SCP-040-DE
rating: +4+x
blank.png

アイテム番号: SCP-040-DE

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-040-DEは5m x 5m x 3mのクッション壁のセルに収容されなければなりません。その内部には状況に応じて許可が出されている全面を柔らかい素材で覆った寝椅子と腰かけが配置されています。この部屋は24時間カメラで監視されていなければなりません。SCP-040-DEは1日3回、十分な食事を提供される必要があります。

SCP-040-DEが自傷あるいは他の要因で怪我をした際には即座に拘束して落ち着かせるために、精神医学的知識を持った女性介護士1名と心理学的知識を持った女性警備員1名(両者ともクリアランスレベル1以上)が待機していなければなりません。加えて該当職員はSCP-040-DEの衛生施設利用の要求に対応し、その使用中および食事中の対象を監視する必要があります。また、SCP-040-DEとの交流は女性職員のみが行わなければなりません。

SCP-040-DEは治療の一環として日記を1日1回書くように指示されています。上記の条件を備えた介護士と警備員はこの活動中に監視を行い、必要に応じて対象の安全を確保するために取り押さえなければなりません。また、対象は週に2度、割り当てられたクリアランスレベル2の女性財団精神科医(現在はシュティア博士)とのセッションを行う必要があります。

セルに置く物が欲しいというSCP-040-DEの要求はプロジェクト管理者に提出され、その裁量に従って承認あるいは拒否されます。SCP-040-DEにはリスト040-DE-Rにある1つ以上の基準を満たすメディアを見せてはなりません。

説明: SCP-040-DEは身長1.78m、体重60kgの女性です。対象は痩せ型で、ほとんどの職員から「魅力的」だと形容されます。SCP-040-DEの特徴はその真っ白な皮膚と体毛、赤い瞳の色です。この発色は白子症に起因するのではなく、皮膚と虹彩内部の対応する色素によって形成されています。それに加えて頭髪や眉毛、まつ毛以外の体毛がないことも特徴ですが、これは対象に不快感を与えてはいないようです。

SCP-040-DEは軽傷をミリ秒以内に回復できる強力な再生能力を保有しています。これまでのところ重傷時の観察はなされていませんが、SCP-040-DEは短時間で四肢を生やし、心臓の破壊や全身火傷、下半身の切断からでさえも生存することができたと述べています。この特異性はSCP-040-DEの生物学的老化も防いでいると思われるため、その正しい年齢を特定することはできません。その一方で、既にリスト化されている身体的特徴を除き、SCP-040-DEは人間にとって一般的でない特性を外に保有してはおらず、現在まで優れた身体能力を示したこともありません。SCP-040-DEは標準知能テストでIQ104を記録しています。

SCP-040-DEは心的外傷後ストレス障害や極度の男性恐怖症、身体醜形障害などの様々な精神障害に罹患しています。このため、パニック発作や情動発作を起こす前にSCP-040-DEと長時間の交流をすることは困難です。SCP-040-DEが様々な期間に渡って自発的に緊張病に陥る様子も観察されており、直接あるいは鏡や写真などで自分の体を目にした場合には自己攻撃的な行動を表し始めます。また、SCP-040-DEは空想的あるいはドラマチック、エロティック、コメディ、ホラー、アクション、アドベンチャー要素のある娯楽メディアに対して非常に病的な反応をします。これらの視聴はわずか数分後に絞扼反射や、さらに既に上述した反応や行動の誘発につながります。

発見: SCP-040-DEは████年1月31日に、ドイツの██████にある地元の公園の辺りを目的無く全裸で彷徨っているところを警察によって確保されました。身元を特定するために行った健康診断において対象が特異性を保有していることが判明し、██████警察に潜入していた財団職員が報告したことですぐにSCP-040-DEは財団に確保されました。

SCP-040-DEは自らを7年前に██████で行方不明になったと報告されている█████████ █████であると主張しています。しかしこの主張はDNAテストと写真照合によって反証されています。実際SCP-040-DEを既存の身元に当てはめることは客観的にはできませんが、対象の主張から自分の身元に関しては真実を語っていると推測されています。さらにSCP-040-DEは█████ ████という名前の男性(POI-3572-DE)に誘拐され、虐待されていたと主張しています。SCP-040-DEが短時間のインタビューと日記で説明した虐待の種類から推測すると、████氏は現実改変実体であると考えられます(報告040-DE-L参照)。

SCP-040-DEへのインタビューとそのトラウマへの対処が困難であるため、シュティア博士はさらなる情報を得るために心理学的セッションの度に参照される日記を付けることを対象に勧めました。SCP-040-DEはこの提案に同意しましたが、精神的混乱のせいで記録を中断してしまうため、現時点では長い文章を作成することができません。

職員の一部はこの治療法に疑問を呈していますが、シュティア博士がそのような疑問が出た際にSCP-040-DEに尋ねたところ、記録を作成した後は気分が良くなると対象は述べました。POI-3572-DEに関する捜査は未だ進行中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。