SCP-124-PT
rating: +8+x
blank.png

脅威レベル:

画像差し止め中
SCP-124-PTの最初のデモンストレーション中、民間人を攻撃した直後に撮影されたPycnonemosaurus nevesiの写真。
画像差し止め中
Oxalaia quilombensis、SCP-124-PT-A実体であり、食物を探している。

特別収容プロトコル: SCP-124-PTが開始された場合、一連の行動が財団によって直ちに実行されなければなりません。特に機動部隊グループと諜報部および安全保障部は、他の政府機関とともに行動しなければなりません。以下の手順が確立されました:

  • 一般人のパニックが起こらないようにするために、ミームエージェントと偽情報拡散手段を使用してSCP-124-PTに関する情報の流通を制御してください;
  • 可視化されたSCP-124-PT-A実体を全て無力化してください;
  • 大都市圏や低密度の都心部の人口をコントロールし、そのような場所へ繋がる全ての出入り経路を遮断することで、農業地域を保護してください;
  • その他関連する場所へと繋がる道路の交通規制。

SCP-124-PT-A実体と人間との相互作用に起因する死亡は、個人の遺体の物理的な状態と一致する事象に起因するものであると報告されるべきです。

SCP-124-PTの終了後に出現する実体は、できるだけ早く無力化しなければなりません。

説明: SCP-124-PTは、2002年以降、毎年8月2日にブラジル全域で発生する異常現象に与えられた呼称です。SCP-124-PTの継続時間は約1日です。

SCP-124-PTが始まると、恐竜系統群に属する絶滅種として知られている生物種が国内全域に自然発生的に出現し、これらは総称してSCP-124-PT-Aと指定されます。これまでに確認されたSCP-124-PT-Aは、白亜紀のブラジルの化石記録で発見されています。中生代の典型的な翼竜や海洋爬虫類のような、恐竜以外の爬虫類は、これまでのところSCP-124-PTのいずれのイベントでも目撃されていません。

SCP-124-PT-Aが出現したとき、SCP-124-PT-A実体は既に現在の気候条件に適応していることを示しています。SCP-124-PT-Aの肉食性と草食性両方の個体がSCP-124-PTイベント中に確認されており、ほとんどが草食性であることが確認されています。

ブラジル領内の州に存在するSCP-124-PT-A実体は、必ずしも白亜紀にその州に相当する場所に生息していたとは限りません。例えば、サンパウロ州南西部で化石が発見されたAustroposeidon magnificusのSCP-124-PT-Aは、既に中西部の州で確認されています。

化石記録で発見されていないSCP-124-PT-A実体が出現した例はまだありません。ブラジルの化石記録で新種が発見されると、次回のSCP-124-PTイベントの時点で出現し始めます(SCP-124-PTイベント中に発見された種の詳細については、報告書の最後の登録書類を参照してください)

出現したSCP-124-PT-Aは、白亜紀の典型的な日に生きているかのように行動し、現在の古生物学的知見に基づいて予測されたものと一致する行動を示します。SCP-124-PTの最初の発生以来、SCP-124-PT-A実体と人間の相互作用の結果として1,620人の死亡が確認されています(年間平均90人の死亡)。

SCP-124-PTが終了すると、全てのSCP-124-PT-A実体が消滅し、代わりにGallus gallus domesticusの個体が出現します。SCP-124-PT-Aの消滅とともに出現したニワトリは、他の生命体と接触した際、非異常で友好的な行動を示します。SCP-124-PT終了時に、SCP-124-PT-A実体によって引き起こされた事象に関連する全ての個体群の記憶は消滅しますが、現在のところ理由は不明です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。