SCP-1220-JP
rating: +27+x
blank.png

アイテム番号: SCP-1220-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1220-JPは未収容であり、発生の予測が困難です。

SCP-1220-JPの発生が報告された場合は機動部隊を派遣し、SCP-1220-JP対象者の周辺半径500m圏内に存在する男性を全て確保してください。確保された男性より精液を採取し、SCP-1220-JPの解錠を試みてください。結果の成否に関わらず、確保された男性全てに対し、Aクラス記憶処理が施されます。

飯島智子とSCP-1220-JP-αの捜索は継続して行われます。

説明: SCP-1220-JPは出産1時間前の妊婦の股間に装着された状態で出現する貞操帯です。プラスチック製の貞操帯と推測できる外見的特徴を持ちますが、異常な耐久性を持つため詳細は不明です。SCP-1220-JPは予兆なく瞬時に発生します。また、SCP-1220-JPが出現する対象となる妊婦の法則性は発見されていませんが、発生は日本国に限られ、千葉県██地域を中心に発生が多く確認されています。発生の予測も困難であるため、対象となった妊婦の救助に成功した例はごく僅かです。

SCP-1220-JPは施錠された状態で出現します。SCP-1220-JPの前面に"残り3600秒"の表示が刻印されており、不明な原理で数値がカウントダウンされます。この秒数は、結果的に妊婦が出産を完了するまでに掛かる予定時間と一致します。このカウントダウンが完了するまでにSCP-1220-JPを解錠出来なかった場合、正常な出産が阻害されることで妊婦と新生児に深刻なダメージを与えます。SCP-1220-JPは対象となる妊婦の腰部で固定されているため、外科的な方法で胎児を取り出すのは困難です。

SCP-1220-JPの錠前は特定の男性の精液を塗布することで解錠されます。この男性は、SCP-1220-JPの出現地位から半径約500m圏内に存在する全ての男性からランダムに選択されます。外見的特徴からこの男性を特定することは不可能であり、多くの場合SCP-1220-JPの解錠は間に合いません。解錠されたSCP-1220-JPは"おめでとう"と書かれた異常性の無い紙片に変異し、実体としては消滅します。

SCP-1220-JPの出現法則は現在でも発見されておらず、民間人に多くの被害が出ています。財団諜報部はSCP-1220-JPに関する情報を調査し、ごく僅かながら情報の入手に成功しています。詳細は補遺群を参照してください。

補遺.1: 発見された映像資料

財団諜報部が偶発的に入手した映像資料より、SCP-1220-JPと思われる貞操帯(以下、SCP-1220-JP-αと呼称)が発見されました。この映像資料は一般的に流通していていないアダルトビデオであり、登場する女優は何れも多重債務者の民間人であることが判明しています。

SCP-1220-JP-αは、カウントダウンプロセスや解錠方法などにSCP-1220-JPとの共通性が見られますが、出現対象が妊婦ではないため、SCP-1220-JPと同一のオブジェクトであるかは結論に至っていません。以下は入手した映像資料の概要です。

タイトル: SAW ~New Death~

内容: 映画シリーズ"SAW"1のパロディAVとして撮影されたと思われる。ただし、SAWのパロディは最序盤に僅かに存在するのみであり、中盤以降はサバイバルシーンや性交シーンがメインの内容となる。

映像はクレジットなどが無く内容が突然始まり、窓の無い屋内に4人のモンゴロイド系の若年女性とビリー人形2が映し出される。ビリー人形から音声が発され、以下の映像内で行われるゲームのルール説明が行われる。

  • 4人の女性は、SCP-1220-JPと思われる貞操帯(以下、SCP-1220-JP-αと呼称)を装着した状態で無人島に取り残される。
  • 女性には撮影スタッフより、1日3回強力な媚薬が投与される。
  • 無人島には5名の男性が存在し、その内1人の精液はSCP-1220-JP-αの錠前を解錠する力を持ち、残り4人の精液は特に能力を持たない。解錠された貞操帯は脱出用の船の乗船券と賞金に交換される。
  • 制限時間は2,592,000秒(約1か月)であり、SCP-1220-JP-αに刻印されている。SCP-1220-JPと同様のプロセスを経てカウントダウンが行われ、女性は制限時間を超過すると罰ゲームが執行される。
  • 男性は射精をせずに制限時間を超過することが出来た場合、賞金が進呈される。
  • 無人島へ定期的に罠や男性用性玩具が投下され、女性はこれを利用することができる。

ルール説明が終了すると、映像は無人島での映像に移行する。映像の大半は前述の通り無人島でのサバイバルに関する映像であり、女性が男性を発見するとチェイスシーンへ移行する。映像中男性が捕まったのは4回であり、SCP-1220-JP-αを外すことが出来たのは1人だけだった。

この映像資料は民間人"青田 祥"氏により提供されました。青田氏はアダルトビデオ蒐集家であり、財団に対し映像に関する情報も提供しています。青田氏は反社会勢力からもアダルトビデオを購入しており、購入ルートを守るため如何なる人物に対しても強い警戒感を顕にします。そのため、青田氏への接触は約2年を掛けて慎重に行われ、十分な友好関係を築いた上で行われました。以下は映像資料提供の際に行われたインタビュー記録です。

証言記録『青田 祥』 #1
2018/7/13


≪開始≫

青田氏: はい、これ例のダビングね。いやいや、時さん3も通だね。よっ! ムッツリスケベ!

