SCP-1395
rating: +3+x
SCP-1395%281%29.jpg

SCP-1395の入口

アイテム番号: SCP-1395

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 財団エージェントはギリシャおよび欧州連合の政府と協力してSCP-1395の公共知識を抑制します。高さ3m、幅20mの有刺鉄線フェンスがSCP-1395への無許可アクセスを防ぐために設けられ、最低3ヶ所の警備員駐在所が周囲に配置されます。SCP-1395へのアクセスを試みる無許可の民間人はクラスB記憶処理を施され、他の場所へと誘導されます。

説明: SCP-1395はギリシャ、████山の近辺にある洞窟です。洞窟内に存在する人間の遺骨や遺物の炭素年代測定は紀元前███年頃に初めて人間が居住したことを示唆しており、SCP-1395-Aが主張する歴史とも一致しています(下記を参照)。財団職員が実施した調査は少なくとも500mの奥行きを示唆します。更なる洞窟探査が予定されており、承認待ちです。(この要請は今後受理されません。補遺1395-Aを参照)

SCP-1395の異常特性は人間が洞窟内を約300m進むと発現します。この地点に到達するとSCP-1395-Aが出現し、洞窟の奥へ繋がる道を塞ぎます(この行動に明白な敵対的意図は伴いません)。SCP-1395-Aはヒト型実体であり、観察者の前には身長およそ1.8mのシルエット状の幻影として出現します。SCP-1395-Aは洞窟から出る試みを強引に妨害することはありませんが、SCP-1395-Aと遭遇した人物のうち██%は、観察者が傍に留まるのをSCP-1395-Aが強く望んでいたと報告しています。

SCP-1395-Aは██████████という名を自称し、紀元前███年頃に古代ギリシャの都市国家カリストゥスに住んでいた人物であると主張します。SCP-1395-Aは未知の手段で洞窟に“縛られて”おり(インタビューログ参照)、その外部には出現できないようです。SCP-1395-Aは遭遇した人物の母国語で話しますが、質問を受けると、ギリシャ語アッティカ方言で話しているはずだと主張します。

何らかの集団に属する人物から接近されると、SCP-1395-Aは対象者との会話を行い、自ら主張する過去生の説明と再想起から喜びを感じている様子を見せます。交流に続いてSCP-1395-Aは消失し、交流に関する全ての記憶が対象者の精神から消去されます。これは筆記資料にも同様の影響を及ぼし、遭遇時に物理表面に描き込まれた内容は、どのような材質の媒体であっても判読不可能になります。しかしながら、デジタル記録は影響を受けないため、SCP-1395-Aと交流する時は記録装置が必要になります。

財団職員から発見されて以来、SCP-1395-Aは一貫して協力的です。その異常性をより良く理解するために、更なるインタビューが推奨されています。

補遺-1395-A: ████/██/██に行われた探査中、研究員たちはSCP-1395-Aと遭遇せずに深度███mまで到達しました。報告によると、この時点で探査チームは移動できなくなり、彼らが所持していた全ての装備品の機能が停止しました。██████博士は簡潔に[編集済]であると主張した直後、緊張性ショック状態に陥ったため、医療支援を受けるために洞窟の外へ搬送されました。この事件について質問されたSCP-1395-Aは「私の仲間になろうとするな」と返答し、即座に消失しました。SCP-1395-Aと██████博士は両者ともに現在までこの事件についての話を拒絶し続けており、██████博士は「たとえ私が語っても君たちは理解できないだろう」と主張しています。

この事件以降、500m地点より先への探査を提唱する調査要請は前以て全て却下されることになりました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。