SCP-044-EL-ARC
rating: -8+x
blank.png
halloween-1486549_960_720.jpg

SCP-044-EL-2

アイテム番号: SCP-044-EL

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-044-EL-1の位置は財団によって監視されなければなりません。 SCP-044-EL-2実例の出現はすべて███████博士に報告されるべきです。

SCP-044-ELが引き起こした全ての死はカバーストーリーを適用する必要があり1、目撃者は記憶処理されなければなりません。2

説明: SCP-044-ELは、カボチャを表す1986年7月18日から始まった雷雨です。その継続時間にもかかわらず、嵐は決して終わることはありませんでした。稲光の間に現れるカボチャは通常笑顔で敵対的ではありませんが、時々口から(非異常の)稲妻を吐き出すことが可能です。

嵐とカボチャはそれぞれ、SCP-044-EL-1とSCP-044-EL-2と命名されます。

SCP-044-ELは15日ごとに発生すると推測されていますが、いくつかの例外がありました。その出現の規則性にもかかわらず、口から稲妻が吐き出される瞬間が確定されることはありません。しかし、SCP-044-EL-1はこれらのイベントの間は有効のままです。

発見経緯: 検索
SCP-044-ELは1986年7月18日、████に最初に出現しました。財団はSCP-044-EL-2による女性の死亡後にこの制限を実施しました。

インシデント-044-EL-1-A: 201█/10/31、3人の財団職員がSCP-044-EL-2によって殺害されました。3体の死体のうちの1体は焦げた状態で発見されました。その日以降、SCP-044-EL周辺のスタッフのセキュリティ対策が変更されました。

実験-1: 一人のDクラス職員がSCP-044-EL-1を撃った。SCP-044-EL-2はDクラスを殺害した。

実験-2: DクラスがSCP-044-EL-1に向かってスピーカーで叫んだ。SCP-044-EL-2はDクラスを殺害した。

付記:他の全ての実験でも同じ結果だった。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。