SCP-1338-JP
rating: +16+x

アイテム番号: SCP-1338-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1338-JPは現在サイト-8122の低脅威度オブジェクト収容ロッカー内に収容されています。SCP-1338-JPを用いた実験にはセキュリティレベル2の職員の許可が必要です。

説明: SCP-1338-JPはレンズが取り付けられていない赤色のフレームの眼鏡1です。フレームはアセテートで形成されています。

SCP-1338-JPの異常性は装着することで発現します。SCP-1338-JPを装着した人物が他の人物(以下”対象者”と呼称)を見た場合、対象者の首に取り付けられた首輪と単語が記されたプレート、それらを繋ぐ鎖が具現化します。便宜上この3点をSCP-1338-JP-A、このうちプレートをSCP-1338-JP-A-1と呼称します。

これまでの実験により対象者によってSCP-1338-JP-Aの数及びSCP-1338-JP-A-1に記されている単語が異なることが確認されています。現在までに███個の単語が確認されていますが、このうち”法律”のみが全対象者に共通した単語であることが判明しています。また、Dクラス職員を対象にした実験では全員のSCP-1338-JP-A-1に”SCP財団”が確認されています。

回収当時、SCP-1338-JPは精神的な影響を及ぼすと考えられていましたが実験によってそのような影響は存在しないことが判明しています。

補遺1: 以下は財団職員に対して行われたSCP-1338-JPの実験記録(一部抜粋)です。なお、先述の”法律”と”SCP財団”は省略して記載されています。

対象者: ██研究員

SCP-1338-JP-A-1に書かれていた単語: ”報告書”

付記: 実験当時、██研究員は13件の未完成の報告書を抱えていた。

対象者: D-1178

SCP-1338-JP-A-1に書かれていた単語: ”アルコール”

付記: D-1178はアルコール依存症であり、実験当時も治療が続けられていた。

対象者: D-836

SCP-1338-JP-A-1に書かれていた単語: ”█千万円”

付記: D-836は借金返済のために█名を殺害していたことが判明。SCP-1338-JP-A-1に記載されていた金額と実験当時のD-836の借金は一致していた。

対象者: █博士

SCP-1338-JP-A-1に書かれていた単語: ”█ ██”

付記: 実験当時、█博士は夫である█ ██からのDVをきっかけに離婚調停中であった。

追記: 離婚完了後、該当のSCP-1338-JP-Aは消失していた。

補遺2: SCP-1338-JPは20██/9/29に██県██市内の住宅にて2体の遺体と日記、及び1枚のメモ用紙と共に発見されました。発見された遺体に関しては腐敗が進行していたため、身元確認は難航しています。

以下は日記及びメモの内容です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。