SCP-117-FR
rating: +6+x

Bustes.jpeg

SCP-117-FRの一部。

アイテム番号: SCP-117-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-117-FRを含むトンネルは、鋼板付き扉により立ち入りが禁じられます。この扉には安全錠と暗証番号が設定されており、暗証番号は実験のたびに変更されます。
実験に関与する研究員は、会話が禁止されている実体群のリストを考慮に入れなければなりません。被験者には1名の保安人員が同行します。
SCP-117-FR実体は多数存在し、サイトへの移送は困難を極めるため、現地での保持が決定されています。

説明: SCP-117-FRは大理石で製作された胸像の集合です。胸像は非常に多数ありますが、その総数は確定していません。これらの胸像は、フランスの[検閲済]にある地下トンネル内の木製棚に保管されています。
トンネル全長は無限であると推定されています。無限長ではないとしても、その全長は財団職員には判明していません。

SCP-117-FRの胸像はすべて、世界的な文学作品に由来する架空の登場人物を模しています。なんらかの文学作品に属する架空の登場人物ひとりひとりに対し、彫像が存在すると推測されています。
胸像は、登場人物の作者による描写と同じ特徴と性質を持ちます。 事実、胸像は大理石製であるにもかかわらず、そのすべてが人格のようなものを備え、生き生きとしています。どの胸像も実際の人間のように表情を動かすことができ、視覚、聴覚、嗅覚と触覚の4つの感覚を備えています。彫像の配置に関してはなんらの規則性も発見されていません。どの実体も破壊に対する耐性があるとみられ、苦痛も感じません。
SCP-117-FR実体は議論好きであり、実体同士で頻繁に会話を行います。 しかし、人間の被験者が存在していると会話を中止します(胸像は、被験者を視認していない場合でも、数秒あれば被験者の存在を"感じ取る"ことが可能です)。理由は不明ですが、被験者は胸像の会話を自身の母語で聞き取ります。胸像は、条件が揃えば自ずと出現することが証明されています。

胸像は、人型の登場人物のもののみであるようです。同様に、胸像が出現するにはその登場人物がある程度有名でなければならないようですが、どの程度有名である必要があるのかは確定していません。彫像となるためには、(ジャンルはあまり問わず)その登場人物がなんらかの文学作品のために創作されていなければなりません。上記の条件を満たしている場合、作品が公刊されていなくとも彫像は発生します。
作品内時間軸における人物の状態変化は胸像に影響しません。

テスト 117-FR-3を含む複数の実験は、登場人物らが自身の登場する作中世界について、作品内で可能である以上のことを認識していると示しました。複数の登場人物は自身の作中世界について、作品に現れない情報を詳細に説明しました。

インシデント 117-FR-1: 19██/██/██、ダンフォースという姓の人物を模した胸像とD-2101が会話を交わしました。当該実体との会話がD-2101を長期の鬱状態からの自殺に追いやったものとみられています。以後、この実体との会話は禁止されています。

トンネルの位置情報は、エージェント・ヴィッカースによりマーシャル・カーター&ダーク社員と思わしき人物のアタッシュケースの中から発見されました。オブジェクトについての簡潔な説明には、オブジェクトの位置座標と1枚の手書きのメモが付随していました。上記の要注意団体構成員は現在失踪しており、マーシャル・カーター&ダークはSCP-117-FRに対するなんらの関心も示していません。この社員がオブジェクトを知る唯一の人物であり、したがってマーシャル・カーター&ダークはオブジェクトの存在を関知していないものと思われます。

注記: 二次創作目的でのSCP-117-FRの使用はかたく禁じられており、罰則があります。
—サイト管理官 █████

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。