SCP-1157-JP
評価: +33+x
blank.png

アイテム番号: SCP-1157-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1157-JPは敷地内全域を不可視性の織布で覆い、フェンスで囲んだ上、カバーストーリー"建物の老朽化による崩落の可能性"を流布して一般人の侵入を防ぎます。SCP-1157-JPの監視は内部に設置された複数の監視カメラによって行われます。SCP-1157-JP内部への侵入はレベル3以上の研究員3人の許可をとり、SCP-1157-JP-Bとの接触は避けてください。また旧版報告書にみられる未知の精神影響の可能性を踏まえ、侵入者は1ヵ月の隔離・監視の後に解放してください。

説明: SCP-1157-JPは███県██市に所在する小学校です。創立は19██年であり、その建設には要注意団体"如月工務店"が関連していると判明しています。収容の際に廃校となり内部は荒れ果てていましたが、後述の異常性の変化の際、照明・水道等のライフラインは運営当時相当に回帰しました。正面玄関には以下の文書が張り出されており、これは添付文書-A1の裁断された部分であると判明しています。

添付文書-A-2

人を柱とする事は、人を柱と数える事にございます。
柱は崇めれば神と化し、忘れれば鬼と化していくでしょう。
神鬼とした人柱を忘却の縁に追いやらぬよう契約条項に加える事、どうかご承諾くださいますようお願い致します。

茨田様、及び████小学校の今後より一層のご発展を、心より祈念申し上げます。

謹白

SCP-1157-JP-Aは頭蓋骨に5cmほどの角のような器官がみられる10歳の女児の死体です。201█/██/██年以前はSCP-1157-JP内各地に出現していましたが、201█/██/██の茨田氏へのインタビューを機として全てのSCP-1157-JP-Aは校長室へ詰め込まれるようにして転移し、それに際して校長室への監視・侵入は不可能となりました。また柱内部で発見されていたSCP-1157-JP-Aは頭部の無い男性の死体に変化しており、これは茨田氏の死体であると推測されています。

SCP-1157-JP-BはSCP-1157-JP-Aと同一の容姿を持った人型実体であり、201█/██/██現在3██人確認されています。SCP-1157-JP-Bは午前8時頃に校門で瞬時に出現し、午後3時には同様にして消失します。その間のSCP-1157-JP-Bの行動は一般的に"学校生活"とされるもの2をなぞっており、変わったものは見られませんが、中央に位置する柱の前を通る場合のみ挨拶をする・頭を下げる等の行動を行います。

SCP-1157-JP-Bに接触した場合、接触者の身体年齢及び精神年齢は6歳時期にまで退行し、SCP-1157-JP-Cへ変化します。SCP-1157-JP-CはSCP-1157-JP-Bと同様に活動をしますが、接触による異常性は失われており、角のような器官も認められません。またSCP-1157-JP-Cの増加に反比例し、SCP-1157-JP-Bはランダムに消失していくことが判明しています。

SCP-1157-JP-Bへのインタビューログ

対象: SCP-1157-JP-B-1, -2, -3

インタビュアー: エージェント・吉備

付記: 対象の容姿に差異はありませんが、発言している個体が異なるため例外的に番号を指定しています。

<記録開始>

エージェント・吉備: こんにちは。

SCP-1157-JP-B-1: こんにちは!

SCP-1157-JP-B-2: お兄さん、誰?

エージェント・吉備: 見学に来たんだ。何の話をしてたの?

SCP-1157-JP-B-2: 転校生の話だよ!

SCP-1157-JP-B-3: 隣りのクラスに来たんだって。

SCP-1157-JP-B-1: 男の子だよ、男の子3

SCP-1157-JP-B-3: この学校女の子ばっかりだもんね。

SCP-1157-JP-B-2: 他の学校はどうなんだろうねー。

エージェント・吉備: 他の学校が気になる?

SCP-1157-JP-B-3: そりゃあ気になるよ。

SCP-1157-JP-B-1: この学校しか知らないしねー。

エージェント・吉備: 転校とかできたらしたい?

