のオブジェクトと統合する必要があるでしょう。仮に使用できるとすると、SCP-015-PTによって引き起こされる損傷が円筒形になることから、オブジェクトが迅速かつ安全に建造物に侵入する方法として使用することができるようになるでしょう。"

— フェラズ博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。