[青田氏がエージェント・時任(以下、時任と呼称)に対し紙袋を手渡す。]

時任: ありがとうございます。いやはや、青田さんほどでは。

青田氏: いやー。でも見る目あるよ、時さん。これは面白いよー。

時任: これ、そんなに面白いんですか?

青田氏: 面白い! 裏ビデオのくせにかなり作りこんでて大手ビデオ会社の企画モノみたいなんだもん。

時任: へぇー。見るのが楽しみだなぁ。青田さんはどの辺が気に入ってるんです?

青田氏: 語ると長くなるよー。やっぱなんだろうな、逆レイプならぬ"逆狩り"の迫力だね。時間が経過するにつれて女達の本気さが変わってくるし、貞操帯を脱げばクリアなのにいつの間にか目的が男を襲う事になってくのも面白要素ね。つーか、男も最初は金目的で逃げてるけど最後の方は女が怖くて逃げてるもん。サバイバルパートがあるお陰で引き立つんだこれが。いやー、こりゃドキュメンタリーだね。

時任: 女が怖くてって萎えません? それ。

青田氏: いやいやいや。時さんも見れば分るよ。カメラマンを襲っちゃうところとかすげぇよー。バイオ74かと思ったもん。前作もすごかったな、掴まったイキソウが女全員に代わる代わる犯されていく大迫力のシーンがお目に掛かれるんだわ。もう芸術だね。うん。

時任: んん? 前作? 前作とかあるんですか? それとイキソウっていうのは。

青田氏: ああ、これシリーズモノだよ。裏ビデオのくせに本当に凝ってるんだなーこれが。前作が『SAW ~Low Game~』で、前々作が『SAW ~Sage~』ね。つまりこれは3作目て訳ね。今は無いけど、時さんが興味あるならダビングしとくよー。あっ、ちなみにイキソウっては貞操帯の鍵になる男のことね。1作目のパケ裏に書かれてるだけなんだけど。まぁSAWのパロだし。

時任: ジグソウのことか……。やっぱこのシリーズって人気あるんですよね?4作目とかって無いんですか?

青田氏: いや、俺も結構探したけど4作目は多分無いな。裏ビデオだから見つかってないかもだけど、ちょっと噂もあってさ、撮影したくても出来なくなったーみたいな。

時任: なんすかそれ。気になります。

青田氏: 教えてもいいけどネタバレになっちゃうから言いたくないな。とりあえず見てきなよ。見てきたら教えてあげるよ。

≪終了≫


 

証言記録『青田 祥』 #2
2018/7/14


≪開始≫

青田氏: どうだった? あれ。

時任: ヤバかったです。夜襲のところとか怖すぎませんか? 

青田氏: [笑い声]。でしょ? でさ、でさ、そんな怖い子たちが薬飲まされて悶えてるところとか良くない? しかも罰ゲームの機械姦も、本来なら拷問みたいなもんなのにそんな嫌そうじゃないってのもグッドだよね?

時任: わかります。やっぱそういう薬ってすごいんですね。

青田氏: んー、まぁ本物の媚薬は凄いらしいけど今は厚生労働省によって劇薬指定されてるから本物かわかんないね。ま、でも裏ビデオだからね。作ってる人は怖い人たちだろうし本物かも知れない。まぁAVだし、演技かも分らんね。

時任: ああ、そうなんですね。ところで昨日言ってた噂ですけど、結局何だったんですか? やっぱ気になるんですが。

青田氏: え? ああ、それね。見たなら知ってると思うけど最後さ、トモコちゃん5がイキソウを捕まえたじゃん? 

時任: はい。クライマックスですね。

青田氏: あの時さ、避妊がうまくいってなくてデキちゃったらしいよ。しかも今回のイキソウは撮影監督本人だったっぽくてさ。それが原因で続編が作れないって聞いたよ。

時任: えっ。そういう時ってどうするんですか。やっぱ堕ろすんですか? というか、それで続編が作れなくなっちゃうんですかね? なんかモメたってことですか?

青田氏: 結構モメたんだろうね。時さん、こういう裏ビデオに出るような子ってどんな子だと思う?

