SCP-1366
rating: +2+x

アイテム番号: SCP-1366

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1366は高さ3mの金網フェンスで隠すように収容され、少なくとも週に一度破損してないかチェックしてください。4名の警備員によって常に周囲をパトロールしてください。収容違反を検知するために周囲にモーション検知カメラが設置されています。財団エージェントを発生した1366-アウトバーストイベントに120秒以内に対応できるように配備してください。周辺地域に侵入したり侵入しようとした人物に対しては民間に戻す前に尋問を行い、クラスA記憶処理を施してください。

サイト-403に通じる唯一の道路はSCP-1366アウトバーストイベントの影響を受けた人物が逃亡を試みないように検問所によって監視されています。サイト-403を囲む森の中に3kmの境界を設け、嗅覚、聴覚、および視覚妨害装置を設置して1kmの周辺地域を隔離します。市民に対してはこの措置は町が州立公園としての地位にあるからであると通知されています。サイト-403の住民は自分たちの状況を認知していませんが、財団エージェントたちに協力的であり、彼らが██████合衆国公園のレンジャーズの一員であると信じ込ませています。

サイト-403: サイト-403は█████郡の北西部に位置するアメリカ██████州シスキンタウンの町です。2010年に財団が実施した人口調査によると、サイト-403には約6000名の民間人が住んでおり、うち400名は拡大家族1です。住民の大部分は農業や製材業に従事しているか、地元の企業で勤務しています。町の総面積は約9.5 km2で、森林に覆われ人里離れた地域にあります。Asphodelクラスネクサスの標準プロトコルが準備中です。

町長、市議会、地元警察はSCP-1366の収容を取り巻く状況について説明を受け、クリアランスレベルE1/1366の工作員として採用されますが、彼らにSCP-1366以上の財団についての知識を持たせないでください。サイト-403は歴史的な州立公園としての町の状況に関するカバーストーリーによって維持してください。

説明: SCP-1366はサイト-403付近の[編集済]川にある放棄された製材所です。当初はシスキン材木会社によって1820年代に建設されましたが、最終的に所有者ウィルヘルム・シスキンが死亡した一連の事故の後に放棄されました。SCP-1366は150年以上放置されていましたが、外観は崩壊寸前のように見えるにも関わらず著しく安定しています。

観察されていない場合、SCP-1366のヘッドソーは散発的に活性化します。活性化後に起源不明で単一の湾曲した丸太が流木路上に投入され製材所外部に積まれます。SCP-1366-Aと指定されたこの丸太には、内側に必ず2~8語の文字が刻まれています。この文字は信憑性が疑われるセンセーショナルな見出しという形で掲載され、のちに地元紙シスキン新聞にニュース記事として掲載されます。SCP-1366-Aが一般市民によって確認されたか否かにかかわらず、またSCP-1366-Aに文字が刻まれなくても記事の発行は行われます。

1366-アウトバーストイベントは記事の発行後に約68%の割合で発生します。1366-アウトバーストイベントは、外国人嫌悪行動、精神病発症、パラノイア、乱交の増加、記憶喪失の発作、サイト‐403の住民の失踪に気付かないあるいは認識しないことを含む、住民の大きな心理的変化を引き起こします。

すべてのアウトバーストイベントは明確なタイムラインに従います。

  • フェーズ1: SCP-1366-Aに掲載された文書は新聞の見出しとして掲載され、それに付随したニュース記事が掲載されます。記事の出所は挙げられておらず、しばしば存在しないいくつかの州や国の都市名が挙げられています。記事は一般的には暴力的あるいは常軌を逸した出来事に影響を与えたマスメディア、10代の若者の間での架空の薬物使用、悪魔カルト、そして連続殺人といった事件に関するものが一般的です。すべての話は大衆によって完全に事実として扱われます。
  • フェーズ2: サイト-403の住人は公の場あるいは家族間で、この記事について議論します。この時点で大衆の大多数は、その記事に対してほとんど重要でないと考えますが、人口の約5%は軽度の関心または懸念を示しています。
  • フェーズ3: 人口の約85%が記事を認識すると、通常は記事に精通した1~12人が通常の行動から逸脱し始めます。個人は行動面でより隠遁的かつ精神病的になり、小集団は特定ジャンルの音楽を聴いたり、卓上ゲームをしたりといった活動や物品に興味を持つようになり、大集団はレクリエーショナルドラッグ2の使用を試みるようになります。
  • 強化: この時点で無作為な暴力行為が発生し始めます。やや日常的な行動としては10代の若者や成人の若者の間でパーティーや薬物使用の頻度が高いことが挙げられます。個人はSCP-1366を囲む境界を突破しようと試み、そこを秘密の会合場所または隠れ家として使用します。この時点でこの行動の扇動者を抑えると、現在のイベントが終了してすぐに消失フェーズに至ります。アウトバーストイベントがフェーズ4前に終了した場合はSCP-1366-Aの対応する実例は自然燃焼し、点火して5分以内に灰に変化します。
  • フェーズ4: 現在までに、最終段階に達したアウトバーストイベントは██回のみ記録されています。この段階に達するイベントは、しばしばSCP-1366に関連するかあるいはその内部で発生する大量殺人、暴動、および疾病の発生をもたらします。最終フェーズに達したイベントに対応するSCP-1366-A実例はそれらから数cm削除されていることが指摘されており、その切断量はこの段階で発生した死亡者数にほぼ対応しています。
  • フェーズ5: フェーズ4開始から約36時間後に、すべての異常活動は突然停止します。生存していた関係する住人たちは「ここ数日はぼんやりしていた」と言って直ちに自宅に戻り、自分たちの体験を忘れてしまいます。このイベントで死亡した人々は通常、死亡して1週間以内に葬儀が執り行われます。町は次のアウトバーストイベントまで事実上リセットされることになります。

補遺: 1366-アウトバーストイベント記録の一部:

補遺: 避難1366-01

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。