SCP-1215
rating: +2+x
scp1215.jpg

収容下のSCP-1215(オブジェクトの影響は写真を通して移動しません)

アイテム番号: SCP-1215

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1215は標準的なレベル2(中程度の脅威)、タイプ3(視覚的刺激)、精神改変プロトコルに従って施錠された部屋に収容されます。アクセスには書面による承認が必要です。

オブジェクトの古さと脆弱な性質のため、SCP-1215は極端に低い湿度で摂氏10度が不活性ガスの密閉された室内で維持されます。SCP-1215は必要最小限以上の紫外線に曝してはいけません。日常の点検および必要に応じたメンテナンスは、貴重書および稿本の手入れの資格を持つ宗教的なDクラス職員によって月2回行われます(これらのDクラス職員の協力は彼らの解雇の無期限停止の理由です)。これらの措置を遵守しなかった場合、オブジェクトの重大な損傷や破壊が発生します。

SCP-1215に曝露した職員は、彼ら自身の保護と他の職員の保護のために隔離された所に置かれます。影響を受けた職員の宗教の資格を持つ祭司に対する誠実な告白と罪の悔い改めは、告白儀式を含まない宗教的伝統であっても、その後24〜48時間でSCP-1215の効果を鎮静させることが示されました。非宗教的な職員にとって、哲学の博士号を持っている個人への告白は約60%のケースで効果的であることが証明されています。告白しながら泣く人員は一般により早く回復し、(非宗教的であれば)回復の可能性が高くなります。14日後に無症候性であるDクラス以外の職員は、精神科検査の好結果の完了の後に彼らの以前の仕事を再開することができます。

説明: SCP-1215は中世ギリシャ語でベラムに書かれた4世紀の装飾された稿本です。SCP-1215はトルコの███████████にあるビザンチン修道院の考古学的発掘から回収されました。挿絵は金と銀の両方で装飾されています。SCP-1215はペリ・ロギスモンのバージョンで、明らかにこの作品の著者で、キリスト教の僧侶であり禁欲主義者である、ポントスの「隠遁者」エヴァグリオス(345〜399 A.C.)によって書かれた原本です。ペリ・ロギスモンは誘惑についての論文であり、そして「8つの邪悪な想念」は、より近代的な「七つの大罪」の前身です。SCP-1215の本文は他の著作物とはかなり異なります。

SCP-1215内の文章や挿絵に曝露した個人は行動が改変されますが、これらの改変は個人がオブジェクトのすぐ近くを離れるまでは現れないようです。対象はSCP-1215の中に記述されている「8つの邪悪な想念」のうちの1つと一致する行動を示します。SCP-1215の影響下での職員とDクラスの分析は、被験者の行動の改変が彼らの以前の人格に基づいていることを示唆しています。統計的に重要なサンプルの追加実験が進行中です。

SCP-1215の影響は、曝露した職員の行動に現れる悪行だけでなく、行動の厳格さにおいても異なります。現在、症状は3つの段階に分けられます。

  • 段階I(初期) 症状はSCP-1215の近くを離れるとすぐに現れ、気付かれないほど十分に小さいものです。
  • 段階II(中期) 物体の近くを離れてから約12〜36時間後に症状が現れ、それは目立ち、潜在的に有害ですが、被験者または他の人々に永久的な危害をもたらす可能性は低いです。
  • 段階III(末期) 物体の近くを離れて約48〜96時間後に症状が現れます。段階IIIの症状はしばしば被験者と近くの職員に甚大な危害をもたらします。

