SCP-1143-JP
rating: +10+x
morinonaka.jpg

SCP-1143-JP内部

アイテム番号: SCP-1143-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1143-JPに侵入可能なポータルの周辺を封鎖し、一般人の侵入を不可能なものとしてください。

説明: SCP-1143-JPは異常な次元に存在する森です。面積は後述するSCP-1143-JP-1を中心にして約半径3km程であり、それより外側に移動することは不可視の壁によりできません。SCP-1143-JPは██県██市の████のポータルからのみアクセス可能です。単純な次元相互連続が発生しており、2つの次元は完全に同一であるか融合しています。SCP-1143-JP内の風景は████のものとおおよそ似ています。植生も████と極めて似ていますが、一般的な森林と比べて昆虫や一部の動物が少ないなどの点もあります。

SCP-1143-JPはSCP-1143-JP-1に指定される洋館を中心として成り立っています。SCP-1143-JP-1は二階建てのレンガ式の西洋建築です。SCP-1143-JP-1には6名の女性人型実体が暮らしており、SCP-1143-JP-Aに指定されています。SCP-1143-JP-Aは普段白と黒を基調としたいわゆるエプロンドレスを着用しており、SCP-1143-JP-1の管理・維持や「ご主人様」の世話を仕事としていると述べています。SCP-1143-JP-Aは外見的におよそ15歳から20歳ほどまでですが、収容から10年経ち一切の変化を見せていない他、自分が100年ほど前から生きているなどと主張します。全てのSCP-1143-JP-Aは盲目で完全に視覚がありません。これらは後天的に発生した外傷から引き起こされた障害であると考えられています。

SCP-1143-JP-Aが主張する「ご主人様」はこれまで物理的/霊子学的に存在が確認されていません。SCP-1143-JP-Aによれば「ご主人様」はSCP-1143-JP-1の2階中央部の部屋に存在しているとされていますが、その部屋にかけられた財団のあらゆる観測機器(サーモニターカメラ、ヤマモト霊視機器、カント計測器)は人の存在を計測していません。また、特筆すべき事項として「ご主人様」が居住するとされている室内を肉眼、あるいは遠隔のカメラ1で確認することはSCP-1143-JP-Aから強く禁止されています。

SCP-1143-JPは████での男児の行方不明事件により発見されました。████周辺の調査を行なった警察は近辺に不審な次元ポータルを発見し、財団に通報されることとなりました。男児はいなくなってから6時間後、SCP-1143-JPのある森林にて発見されました。男児は「お姉さんに送り届けてもらった」と述べており、異常な性質を示さなかったため、記憶処理の上で解放されました。

補遺1: SCP-1143-JPの調査の手法の1つとしてSCP-1143-JP-Aへのインタビューが行われました。インタビューでは、「ご主人様」がかつてSCP-1143-JPに存在していたことやSCP-1143-JP-Aらがどのような経緯で失明したのかについてが判明しました。全ての記録はアーカイブされています。以下は特筆すべきものの抜粋です。

補遺2: 以下に示すのはSCP-1143-JPの成立過程について明らかにする目的で行われた調査の記録です。SCP-1143-JP-1のある一室には大量の手紙が保存されており、マクアドル氏の友人と見られるクロック氏から来た手紙が保管されていました。

補遺3: SCP-1143-JPの境界線が厳密にどこまでなのかを確認する調査において、SCP-1143-JPの南東部に存在する池(SCP-1143-JP-Aからは"ヘビの住処"と呼ばれた)場所の付近で墓石と見られる物体を確認しました。名前と墓碑銘の部分が著しく破損しており、これらが元々何を示していたのかは不明でした。破損を除去した上で推測で埋め合わせられる部分を挿入した墓碑銘は以下に再現されました。

彼はしっかりとした商人だった
代金を取るべき時に取り
使うときに使った
これは主の良き友人


R.I.P

補遺4: 2019/8/19、エージェント弓削の行った3度目の調査の時、SCP-1143-JP-1の地下にあるワインセラーで叫び声が聞かれました。SCP-1143-JP-A-3が確認すると、ワインセラーの床に倒れているSCP-1143-JP-A-2が発見されました。SCP-1143-JP-A-2は後頭部を鈍器のようなもので強く叩かれた形跡があり、完全に気を失っていました。

