SCP-1149
rating: -2+x

アイテム番号: SCP-1149

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1149はアメリカの北西海岸の遠隔地にある、サイト-37の最西端にある安全な部屋に保管されます。その影響が目立たないようにするため、SCP-1149は常に太平洋の方向である西を向いています(事件報告1149-A参照)。SCP-1149は床に固定された支持構造にしっかりと取り付けられます。支持構造に取り付けられた加速度センサーと待機センサーは、近くの監視センターに測定値を送信します。

SCP-1149の収容室内の大気の状態は、大気の侵入を可能にするエアロックによって一定に保たれます。SCP-1149の東の部屋の壁に取り付けられた1つの扇風機はしっかりと覆われ、実験に必要になるまで所定の位置に固定されます。扇風機の覆いが開いた時、風速は30km/hを超えてはいけません。アクセスは上司の承認を得たレベル1の職員に制限されます。全ての実験ソフトウェアおよび全ての実験機器は、少なくとも2人のサイト-37のテクニカルレビュースタッフによって検査されなければなりません。SCP-1149のワイヤーは、それに関するより多くの情報が得られるまで、いかなる実験の間も地面に固定されていなければなりません。

垂直上向き方向の完全な実験の承認は現在保留されています。主要断層線に近接しているため、垂直下向きの実験は禁止されており、現時点ではサイトの移転は保留されていません。

SCP-1149の大まかな「影響の円錐」は保護地域として分類されており、全ての緊急ではない水上艇と航空機は立ち入りが許可されていません。合衆国沿岸警備隊のモーター救命艇を使用している2つのパトロールチームは、侵入者を探すために影響の円錐の境界を監視します。パトロールは侵入者を追求するべきではありませんが、さらなる指示についてはSCP-1149を担当する研究者に連絡してください。

説明: SCP-1149は長さ約45cm、高さ約30cmの錆びた風見鶏で、製造会社が識別できる目印や一般的な雄鶏の装飾以外の特異な特徴はありません。SCP-1149の基部は腐食しており、修理される前に台から外れてしまったように見えます。

切断された台の先端では、2本のほつれたワイヤーがさらにSCP-1149の中まで伸びています。内部画像はSCP-1149の「足」を超えたところで終端していることを示しており、電源や他の注目すべき部品は無いことが明らかになっています。ワイヤーはかつて制御機構に接続されていたと考えられています。

SCP-1149の異常性は常に有効であるように見えますが、向いている方向に風が通過すると密度と頻度が増幅されます。SCP-1149が活動している間、気象活動はその近くで不安定になります。異常な影響のほとんどは、SCP-1149の矢印の先端から生じる5度の弧を持つ長さ約215kmの「影響の円錐」内で発生します。これらの影響の発生頻度はこの円錐の境界付近で急激に減少しますが、稀に影響の円錐からかなり離れたところで異常な影響が観測されます。

SCP-1149は風が当たらない時、平均で15分に1回影響の円錐内で異常気象イベントを発生させます。イベントの強度にもよりますが、各イベントは通常10秒から2分間続きます。SCP-1149の端から端に沿って(つまり、現在の向きでは西に)移動する空気に曝されると、イベントはより頻繁になり、より長く続きます。時速25〜40kmの風に曝されると、イベントは影響の円錐の中心で連続的になり、境界の近くや境界を越えて不規則に停止したり開始したりします。時速40kmを越えるとイベントが重なり始め、SCP-1149を通過する風の速度が時速40kmを下回るまで強度が増大し続ける連続的なイベントが発生します。

事件記録1149-A: SCP-1149の当初の収容プロトコルでは、SCP-1149は地表から直接離れた場所に固定されていました。この方向は、異常気象イベントの規模ができる限り最も低くなると考えられていました。しかし、SCP-1149の上部の大気層への影響は予測されていませんでした。最初の収容から数日後、サイト-37で「スプライト」の電気的イベントとオーロラの影響の僅かですが顕著な増加が観察されました。このままでは、珍しいこれらのイベントの頻度は潜在的にサイト-37に過度の注意を引くと考えられ、SCP-1149の収容プロトコルは西向きに更新されました。

補遺1149-1: SCP-1149はオレゴン州の███████の沿岸の廃墟となった小さなコテージで、強い嵐が通過した後に発見されました。最初の嵐自体はそれほど奇妙なものではありませんでしたが、極めて異常な気象の影響が太平洋上で観測された時に財団エージェントがその地域に派遣され、███████から発生する大雑把な円錐形に焦点が当てられました。エージェントはコテージの所有者を見つけられませんでしたが、コテージが破壊される少し前までそこに居住していたことを示唆する証拠があります。SCP-1149は小屋の内壁と思われるものの残骸にしっかりと固定されているのが発見されました。より広い範囲を捜索したものの、SCP-1149の台やその起源や作動に関するそれ以上の情報は見つかりませんでした。

補遺1149-2: 風力実験記録 全ての実験はサイト-37にて閉鎖された状況下で行われました。気象観測所はサイト-37自体、およびSCP-1149の影響の円錐の境界に沿った複数の地点にある観測船から読み取りを行いました。高精度の記録が必要な時は静止衛星を使用しました。SCP-1149の台に通じるワイヤーはこれらの実験のために接地されていました。

補遺1149-3: 電気実験記録 全ての実験はサイト-37の閉鎖条件下で行われました。気象観測所はサイト-37自体及びSCP-1149の影響の円錐の境界に沿った複数の地点に位置する船舶から読み取りを行いました。高精度の測定値が必要な時は静止衛星を使用しました。SCP-1149はこれらの各実験において風速毎時5km以下でした。SCP-1149の台に通じるワイヤーは様々な電気信号に接続されていました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。