SCP-025-SK
rating: -2+x

アイテム番号: SCP-025-SK

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-025-SKは、エリア-19のサンルーフ、テレビ、ラジオを設置した標準人形オブジェクト収容セルに収容されています。 許可された職員と研究者以外はSCP-025-SKの収容セルに入ることはできません。

説明: SCP-025-SKは身長185cm、約23歳の白人男性に類似した特徴を保持するロボットです。SCP-025-SKの胸部には幅25cmの口と舌が存在しています。SCP-025-SKの口は40cmまで開くことが可能です。当該部分の上部には42本、下部には44本の歯が存在しています。歯は鉄に酷似した未知の金属で構成されており、さまざまな柄が刻印されています。 胸郭は小さく、心臓や肺などの臓器が存在する箇所は通常の人間とは大きく異なっています。SCP-025-SKの口の内側を見たところ、口の内側は一種のポータルであり、SCP-025-SKの口が開いているときにのみ作動することが確認されています。

クリムゾン博士がSCP-025-SKに対して行ったインタビューの後、ポータルがアルジェリオンプライムの平行宇宙に通じていることが判明しました。 SCP-025-SKはポータルを使用して自身をテレポートすることは不可能で、ポータルは他の人や物を動かすために機能します。SCP-025-SKは、これまで未知の長さである2つの大きな手を任意に呼び出して制御することができます。 手はSCP-025-SKの本体やポータルの反対側からは出ていません。ポータルの内側から手が出ていることはほぼ確実です。 これらの手は、オブジェクトをポータルに移動するために使用されます。

SCP-025-SKは20██年7月25日、小さな村██████の、人々が不可解に姿を消した廃屋で、機動部隊イプシロン-6により捕縛されました。 SCP-025-SKは最初は抵抗して2人のチームメンバーをポータルに引き込み、1人はポータルの囚人の手で壊れました。 その後、SCP-025-SKは降伏し、もはや抵抗しませんでした。
SCP-025-SKは、ラジオに新しいCDを提供することが約束されている場合にのみ、協力していきます。

SCP-025-SKは常にSCP-166-CZとの接触を試みています。この接触は、SCP-025-SKの予測不可能な性質のため、まだ可能にされていません。 SCP-025-SKが通信する意思のある唯一の人物は博士です。 クリムゾンは、これは同様の性質と興味によるものであると主張しています。 SCP-025-SKには、週に1回上映される多くの音楽やクラシック映画があります。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。