SCP-1150
rating: +2+x

アイテム番号: SCP-1150

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: イージスプロトコルのSafeカテゴリ追跡プロトコルに基づいて、新たにSCP-1150に指定された全実体を登録し、半年毎の再確認対象にしてください。Dクラス職員の全SCP-1150感染者は、標準収容セルか他のSCP-1150実体のみが住む寮に移送してください。承認済みの試験プロトコル以外での、SCP-1150のDクラスと他の人間や知覚動物との、長時間(15秒以上)の身体的な、あるいは、薄層・導電的生地を通じた接触は許可されません。SCP-1150が未容認・未認識の被験者に移動するのは、研究ログに記されているような稀な状況下のみなので、これはただ用心の為のものであると留意してください。

説明: SCP-1150は、人間に類似した精神構造を持つ、殆ど未解明な方法で、容認した人間と肉体を共有する知覚存在たちです。SCP-1150は宿主の全行動・意思疎通・感情状態を認識しているものの、個人的思考・記憶は通常把握できません。全記憶処理薬に免疫を持っているようですが、僅かに█████████に対する感受性が有り、これはその多用が宿主の神経損害を引き起こすためだと考えられています。宿主はその存在を認識できるものの、SCP-1150を検出できる方法は、一部の被験者に時折起きる短期間のレム睡眠に類似する異常な脳波記録(すなわち、睡眠紡錘波とK複合波)以外には知られていません。財団は現在SCP-1150の38実体を追跡し、Dクラス職員の中に居る3実体を実験の為に所有し、2実体を(宿主と共に)雇用し、セキュリティーの為に1実体をレベル3監禁状態下に置いています。

SCP-1150実体の宿主の人間が眠りに落ちると、彼らは即座にレム睡眠状態になり、SCP-1150存在は5-16時間に渡って、宿主の身体の主導権を握ります。この期間は宿主の精神抵抗値と容認の度合、そして、存在との関係の深さに左右されます。SCPが主導権を持つ間、それは行動し、一般的には通常の人間と同様な精神的反応をしますが、その記憶や個性は宿主と異なったものとなります。主導権が失われる際、SCP-1150は緩慢になり、そして眠るようです。1-2分後、宿主は目覚め、身体の主導権を取り戻します。一般的に、宿主は完全に休まったと報告し、寝ている間に何が起きたのかに気付きません。とはいえ、長期(数年以上)に渡ってSCP-1150の宿主である人物は、徐々に"旅人"の行動を認識するようになる、ということは注目に値します。

SCP-1150は物理的接触によって宿主同士を移動することができます。肌同士の接触でも移動に十分のようですが、額同士の接触では15秒未満の時間での移動が可能です。逆に、手足の接触では凡そ4分掛かります。移動が完了する前に接触が中断した場合、存在は元の宿主に留まります。SCP-1150の受取人は"嬉しいざわめき"の感覚を報告し、僅かに緊張状態の高まりを示しますが、それ以外には移動によって影響されないようです。付属の実験ログに記載されたものを除き、全ての場合で、SCP-1150の受取人は移動されることを容認していなくてはなりません。SCP-1150実体を破壊する手段は知られていませんが、宿主を殺害・埋葬することで永久的に無力化することができます。

財団が最初にSCP-1150を認知したのは、1982年6月27日のアーカンソー州ブルームヒルのカルト団体"宿命の戸口Kismet Doorway"へのFBIによる襲撃の直後でした。FBIの財団情報源は、拘留されているカルト団員幹部にSCPの可能性が有ることを察知しました。財団は、██████との近さを考慮してサイト-40への、現在SCP-1150-1と分類されている存在の移送を決定し、最初のインタビィーが行われることとなりました。その後、SCP-1150-1は宿命の戸口に関わった更なる3体のSCP-1150の特定に助力しました。

補遺: 2008年12月10日、マーシャル・カーター&ダーク株式会社への襲撃の最中に回収された機密文書によると、MC&Dが現在少なくとも2体のSCP-1150を雇用し、SCP及び財団セキュリティーの機密情報を入手する為の"眠り草sleeper agent"として財団に浸透させていることが示されていました。これらの存在は、それが使用する宿主に全く知られること無く侵入し、宿主が見聞きし経験したものを全て共有できます。それらが共犯者の宿主に"便乗"する際に現れる兆候を財団が突き止められていないことを考慮すると、これらの工作員が情報をMC&Dに持ち帰る方法は不明です。



特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。