SCP-107-JP
rating: +44+x

アイテム番号: SCP-107-JP

オブジェクトクラス: Euclid

eh03970p.jpg
会談休憩中のSCP-107-JP-1

特別収容プロトコル: 現在SCP-107-JPの収容は余剰次元への通用路隔離と侵入手続きの秘匿を確実にするため機動部隊オミクロン-ロー("ドリームチーム")と現地執行機関との外交手続きを主体に進行中です。また意図せぬ通用路の開通を防ぐためフランス国内で生産されたアブサン1に対し原産地呼称委員会による監査の名目で生産を行う各蒸留所への定期検査が行われます。また、SCP-107-JP内で創作された作品は空想科学部門による審査/校正の上、該当作家の遺作ともしくは再発見された原稿として一般社会へ公開されます。

説明: SCP-107-JPは余剰次元に存在する面積150.15㎢の市街地です。SCP-107-JPは現地執行機関によりアブサン・アベニューと呼称されており、現地住人の代表として市長を据えた執行機関によって統治されています。SCP-107-JPは基底現実世界と接続したポータル及び現地執行機関の定める意識体侵入手順通称『エミル・ペルノ』により進入が可能です。ポータルは現在タヴェルニー空軍基地第22番倉庫に固定されており、財団はフランス政府より施設の租借協定を行う事でこれを保持しています。

現地執行機関の定める意識体侵入手順は現在の所手続き上の理由により固定されていますが、これはSCP-107-JPの施政者が世代交代することで変更される可能性があります。SCP-107-JPが発見されてから現在に至るまでにこの手順は2回変更が行われています。現在の侵入手順は下記のとおりです

SCP-107-JPの存在する余剰次元は機動部隊オミクロン-ローによる検証により人の意識下に接続された夢と同一座標に重複している事が確認されていますが現地執行機関がどのようにして睡眠下の人間の意識をSCP-107-JPに招待しているか詳細な方法は不明です。

SCP-107-JP内は殆どの場合において基底現実世界とほぼ同一の物理法則が機能しますが同時に現地住人(以後SCP-107-JP-1と表記)および旅行者(SCP-107-JP-2)は基底現実世界と異なった物理法則を基準とする行動をとるケースが確認されており複数の物理法則が並列していると推測されます。

SCP-107-JP内は常に薄緑の霧によって視界不良の状態にあり、その町並みは18世紀半ばから19世紀の建築様式を模倣していますが、インフラは現代に近く上下水道、電気、ガスが整備されています。また基底現実世界と大きく異なる点として町の各所に設置された街灯に設置された蛇口や水道からアブサンの摂取が可能である点が挙げられます。アブサンは飲用として多く用いられるだけでなく燃料としても活用されており夜間街灯の燃料、アブサンストーブなどといった用途にも利用されます。このアルコール飲料が何処から供給されているかは今のところ不明であり、現地管理組織からも公式の回答が得られていません。

SCP-107-JPは余剰次元上に独立した存在を確立しているものの、物質上の自給自足を行う事が出来ず、現地執行機関の定めた指定業者が複数の次元から食料、生活用品、その他資材を輸入する形で生活を維持しています。SCP-107-JPにおける現地執行機関は基底現実世界との交易を財団管理下で行う事に同意しており、比較的良好な関係を維持していると考えられています。

SCP-107-JPは1949年、キューバのサンチアーゴ・デ・パウラにて休暇中であったエージェント・アーネストの黒色火薬を用いた無謀な飲酒体験によって発見されました。この際エージェント・アーネストはSCP-107-JPに8時間滞在し、SCP-107-JP-1となっていた財団職員のエージェント・ガートルード3よりロンドン地下に設置された基底現実世界とのポータルの存在を確認、帰還しました。

エージェント・アーネストは所属サイトへの報告後、4回の無謀な飲酒を実施し、3回目の飲酒行為で当時の指定侵入手順を確立、エージェント・ガートルード及び現地執行機関との接触を行い、現地執行機関よりポータルの使用許可及び非武装の探索チーム派遣の許可を取り付けました。現地執行機関は作家、芸術家および評論家が取材の名目での探索を行う場合に限りこれを認めるとし、これに伴い該当するエージェントによる臨時探索チーム『酔いどれウサギ』が設立されました。

以下は酔いどれウサギと現地執行機関との取り決めをもとに行われた現地執行機関との接触記録です。この際、SCP-107-JP内部の記録にあたり当時主流であったモノクロフィルムと財団が試作中であった携帯型磁気録音機を利用した複合記録装置の試験運用が行われ、財団としては初めて余剰次元の撮影に成功、後の記録装置開発に大いに貢献しました。

補遺1961_12/05: 1961年9月、現地執行機関の代表を務めるファン・ゴッホ氏がSCP-107-JP内で事故死しました。これに伴いSCP-107-JP内部で市長選挙が行われ、新たな市長として基底現実世界で作家を務めていたアーネスト・ヘミングウェイ氏が新たな市長に任命されました。

ヘミングウェイ氏は就任に伴い財団との次元間収容条約の改定を宣言、慎重な交渉の上、現在の収容に続くSCP-107-JP収容の基礎が構築、これに合わせて意識体侵入手順『エミル・ペルノ』の制定が行われました。以後現在に至るまでヘミングウェイ氏は在任を続けており、現在までの良好な収容状況の維持に欠かせない存在となっています。

インシデント記録:2015-1 現地執行機関より管理外のポータルの発見及び、これを利用した密輸業者の存在が報告されました。彼らはSCP-107-JP内部で調達したアブサンの基底現実世界での流通を行っており、現在その全容の把握および流通したアブサンの回収が行われています。密輸されたアブサンは夢に強く作用する効能が確認されており、一般流通品に紛れた密輸品を摂取した結果として長期の睡眠及びこれに伴う夢世界への意識的滞在が引き起こされる危険性が示唆されています。また密輸業者の作成した管理外ポータルを通じてSCP-107-JPより並行次元からのSCP-107-JP-2が基底現実世界に迷い込む事件が██件報告されています。現在の所は機動部隊ガンマ-5 ("燻製ニシンの虚偽")の協力により被害は最小限に留まっていますが、今後密輸業者の事業拡大が行われた場合同様の事件が増加する可能性があり、密輸業者の摘発及びポータルの閉鎖の為の捜索が続いています。

補遺2016_02/02: SCP-107-JPから基底現実世界に流出するSCP-107-JP-2の対応について現地執行機関との協議の結果、SCP-107-JPと接続している並行次元からの流入の可能性が示唆されました。これは基底現実世界にて確保された旅行者によりスティーブン・キング氏の存在しない作品に対する言及や旅行者の認知する創作作品に関する知識が空想科学部門の把握している基底現実世界に属する創作作品群と異なっていたことなどからも疑惑が上がっていたものです。今回の協議において我々ともSCP-107-JPとも異なった次元から物語災害およびメタ的介入の危険性を考慮し、空想科学部門は機動部隊オミクロン-ローとの協議のうえで新たな収容手順の作成を決定しました。現在新たな特別収容プロトコル制定のための協議が進行中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。