SCP-1157-JP-B-2: えー、それはいいかな。友達に会えなくなっちゃうし。

SCP-1157-JP-B-1: 私達の小学校はこの小学校って感じだもん。

[重要度の低い会話のため割愛]

エージェント・吉備: 保健室の近くの柱に挨拶するのはどうしてなの?

SCP-1157-JP-B-1: えっ、お兄さん知らないの? 神様がいるんだよ。

SCP-1157-JP-B-3: この学校を守ってくれるんだよね。

SCP-1157-JP-B-2: だめだよ、勉強不足だよ、お兄さん。

エージェント・吉備: 申し訳ない。

SCP-1157-JP-B-1: あ、神様っていえば思い出した。あれしてないね!

SCP-1157-JP-B-2: そうだ、してない。はい、お兄さん! [SCP-1157-JP-Bが手を差し出す]

エージェント・吉備: ……これは?

SCP-1157-JP-B-3: 挨拶が大事なんだよ。先生がね、初めて会った人とは握手しようって。

SCP-1157-JP-B-1: 握手したら友達、作れるんだよね。

エージェント・吉備: ええと……。言葉の挨拶だけでも仲良くはなれるんじゃないかな。

SCP-1157-JP-B-2: えー、そうかな?

SCP-1157-JP-B-1: うーん、そうかも。

エージェント・吉備: 初対面の人と誰とでも握手するのは危ない場合もあるからね。不審者だったら困るから。

SCP-1157-JP-B-3: そっかあ。

エージェント・吉備: 学校の中で初対面の人と会っても、あまり握手しない方がいいと思うよ。

SCP-1157-JP-B-1: うーん、そうなんだね。

SCP-1157-JP-B-2: 大人の言うことってみんな違うんだもんなー。

SCP-1157-JP-B-3: でも先生って子供に聞こえが良い事ばっか言うんでしょ?

SCP-1157-JP-B-2: [笑い声]

エージェント・吉備: ええと、わかったかな?

SCP-1157-JP-B-1: うん、わかった! 約束するね。

SCP-1157-JP-B-3: 目標だね。

SCP-1157-JP-B-2: 守らなきゃね。

エージェント・吉備: 目標?

SCP-1157-JP-B-1: 今月の目標だよ!

SCP-1157-JP-B-3: みんなで決めたの。

SCP-1157-JP-B-1: "やくそくをまもろう"!
SCP-1157-JP-B-2: "やくそくをまもろう"!
SCP-1157-JP-B-3: "やくそくをまもろう"!

<記録終了>

追記: 20██/█/1の定点カメラの映像により、SCP-1157-JP-Bが月に一度集合して話し合っていた内容が"今月の目標について"であることが判明しました。なお、SCP-1157-JP-Cを除きSCP-1157-JP-Bは必ず"やくそくをまもろう"を"今月の目標"として提案するため、██ヵ月連続で"今月の目標"は"やくそくをまもろう"になっています。

補遺: 201█年██月██日、茨田氏宅から校舎の施工を依頼する旨の文書が発見されました。以下はその内容です。

添付文書-B

昭和██年██月██日

如月工務店 様

茨田 ██

拝啓

貴社のご活躍を知人より伺い、初めてご連絡致します。
誠に突然で恐縮でございますが、貴社に依頼願いたく本状を差し上げました次第です。

私はかねてより私立の小学校を設立したく考えており、校舎の建設をどのようにするか悩んでいました。
校舎は子供達の強い思い出となるものです。
私がかつて通った校舎は戦火により焼け落ち、二度と見られぬ姿となりました。それは酷く悲しいことです。願わくば校舎はそこで育つ生徒達のように、永遠に健やかなまま保ちたいものです。

そこで私は人身御供の一種である、俗に言います"人柱"を利用した校舎を建設したいと考えました。貴社であればそういった建設が可能であると伺っております。
子供の過ごす校舎ですから人柱もやはり子供が良いと思い、人柱とする人間はこちらの身内から選定しました。何か差し障りございましたら申し付けください。

つきましては人柱対象の詳細も含め資料一式を同封致しましたので、ご高覧の上ご検討ください。
ご不明な点等ございましたら、誠にお手数ですが返書にてお願い致します。

まずは略儀ながら書面を以てご挨拶かたがた依頼のお願いを申し上げます。

敬具

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。