SCP-1069-JP
rating: +97+x
blank.png

アイテム番号: SCP-1069-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: インターネット上に存在するSCP-1069-JPに関する情報はウェブクローラーによって収集、削除されます。SCP-1069-JP-1は特設収容寮において収容されます。特設収容寮にはそれぞれが自立して生活できる設備及び個室、SCP-1069-JP-1同士の交流の場となる共有スペースを設けてください。SCP-1069-JP-1からの要望は、協力的な状態を維持するために必要最低限のものに限り受け入れられます。 SCP-1069-JP-2は一般的な生物収容セルに収容され、定期的な知能テスト及び健康診断が行われる必要があります。SCP-1069-JP-2への給餌の必要はありません。

説明: SCP-1069-JPは人間、特に血液に重大な異常を及ぼす一連の儀式的プロセスです。当初SCP-1069-JPの実行方法及び儀式用音声1は複数の掲示板サイトを経由して拡散され、14人の人物がその影響に暴露し収容されました。現在は標準情報統制作戦によりSCP-1069-JPの拡散は完全に妨害されていますが、SCP-1069-JPを拡散した主体は未だ不明です。

SCP-1069-JPは以下の手順によって構成されます。なお、手順1〜4については代表者が実施すれば十分であり、儀式参加者全員が関与しなければならないのは手順5以降です。

  1. 屋外にバケツ等の容器を設置し、3L以上の水を溜める。
  2. 水に、人間の血液と1Lあたり10g以上の砂糖を混ぜる。血液はごく少量でよい。
  3. 設置した容器の周辺で儀式用音声を50分間以上再生する。
  4. 水を捨てずに10日間放置する。
  5. 儀式参加者全員は容器の周囲を取り囲む。
  6. 儀式用音声を再生する。
  7. 参加者は衣服を捲り上げ、肌の一部を露出させる。
  8. 儀式参加者は任意の清涼飲用水に分類される液体を摂取する。

全ての手順の終了後、参加者は全身に強い掻痒感を感じます。この時点で参加者は完全にSCP-1069-JPの影響下に入ったと判断され、SCP-1069-JP-1に分類されます。掻痒感が5時間ほど継続したのち、SCP-1069-JP-1の血液は全て手順8で摂取した液体に置換され、それ以降に生成される血液も全て当該液体に置換されるようになります。これは通常ならば死に至る状況ですが、それにも関わらずSCP-1069-JP-1の健康は血液の置換による被害を受けません。

体内を循環する清涼飲料水を除くSCP-1069-JP-1の身体は、「半径10mm以下の管状の物体」及び「管状物体内を、身体内部から身体外部に向かって移動する物体」を透過する性質を獲得します。この性質によって、スポイト等の器具を用いてSCP-1069-JP-1内部から清涼飲料水を取り出すことが可能になります。取り出された清涼飲料水の成分は市販のものと完全に同一で、清潔な状態を保っていました。また、取り出された量と同等の清涼飲料水が不明な過程を経てSCP-1069-JP-1内部に再出現していることが明らかになっています。

SCP-1069-JP-1は身体への異常と同時に、自身の身体への認識の変容および異様な動機付け、訂正不可の妄想を経験します。具体的には、SCP-1069-JP-1は自身の肉体を「清涼飲料水を貯蔵し、また他者が望むときにそれを提供する構造体」であると認識するようになり、この認識の変容は多くの場合SCP-1069-JP-1自身による「自分はドリンクバーの一部になった」との宣言によって周知されます。また、SCP-1069-JP-1は自身の内部に存在する液体がストロー等を用いて吸引されることによってポジティブな感情を経験するようになります。このポジティブ感情の喚起が報酬として機能することにより、SCP-1069-JP-1は自身内部の液体の吸引を他者へ勧めることに動機付けられます。同様にSCP-1069-JP-1はSCP-1069-JP-1同士で集まることにも動機付けられますが、この動機付けのプロセスは不明です。

妄想に関して、全てのSCP-1069-JP-1は「自身が眠っている間に特定の存在が自身内部の清涼飲料水を吸引し、楽しんでいる」という妄想症状を呈します。妄想で述べられる特定の存在の外見的特徴はSCP-1069-JP-1毎に異なりますが、「好感が持てる子ども」という特徴については一貫しています。監視カメラによる観察ではそのような実体の出現は認められませんが、このことをSCP-1069-JP-1に報告したとしても、SCP-1069-JP-1がその事実を認めることはありません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。