SCP-1040-RU
rating: +6+x

アイテム番号: SCP-1040-RU

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1040-RUはサイト██の兵器庫の専用の武器庫へと保管されます。保管庫は、2人の武装警備員によって24時間警備されている必要があります。詳細へのアクセスは、Teoman博士の書面による許可が必要で、なおかつ少なくとも1人のセキュリティクリアランスレベル4の職員の継続的な監督の下でのみ行われます。

実弾の発砲は、バレルに組み込まれたノズルに破壊されることとなるため、オブジェクトには空砲用薬莢のみを装填してください。

説明: SCP-1040-RUは近代化改修の行われたドラグノフ狙撃銃です。設計変更は以下のとおりです:

  • ガラス、セラミック、金属製のノズルがバレルに組み込まれていますが、その原理は不明であり、摘出は不可能です。
  • 照準器は、未知の種類のものに置き換えられています。このスコープを通る全てのオブジェクトは、SCP-1040-RUに暴露されたものを除き(それらは赤色で表示されます)、青色に表示されます。
  • 製造工場の識別刻印は、「メイドインレフティ」となっています。

発見された説明書によれば、SCP-1040-RUは空砲によって擊たれた人物を「だまし」ます。スコープを覗いての射撃後、ターゲットに向かって移動する赤い点を観察できます。この点が任意の動物またはオブジェクトと衝突すると、スコープ上での表示が赤に変化します。スコープを通さなければ目に見える効果は観察されません。

SCP-1040-RUの影響を受けた生物は、通常は事故的要因によって24時間以内に死亡しますが、特定の状況下によっては、まれに心臓発作または脳卒中により死亡します。オブジェクトの影響を受けた後の無生物または地形は、その後約48時間ほど「不幸」になり、それらの近辺で小物が消失するなどの不快な事故が定期的に発生するようになります。これらは時間が経過するほど効果が現れなくなります。

補遺1: 確保中に発見されたオブジェクトの説明書:

ほどんど誰もが誰かを殺したいと思ってる。あなたはどうですか?
さて、ではなぜ殺さないのか?あぁ…刑務所に行きたくないのかな…
じゃ、もし勝手に相手が死んでくれるなら?
空砲をこの銃に装填して、狙いを定めてトリガーを引けば、全てが勝手に進行します!
愛を込めて、レフティ

補遺2: オブジェクトは、殺し屋である[データ削除済み]から押収されました。最初は彼は法執行機関の管轄下にありましたが、その後財団の職員がそれに興味を示しました。オブジェクトは押収され、武器庫に収容されました。

補遺3: SCP-1040-RUの実験から抜粋:

… 市街地中心部で解放された被験者は… して、下水道マンホールから落下し死亡し…
… 市街地中心部で解放… 落下したレンガで死亡…
… 市街地中心部で解放され… 車に衝突…
… 安全な収容室に入れ… 天井が崩壊する事故で死亡…
… 安全な収容室に入れ… 脳卒中により死亡…
… 市内から輸送され… 毒蛇に噛まれ…
… 冷蔵室へ収容し… [データ削除済み]
コメント: だれか何が起こったのか説明してくれ! - Teomant博士
… ドアの敷居の部分に対して… 結果:5回つまづき、横枠が2度人に当たり、指が一度ぶつかり、電話が1つ壊れた…
… 支給品の火器に対して… 2回暴発し、3回不発で…
… 自動販売機に対して… 上段の商品が出てこず … ルーブルで、3回は指定されていない商品が販売され、4回購入金無しで販売し…

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。