SCP-1143-JP-A-1(セサ) 犯行当時、東棟2階の最奥の部屋にいた。掃除をしていたと証言。アリバイの証明者は掃除に同行していたSCP-1143-JP-A-4。
SCP-1143-JP-A-2(レシ) 被害者。エージェント弓削に振る舞うワインを選びにきたと思われる。午後2:30頃に襲われた。
SCP-1143-JP-A-3(メキ) 屋敷の裏にある畑で仕事をしていた。SCP-1143-JP-A-6が互いにアリバイを証明。
SCP-1143-JP-A-4(チフ) SCP-1443-JP-A-1と共に掃除をしていた。
SCP-1143-JP-A-5(ノメ) 単独で厨房の皿洗いをしていた。アリバイを証明するものはいない。
SCP-1143-JP-A-6(フマ) トイレに行くために、畑仕事をしている3人の中で唯一離れた時間があった。犯行時刻とも重なる。 しかしながらトイレとワインセラーの距離は大きく離れている。
エージェント弓削 1階広間の長机に着席していたと証言。犯行場所からもっとも近くにいた。アリバイを証明するものもいないが、音声記録用の装置は常時財団のチームに接続されていた。不審な音声は今のところない。

SCP-1143-JP-A-2は外傷から明らかに死亡したと認められ、SCP-1143-JPの北東部に埋葬されました。SCP-1143-JP-A-4の手により、以下のような碑銘文が彫られました。

彼女は嘘を抱えて死んだ
1つは保身のために
1つは主人のために
これは主の良き下僕


R.I.P

エージェント弓削が1日の任務を終え、SCP-1143-JPと通常空間のアクセスポイントにたどり着いた時、異常次元の移動が完全に不可能となっていました。サイト本部とエージェント弓削は互いに連絡を取り合っていましたが、その理由がわかるまでエージェント弓削はSCP-1143-JPに滞在することを強いられました。

エージェント弓削はSCP-1143-JP-Aに滞在しました。内部において夜が明けるとSCP-1143-JP-A-3の死体が発見されました。SCP-1143-JP-A-3の死体は腹部を杖のようなものが貫通していました。SCP-1143-JP-A-3は埋葬され、以下のような碑銘文が彫られました。

彼女は1番人の心を知る人
人より働き者で
忠節に優れた
これは主の良き友人


R.I.P

さらにその日のうちに連続して死体が発見されました。SCP-1143-JP-A-4、SCP-1143-JP-A-5の死体が浴室の水に沈められた状態で発見されました。詳しい当時の状況はわかっていません。SCP-1143-JP-A-4のために彫られた碑銘文です。

主人のために掃除する
唯一優しくした彼に
はみ出していた彼女が
これは主の良き手足


R.I.P

SCP-1143-JP-A-5のために彫られた碑銘文です。

彼女は1度も怯まなかった
強き姿勢を持ち
何も疑問にすら思わず
これは主の良き仲間


R.I.P

SCP-1143-JP-A-1の死体は自室のベッドの上で寝転んだ状態で発見されました。これも胸に杖のようなものが刺さっており、出血により死亡したと考えられます。これに対して、SCP-1143-JP-A-6は碑銘文を彫りました。  

何年もの間主人の無言に耐えられず
ついには自身を疑った
盲目的とは考えていない
これは主の良き愛人


R.I.P

最後にエージェント弓削は、自室で自殺したと考えられるSCP-1143-JP-A-6の首吊り死体を発見しました。エージェント弓削は独断で埋葬し、以下の碑銘文を彫りました。

最後に死んだ物は誰に弔われるか
それなら私が部外者でも
最後に思おうその姿
これは主の良き


R.I.P

この一連の出来事の後、SCP-1143-JPと通常空間の行き来が可能になったことが通知されました。エージェント弓削は無事に帰還しましたが、最後の碑銘文については何も話しませんでした。一連の殺人について、エージェント弓削が行った可能性は否定されています。しかし、これが何かの異常現象であるのか、SCP-1143-JP-A同士で殺し合ったのかは不明です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。