SCP-1377-JP
rating: +67+x
家

大石晃一の自宅アパート

アイテム番号: SCP-1377-JP

オブジェクトクラス: 保留

特別収容プロトコル: 大石晃一の自宅アパートは地元警察の協力の下で封鎖されており、実験時のみ解放されます。

説明: SCP-1377-JPはある入出力の過程です。SCP-1377-JPの情報は、推測を除いて記憶・記録できないと考えられています。

入力 出力
無し 腐敗臭、嘔吐臭
リンゴ 無し
辞書 歯形のついた辞書1
千円札 無し
1+1と描かれた紙 無し
生の牛肉 無し
生きたラット 歯形のついたラット2
D-31874(男性、36歳) 絶叫3、D-31874、頭部以外の肉が存在しない人骨4
D-31875(女性、23歳) D-31875、衣服腹部の染み5、「食べ物」と書かれたメモ6
リンゴ3個 無し
D-31875、リンゴ10個 D-31875
大石晃一(男性、36歳)7 絶叫8、服装の変わった大石晃一
生きたラット 生きたラット
リンゴ3個 無し
D-31875 D-31875、衣服腹部の染み9
リンゴ5個 無し
D-31874 D-31874
大石晃一、研究員(男性、28歳) 大石晃一、研究員
省略
D-31875 D-31875、小さな人骨10
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。