SCP-1288
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-1288

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 実験を行わない場合、SCP-1288はサイト-19の保管ロッカー██に収容してください。職員は不要な衝突を避けるために、アイテムが輸送されている間は常にSCP-1288を観察しなければなりません。新たな地域、特に人口密集地を探索するときはガイガーカウンターを使用してください。

説明: SCP-1288は、密度、角運動量、屈折率が同じ寸法のガラスと一致する円筒形の物体です。SCP-1288の内部には、14世紀後半から15世紀初頭に我々のタイムラインから分岐したと考えられている別のタイムラインに相当する場所が描かれています。描かれている世界は複数の場所からの天文学的観測から2012年の冬至(グリニッジ標準時約0600分)であることが示されている瞬間で静止しています。

容易に入手可能ないくつかの歴史的文書を調査したところ、分岐の主要なポイントが鄭和提督の選択に依存していることが判明しました。私たちのタイムラインでそのような出会いがあったという主張は疑わしいです、代替世界では鄭和の艦隊がアメリカ大陸の西海岸を探検したことが明らかになりました。この結果、中国とマヤ帝国の間に強力な貿易関係が生まれました。北アメリカがヨーロッパの限定的な植民地化をいくつか試みましたが、中央および南アメリカの征服の試みは中国の技術および人員のために失敗し、これにより現地の支配政党が支配を維持することが可能となりました。その結果、ヨーロッパは主に米中同盟によって支配されている現代世界の舞台でより小さな役割を果たしています。

回収記録: SCP-1288は2012年12月27日にサイト19の入り口前で発見されました。当初は垂直方向にしか移動できない異常物品と判断されていましたが、すぐに別のタイムラインの円筒の中に置かれていることが判明しました。SCP-1288が円筒から取り外されたとき、銘板が円筒の中を通して見えるようになりました。これは財団職員が発見することを意図したものであることを明確に示しています(銘板の詳細については文書1288-aを参照)。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。