時任: うーん。一番に思い浮かぶのは借金のある子ですかね? それもすごい額の。

青田氏: そうだねー。多分トモコちゃんもそういう子だったんじゃないかな。妊娠してることを4か月経ってから言ったんだってさ。

時任: それじゃあもう堕ろせないですね。あーなるほど。

青田氏: 父親はイキソウ役だった撮影監督。ああいう薬が撮影で使えるんだから撮影監督はきっとヤクザか、あるいはそういう人たちと繋がりがある人ってことになる。でも子供が出来てしまえばもう借金の法外な追い込みはできないって筋書きね。もし噂通りだとしたらトモコちゃん頭いいよね。

時任: うーん。でも、これは素人考えかもしれませんが、もしヤクザみたいな人だったとしたら、殺してしまえばいいみたいな話にならないんですかね? 無理矢理堕ろさせるとか。

青田氏: さぁなぁ。さすがにこの後どうなったかは知らないわー。でもソイツが親分格ならワンチャンスあるし、たとえチンピラでも道連れって訳だ。まあ何にせよ、そういう噂ってハナシね。

≪終了≫

その後、青田氏より映像資料"SAW ~Low Game~"と"SAW ~Sage~"が提供されました。青田氏は民間人の協力者として財団データベースに登録されます。

補遺.2: 重要参考人の特定

青田氏から提供された映像資料より、映像資料の撮影監督"滝山 豪"を特定しました。滝山はGoI-8102「広域指定暴力団東栄會直系"有村組"」の元構成員であり、2017年に失踪宣告がされています。

上記に付随し、映像資料内で滝山と性交した女性"飯島 智子"の特定に成功しました。飯島は千葉県在住の女性であり、有村組経営の金融会社に約800万円の借金を持ちます。滝山と同じく2017年に失踪宣告がされています。

2010年10月3日に滝山の所持する携帯電話の番号から警察に対し110番通報があったことが判明しています。この通報は短時間である上、滝山側から切断されており、滝山の所持する携帯電話はモバイルGPS機能が未搭載の機種であったため警察は発信源の特定に成功しませんでした6。警察は事件性のある事案であるとして捜査を行いましたが、成果を得ることが出来ていません。以下は、警察内の協力者により提供された通報の音声記録です。この音声記録は可読性のため一部修正しています。

音声記録-1220 #1
2010/10/3


≪開始≫

オペレーター: 110番警察です。事件ですか? 事故ですか?

滝山: [激しい音声の乱れ] 事件だ! 助けてくれ! 襲われている!

オペレーター: 場所は何処ですか?

[何かを強く叩く音]

滝山: [悲鳴] 場所? わかんねえよ、逆探知とかできねぇのかよ!

オペレーター: 周りに目印になる建物や標識はありますか?

滝山: わかんねぇって! いまトイレに逃げ込んでててヤツが扉の向こうに──

[女性の絶叫と何かを強く叩く音]

滝山: [悲鳴]

オペレーター: 犯人の特徴はわかりますか?

滝山: それもわかんねぇよ! 大声だしたと思ったら急におかしくなりやがって──

[木製の物体が破壊される音]

滝山: [絶叫] 待って! 助けてくれ! やめろ! おい! やめてくれ! 助けて、殺される! 殺される!(音声が徐々に遠ざかる。)

[物音と滝山の悲鳴]

オペレーター: もしもし。大丈夫ですか! もしもし!

女性: [聞き取り不能な音量の音声]

オペレーター: もしもし。貴方は誰ですか? 先程まで出られていた方はどうなさいましたか?

[水音]

[新生児のものと評価される泣き声]

[通話が切断される]

≪終了≫

財団諜報部による音声解析と、滝山の足跡調査により、この通報の発信地の特定に成功しました。場所は千葉県山間部に存在する住宅であり、家主死亡により管理がされていない空き家とされています。住宅には地下室が存在し、内部の特徴は映像資料"SAW ~New Death~"冒頭のルール説明が行われた部屋に酷似します。地下室からは以下の物品が発見されており、滝山がこの住居に滞在していたことや、飯島智子が監禁されていた痕跡を示します。

  • 小型発電機
  • 腐敗した食糧、容器や内容物から"すき家"の豚丼と推測される。
  • 裂断されたトイレの扉
  • ████社製の拘束椅子
  • 千切れた手錠
  • 滝山豪と一致する遺伝子情報が含まれる体液
  • 飯島智子と一致する遺伝子情報が含まれる体液
  • 写真数枚(後述)

この地下室から発見された写真には、目隠しをされた女性がSCP-1220-JP-αを取り付けられた状態で拘束椅子に拘束されている写真であり、青田氏は2010年頃に一部界隈で販売されていたものと証言しています。この女性は飯島智子であると推測されます。

この地下室のトイレの排水管より、複数人の死体と思われる物体が詰まった状態で発見されています。遺伝子検査の結果、この物体は滝山豪と、滝山豪と飯島智子の子供と思われる新生児2名であることが判明しています。地下室に監禁されていたと予想される飯島智子と、解錠されたと予想されるSCP-1220-JP-αの行方は明らかになっていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。