SCP-1339
rating: +3+x

アイテム番号: SCP-1339

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1339はサイト-56の金庫に保管され、ロバート・ウィリアムズ博士の許可を得た場合のみアクセスすることができます。実験は追って通知があるまで保留されています。

説明: SCP-1339は警察バッジであり、警察署や階級の印はありません。SCP-1339に類似したバッジは20██/3/1時点では発見されていません。バッジの異常性は着用して初めて明らかになります。

SCP-1339がヒト(SCP-1339は他の動物種にも影響を及ぼす可能性があります。実験記録を参照してください)の衣服に装着した場合、以降では対象と呼びますが、彼らは自分が目撃したり実行したりした全ての行為が完全に正当かつ妥当であると確信します(補遺1339-1を参照してください)。事象について問われると、対象は常に行動を正当化し擁護します。運動能力、問題解決能力、および認知能力の評価は全て、SCP‐1339が精神機能を損なわないということを証明しました。財団の心理学者や言語病理学者はSCP-1339対象の発話パターンが精神病および社会病患者のものと似ていると指摘しました。

一度SCP-1339が被験者から外されると、装着中に道徳的または倫理的に誤った行為をしていなくても、本人はただちに大きな罪悪感と抑うつ感を覚えるようになります。治療の試みはうつ病や罪悪感を持つ他の患者と同じように有効ですが、患者は抗うつ薬と従来の精神医学の両方に対してはるかに耐性があると療法士は指摘しています。記憶処理は本筋からそれた"記憶"を取り除くのに有用であることが証明されていますが、依然として罪悪感が対象によって報告されています。治療を受けない多くの事例において、対象は自らの命を絶ちます。いくつかの場合において、対象は遺書において世間に知られていない犯罪を認めます。"コールドケース"または行方不明者が発見される可能性がありましたが、さらなる通知があるまで実験は中断することが決定されました。

補遺1339-1: 対象は殺人、大量殺戮、拷問、飢餓の強制、非医療的切断などを何事もなく実行したことがあると暴露する場合があり、尋問を受けた際には上記の行為すべてが完全に合理的かつ正当であると主張します。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。