SCP-1359-JP
rating: +48+x

アイテム番号: SCP-1359-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1359-JP周辺を覆う様にプレハブ小屋を設営し、カバーストーリー「調査建造物」により周辺住民・生物の侵入を防ぐ必要があります。SCP-1359-JP-Aに関する調査は継続的に行われます。

説明: SCP-1359-JPは石川県内部に存在する未知の空間に繋がっているポータルです。内部には未知の生物群(以下、SCP-1359-JP-A群と記載)が存在しています。以下はSCP-1359-JP-A群の特徴です。

  • 全長は確認された限り30~190cmまでばらつきが存在します。
  • 皮膚は長い体毛で覆われ、クマ科(Ursidae)に酷似した頭部を持ち合わせています。
  • 二足歩行によって活動しており、麻製の貫頭衣や腰巻を着用している場合が殆どです。
  • 集落は凡そ800体のSCP-1359-JP-A群が生息しており、農耕と近隣を流れる川の漁業によって食事を賄っています。
  • 頭部または胸部の銃撃や重度の負傷により、確実に死亡します。血液の色は赤色で、総量は成人男性よりも約30%程多いです。
  • 解剖した結果なんと痛覚を持ち合わせています。内臓は人間の物よりも脳を除いて各種臓器は大型です。
  • 妊娠周期は推定11カ月間に1~3人の子を同時に産み落とす事が確認されており、胎児の耐久性はグラインダーに耐えられない程度です。
  • 咽頭部への圧迫やボーリング球を飲み込ませた場合、窒息によって確実に死亡します。
  • 火炎放射器の放射やガソリンを浴びせた後の着火によって確実に死亡します。
  • テトロドトキシン、イボテン酸等の毒性の投与によって確実に死亡します。
  • 集落は凡そ400体のSCP-1359-JP-A群が生息していましたが、現在は散り散りになっての逃亡を続けているものと思われています。
  • 子の目の前で親を殺害した場合、激しい動揺を見せる事が確認されています。
  • 親の目の前で子を殺害した場合、激しい動揺を見せる事が確認されています。
  • 依存性の強い薬物に対する耐性は持ち合わせていません。実験した結果20体中20体が重度のヘロイン中毒です。
  • 依存性の弱い薬物に対する耐性は持ち合わせていません。実験した20体中20体が重度のアンフェタミン中毒です。
  • 爆弾を体内に埋め込ませて記憶処理後に逃がした場合、家族と思わしき数名と合流するので非常に効果的です。
  • SCP-1359-JP内部への特設サイトの建設に対して著しい抵抗を見せます。
  • プレス機を用いた実験の結果、鉄製パレットよりも少ない荷重によって圧死します。
  • ギロチンを用いた実験の場合、頸部の完全な切断によって死亡します。
  • 存在するSCP-1359-JP-A群は200体前後である事が確認されています。
  • RK\33e!の信奉を嫌う傾向があります。
  • RK\33e!の政策・信託・助言について極めて反発的な態度を取ります。
  • 死ぬ寸前の親からの助言によって子供はRK\33e!を信奉しません。
  • RK\33e!の声を聴こうとしない・聞く為の施術を積極的に行いません。
  • RK\33e!の命令を死亡寸前になるまでの尋問・説得を行っても決して賛同しません。
  • 過剰な加圧を行った場合窒息により死亡します。
  • 真空状態の環境に留めた場合窒息により死亡します。
  • 摂氏マイナス50度の室内に12時間滞在させた場合死亡します。
  • 摂氏90度の室内に12時間滞在させた場合死亡します。
  • 硫酸、塩酸、王水等強酸性の液体に沈めた場合いずれも死亡します。
  • 水酸化カルシウム、水酸化セシウム等強塩基性の液体に沈めた場合いずれも死亡します。
  • 残存するSCP-1359-JP-A群は50体前後である事が確認されています。
  • SCP-███-JPによる外傷により死亡します。
  • SCP-███-JPの異常性を受けた場合死亡します。
  • SCP-███-JPに踏み潰された場合死亡します。
  • SCP-███-JPに感染した場合死亡します。
  • SCP-███-JPが空気中に散布された場合死亡します。
  • SCP-███-JPによって転移した先で死亡します。
  • SCP-███-JPにより再出現した場合死亡します。
  • SCP-███-JPの攻撃により死亡します。
  • SCP-███-JPから与えられるミームにより自殺します。
  • SCP-███-JP内部に侵入した場合死亡します。
  • SCP-███-JPに干渉した影響を受けて死亡します。
  • 特設サイト内部から紛失したSCP-███-JPにより死亡する様です。
  • 逃走したSCP-███-JPのものと思わしき死体を残しています。
  • SCP-███-JPの侵食範囲が拡大した事により死亡します。
  • SCP-███-JPの体内侵入を受けた事により死亡します。
  • SCP-███-JPによって脳を破壊されて死亡します。
  • SCP-███-JPの████に死亡します。
  • SCP-1359-JP-A群が死亡した場合、死亡します。
  • その他の性質は一般的な生命体に準拠すると見られています。
  • 未知の生物の死骸が転がっています。

現在調査済の範囲においてSCP-1359-JP内部に生命反応は確認されていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。