SCP-061-FR
rating: +6+x
blank.png

アイテム番号: SCP-061-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Euclid

kiwi2.jpg

SCP-061-FR

特別収容プロトコル: SCP-061-FRは元の生息地に似せて作られた最低25㎡のセルに収容されます。最新の卵の観察がなされるまで、SCP-061-FRが卵を産むことのできる場所を残してはなりません。SCP-061-FRは一日に二回、ミミズ、虫および果実を給餌されます。

説明: SCP-061-FRはApteryx属、一般にはキーウィと呼ばれる鳥のメスです。SCP-061-FRはオスを必要とせずに、孵化期間が70から80日の卵(SCP-061-FR-Aと呼称)を産むことが可能です。産卵時、SCP-061-FR-AはApteryx属の卵としては一般的な大きさですが、孵化期間の間に、卵の大きさは最大で4mから最小で5cmまで膨張または縮小します。

SCP-061-FR-Aから生まれた生物(SCP-061-FR-Bと呼称)は何らかの卵生生物1です。ひとたび生まれると、SCP-061-FR-BはSCP-061-FRが異なる体躯であろうと母親とみなします。SCP-061-FR-Bは常に成熟した状態で生まれます。

SCP-061-FR-BがSCP-061-FRを母親とみなすにも関わらず、SCP-061-FRはSCP-061-FR-Bに特別な注意を一切払いません。そのため母親を見習う期間を必要とする生物は、SCP-061-FRからの教育がない以上、ほとんどの場合生き延びることができません。

インシデント061-FR-01の結果、SCP-061-FRはどのような事故も次の過程を経て生き延びることが確認されました。SCP-061-FRが殺された際、SCP-061-FRの腹部が大量の窒素で満たされます。圧力が最低6バールに達すると、SCP-061-FRはSCP-061-FR-Aを排出します。他のSCP-061-FR実例に反し、この実例はすぐに砕け、SCP-061-FRが産まれます(固有の身体的特徴を常に呈している以上、おそらく同一の個体です)。これは何らかの自己複製能力と言えます。

補遺: SCP-061-FRは████-██████市内における、プールに巨大なホオジロザメがいる、小鳥の愛好家の家でニシキヘビが孵化する、ナイルワニがいるなどの一連の異常な事件の結果、財団に確保されました。実際に財団の注意を引いた要因は未知の種の高さ4mの卵でした。

メモ: 誰がこの中にいる生物を知っているというんだ - Zap博士.

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。