SCP-1294
rating: +2+x

アイテム番号: SCP-1294

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1294はフィルター付き換気装置を備えた5 m x 5 m x 3 mの室内に収容されます。常に適切な医療設備が維持され、午前8時に1回、1 kgの生肉を与えなければなりません。

職員とSCP-1294との接触は最小限に留められます。SCP-1294に対する給餌、手入れ、汚物処理は自動化されており、全職員はSCP-1294収容室に入る前に防毒マスクの着用が義務付けられています。

機動部隊クスィー-8 ("槍狩人たち")はさらなるSCP-1294個体の捜索のために、密猟者を装いサハラ砂漠に展開されます。機動部隊クスィー-8は焼却終了のために個体をサイト██に輸送することになっています。

説明: SCP-1294は体長27 cm、最低でも体重約1.1 kgのオスのフェネック (Vulpes zerda)の姿に見えます。狩猟方法と繁殖方法を除けば、SCP-1294はその行動に関して、典型的なフェネックのものと違いを示しません。

SCP-1294は完全に真菌組織で構成されており、それは皮膚、骨格、毛皮を再現します。SCP-1294の内部構造の大部分は、様々な粘度の密生したカビから構成されます。SCP-1294は、大量のシロシビンおよびムッシモールを含有する毒素を間断なく発散します。

約2分間以上曝露していた場合、対象はSCP-1294の存在が除去されるまで、着実に多幸感が増大していく状態に入ります。SCP-1294が除去されると対象は一時的に悲嘆しますが、永続的、または長期に及ぶ影響は確認されていません。

5分間以上暴露した対象は、苦痛への高い耐性と、幻覚剤の影響下にあるものと似たような行動を見せました。SCP-1294から引き離された対象は、それらの大部分の影響から回復せず、刺激を引き起こすために自傷行為を開始することが判明しています。

SCP-1294がこの状態の対象に気付くと、SCP-1294は対象に乗る、もしくは、横に寄り掛かり休息します。この間、SCP-1294の皮膚は溶融したような外観を呈すと、対象を覆い、その後、対象をSCP-1294の腹部に変換します。SCP-1294が包めるものに限界はないように見え、1週間で190トン以上の食料の処理が可能です。SCP-1294はこの方法で、生きている獲物の捕食のみを行い、すでに死んだ対象や加工食品を標準的に食すことをより好みます1

補遺-1294-1: 対象由来の25標本はSCP-1294-Aから-Yと命名されており、SCP-1294と同一の収容手順下にあります。残りの標本は、試験975および976における対象の残骸と共に試験後に焼却されています。おそらくはその高い出産率に高く起因し、子孫がいる可能性があります。当該地域で異常に大きなキツネ、および/もしくは、真菌の報告はすべて調査のためにサイト██の指定された主席研究員へ報告することが義務付けられています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。