SCP-1140
rating: +4+x

アイテム番号: SCP-1140

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1140は十分な大きさの収容保管エリア(現在は部屋R.4.13にあります)に収容されます。しかしながら正確で厳密な検査を理由に、SCP-1140は実験機器の移動の為に各方向に最低2メートルの間隔を開けて部屋に収容され、それぞれ底部の角に固定された4つの透明なパースペックスロッドによって地面から最低30cm離れて支えられます。SCP-1140の底部はアラームに接続された重量計に固定されます。アラームはSCP-1140の重量が0.4%以上変動した場合に作動します。1SCP-1140が使用されていないときは常に、内視鏡装置が収容エリアの備品ロッカーに保管されます。

説明: SCP-1140は、透明な艶ニスを塗られたオークの木でできている7つの引き出しを持つ棚です。SCP-1140の幅は148cm、奥行きは49cm、高さは91cmです。引き出しの寸法は(上から下へ):

  • 幅46cm、高さ21cm、奥行き46cmの3つの引き出し
  • 幅70cm、高さ21cm、奥行き46cmの2つの引き出し
  • 幅70cm、高さ31cm、奥行き46cmの2つの引き出し

SCP-1140の異常性は上段中央の引き出しが最低2cm開けられたときに観察されます。どのようにしてか、ある状況下では棚から声を知覚できます。この声はSCP-1140-1に指定されています。試験は,SCP-1140-1が発生する状況には、思春期前の子供の単独での存在、重い精神遅滞2を持つ思春期後の人間の単独での存在、もしくは[編集済]3を手助けする成人が含まれることを示しました。

棚を解体すると、声が発生するはずの引き出しの後ろの空洞には何もないことが明らかになりました。スピーカーやその他の再生可能な電子機器の存在は金属探知機の使用によって否定されています。SCP-1140-1は個人が一人でいるときにのみ発生するので、実験中は遠隔操作装置を使わなければなりません。装置の存在は検査に影響を与えないように思われます。

SCP-1140-1は全ての実験の考察から姿の見えないところから聞こえる声ですが、SCP-1140-1が聞こえるときに引き出しの後ろへ手を伸ばす試みは負傷の原因になります。これは生きている人間にのみ発生するように見え、SCP-1140-1が発生していないときには起こりません。傷は大きな爪によってつけられたものと一致し、病理学的に大きな走鳥類(ダチョウ、エミュー、またはヒクイドリ)によるものに最も類似しています。

回収ログ: SCP-1140は██、███████の家の居間から回収されました。この家はそれ以外に関しては特筆すべき点はありません。フィールドエージェントによるクラスA記憶処理と神経言語学的プログラミングの後、住民は元の場所に留まり、棚は異常性のないレプリカに置き換えられました。

SCP-1140は精神医学のレポートの定期検査中に研究者の注目を集め、4フィールドエージェントがそのレポートの被験者とその家族にインタビューするために送られました。インタビューにより、家族の最年少者がSCP-1140の近くの床に座り、彼の家族が「想像上の友人」と信じていた実体と会話をしている様子が数回見つかっていたことが明らかになりました。彼がこうして過ごしていたために、何時間も動くことを拒んだことを加味して、小児精神科医は彼を再診断しました。

実験の会話の間、引き出しの後ろの領域は、内視鏡カメラ、温度計、気圧計によって常に監視されていました。いずれの測定値にも変化はありませんでした。D-49283が負傷した会話の間、映像のフレーム間で発生した怪我そのもの以外の動きをカメラは捉えていませんでした。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。