SCP-1215の観測された影響は以下の通りですが、SCP-1215に曝露した被験者がこれらの影響を複数示すことはないと考えられます。

  • ガストリマルギア(暴食) – 被験者の食欲は猛烈で貪欲なほどに発達します。段階Iの症状は、軽微な空腹や渇きであり、数時間何も食べなかった状態と一致します。段階IIでは、被験者は絶えず食事を行うようになります。段階IIIの症状は、貪食されている物が通常食物と見なされるかどうかに関係なく、近くにあるものを何でも食べようとする試みです。
  • ポルネイア(色欲) – 被験者の性欲は非常に高められます。 段階Iの症状は、性的興奮の軽微な感覚です。段階IIで、被験者は性欲過剰を知覚し始め、性的抑制が低下します。段階IIIでは、被験者はどんな必要な手段を使ってでも積極的に性的満足を追求すると同時に、他の身体的欲求を無視します。これを確認するのに十分な期間にわたって段階IIIに留まった被験者はいませんが、段階IIIポルネイア効果に苦しんでいる個人は、症状の直接的な結果として餓死する可能性があると考えられます。
  • フィラルギリア(強欲) – 被験者の欲は過度に発達します。段階Iの症状は、富、地位、権力に対する強い欲求で構成されます。段階IIの症状は、盗難、賄賂、またはその他の手段を介して所有物を得ようとする試みで構成されます。買いだめは一般的です。段階IIIの症状は富を得ようとする極端な試みであり、しばしば、暴力、詐欺、権威の操作などが含まれます。
  • ヒペレファニア(傲慢) – 被験者のプライドは極端に高くなります。段階Iの症状は軽度の自尊心です。段階IIの症状には、他の人が自分が劣っていると恥をかく傾向があり、そうすることに対する満足感があります。段階IIIの症状には、段階IおよびIIの症状のより極端なもののほか、横柄な言動、軽蔑、および被験者を非難していると思われる人に対して暴力を振るう傾向が含まれます。
  • リーぺ(嫉妬) – 被験者は、他の人の幸運で極端な負の感情を発達させます。段階Iの症状は、軽度の嫉妬の感情です。段階IIの症状には、被験者が嫉妬したと感じる人の暗殺に従事するための不正な試みが含まれます。段階IIIの症状は、暴力や、嫉妬の対象に不幸を引き起こそうとする執拗な試みを含む、極端な負の行動が特徴です。
  • オルゲ(憤怒) – 被験者は激しく、止めることのできない怒りを示します。段階Iの症状は、不快感やイライラの軽微な感覚です。段階IIでは被験者は喧嘩っ早くなりますが、物理的な暴行は稀です。段階IIIに到達すると、被験者はわずかなきっかけで極端な怒りを示し、近くの人を殺そうとする可能性があります。
  • ケノドキシア(虚栄) – 被験者は自分の能力や他者に対する魅力を過信しています。段階Iの症状には、優越感が含まれます。段階IIには不当な自慢が含まれます。段階IIIでは、被験者は極端な自己崇拝に陥ります。注: ケノドキシアを示す被験者は、自分や他の人に直接害を与えない傾向にありますが、周囲の人を十分に苛立たせ、他の人が被験者に害を及ぼすことは珍しくありません。
  • アケディア(怠惰) – 被験者は極端な怠惰と絶望に苦しみます。段階Iの症状には、先延ばしや軽度の悲愴感が含まれます。段階IIの症状は、一般的な鬱病性障害の極端な場合と一致しています。被験者は不必要なタスクを実行するために必要なエネルギーを奮い起こすのが非常に困難です。段階IIIでは、被験者は強硬症になります。

歴史: エヴァグリオスは、誘惑を克服するための理解と学習のための入門書としてペリ・ロギスモンを書きました。発掘現場([編集済]を参照)から回収された記録は、SCP-1215がエヴァグリオスによる、ほとんど読み書きのできない一般の人々が使用する道徳ツールを作成する試みであったことを示唆しています。SCP-1215はその目的には効果的であることが実証されていますが、原稿とともに見つかった記録は、それがより広く知られているペリ・ロギスモンのバージョン(紀元375年と書かれている)よりも早く書かれた(紀元373年頃)ことを示唆しています。

SCP-1215と共に見つかった記録によると、エヴァグリオス(当時はまだネオカイサレアの講師であり、カイサレアのバジルの弟子)がSCP-1215を作成し、バジルに提示しました。影響力のある神学者であるバジル(西暦329または330年-379年1月1日)は、後に聖バジル大王として列聖され、自分の生徒の作品を拒絶し、それを封印するように指示し、その作品のすべての後続のバージョンは実質的に検閲されなければならなかったようです。この検閲の証拠はペリ・ロギスモンの第16章ではっきりと見ることができ、エヴァグリオスは次のように書いています。「私は悪魔のすべての非道について書くことはできません。そして、読者のより単純な考えを傷つけることを恐れて、それらについて長くかつ詳細に話すことを恥ずかしく思います。」バジルが西暦379年に亡くなり、エヴァグリオスが380年にコンスタンティノープルに移った後、SCP-1215は現代に再発見されるまで忘れられていたようです。

SCP-1215、およびそれを取り巻く歴史は、初期のキリスト教教会が超常的および超自然的なアイテムの収容に携わっていたという理論を強固なものにします。キリスト教の典礼の歴史において非常に重要な地位を占め、東方教会の共同修道生活の父と見なされている(さらに西方教会の聖ベネディクトに大きな影響を及ぼした)カイサリアの聖バジルは、 少なくとも3つの悪魔祓いの祈りを書いたと考えられています。エヴァグリオスは、最終的にカトリックの主要なテナント(七つの大罪)になる原作者であり、後の多くのキリスト教の人物に大きな影響を与えたことよりも、人の魂の前世に関する難解な推測のために異端で非難されました。初期のキリスト教教会が超常的かつ超自然的な性質のアイテムを収容するために可能な努力が、キリスト教倫理、慣例、信念、および西洋文化全体の発展にどの程度影響したかは、現時点では不明です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。