SCP-1402-JP
rating: -8+x
blank.png

アイテム番号: SCP-1402-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1402-JPが存在するアパート及びその周辺を封鎖し、一般人の侵入を防いでください。SCP-1402-JP内部への侵入は可能な限り控え、発見当時の状態を維持してください。例外として、田原氏の遺体はサイト-81██に収容され、研究が行われています。

説明: SCP-1402-JPは滋賀県高島市に存在する「ソレイユ・エスポワール」と呼ばれていたアパートの101号室です。SCP-1402-JPの表札にはネームプレートの代わりに"怪奇部門 (Department of Abnormalities)”という小さな金属製プラカードが嵌め込まれています。また、SCP-1402-JPの窓や換気口といった外界に繋がる箇所は全て溶接加工が施されています。この溶接加工が施された正確な時期1や施した人物、その目的は未だ不明です。また、出入り口となるドアにも同様に溶接痕が確認できますが、つなぎ目部分が破断しているため開閉することが可能であり、SCP-1402-JP内部へと侵入出来ます。SCP-1402-JPの内部構造自体は当該アパートの他の部屋のそれと変わりありませんが、後述するベッドと椅子を除いたSCP-1402-JP内部に存在する物品は全て大量の煙草の空き箱に置換されています。

SCP-1402-JP発見当初、SCP-1402-JP内部には田原 英二の遺体が存在していました。遺体はベッドの上に仰向けの状態で放置されており、口には一本の煙草が咥えられています。この煙草は吸引や排出といった気流の変動が確認されないにも関わらず一定の間隔で点滅しており、先端から白煙を生じさせ続けています。また、この煙草には消費の兆候が一切見受けられません。

ベッドのすぐ傍にはアンティーク調の木製の椅子が設置されています。椅子の背もたれ部分には黒スーツのジャケットが掛けられており、座面には封が切られた煙草の箱が置かれています。箱には煙草が消費されずに入っていましたが、これらには一度水に浸かったような潤けた跡が確認できます。なお、SCP-1402-JP内部に存在する煙草、またその空き箱は全て同一の銘柄です。

SCP-1402-JPは2023年10月2日に一般人からの通報によってその存在が認知されました。当時、当該アパートは2019年に起きた管理者の自殺によって放置された状態であり、加えて所在地が街の周辺部であったため、近隣住民も滅多に近づかない場所として有名でした。エージェントが現場に駆け付けた際、SCP-1402-JPの周辺には通報者を含む多くの人が集まっていました。彼らにはその場でAクラス記憶処理が施され、ネット上に拡散されたSCP-1402-JPに関する情報は全て削除されました。

市役所のデータベース上では田原氏は当該アパートから転居したと記録されており、SCP-1402-JP内部で未だに生活していた詳細な理由については不明ですが、「管理者がいなくなったことで家賃を払う必要が無くなったため、そのままSCP-1402-JPに留まり続けた」という説が支持されています。この行動は、田原氏と血縁関係にある人間が全員他界していることや、友好関係のある人間がいなかったことから、誰からも把握されていませんでした。田原氏の目撃情報や監視カメラの映像、SCP-1402-JP内の状況から、田原氏は2020年9月の上旬~中旬に死亡したと推測されています。しかしながら、死亡日から発見日までの経過時間が長期であるにも関わらず、何故白骨化していないのかは不明です。

また、検死の結果、田原氏の死因は大腸がんによる病死であることが判明しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。