SCP-1416
rating: +1+x

アイテム番号: SCP-1416

オブジェクトクラス: Safe

SCP-1416-1は以前はSCP-1416と指定されていた異常オブジェクトでしたが、20██年██月██日時点では財団は所有していないということが明らかになりました。したがって、以下の特別収容プロトコルはSCP-1416-1の実験中に生成されたSCP-1416-2の残存サンプルのうち、20██年██月██日から20██年██月██日の間に生成されたものにのみ適用されます。

特別収容プロトコル: SCP-1416-2の生成物はセクター-25の安全棟-Cにある標準的な冷蔵保存装置内でラベル付きの気密容器に入れて保管してください。SCP-1416-2の残存供給量が非常に限られていることと、以前の実験で生じたセキュリティ上の問題が解決されていないため、さらなる実験の提案はセクター管理官に書面で提出してください。

説明: SCP-1416は現在、SCP-1416-1を使用して製造された14種類の冷蔵された液体物質(SCP-1416-2)で構成されているサンプルですが、SCP-1416-1は既に収容されていません。化学的には、各サンプルは純粋な蒸留水、SCP-1416-1由来の微量なミネラル、ヒト組織試料由来の生物学的物質で構成されています。現存するサンプルの完全な目録は以下の通りです(補遺-1416-01を参照)。

高等霊長類がSCP-1416-2を摂取すると、1~3秒間の非常に不規則な脳活動が誘発され、脳波上では顕著なガンマ波として記録されます。被験者に尋問した場合、ほとんど例外なく、この期間にSCP-1416-2サンプルを調合するために組織が使用された人物の全生涯を経験したと主張します。被験者はさらに提供者の人物に関して以前には知られていなかった相当量の情報を伝えることが可能ですが、被験者はその経験中に自分の本当の同一性についての記憶がなかったと述べています。

補遺-1416-01:

SCP-1416-2調合番号 生成日時 組織/提供者 備考
1416-2-1 不明 人差し指/男性、コーカソイド系、30~40代 収容前のSCP-1416-1の中から見つかった組織 - 実験的に完全な状態では抽出されていない可能性が高い。
1416-2-2 20██年██月██日 末節骨/男性、黒人アフリカ系、26歳 提供者には精神衛生上の問題があり、加重強姦で終身刑の裁量判決を受けている - Dクラスの対象はこの調合物を投与された後、提供者の犯罪者級と一致する異常行動を示すことが指摘されている。
1416-2-3 20██年██月██日 中節骨/男性、黒人アフリカ系、26歳 '' ''
1416-2-4 20██年██月██日 基節骨/男性、黒人アフリカ系、26歳 '' ''
1416-2-5 20██年██月██日 中節骨/男性、白人のイギリス人、55歳 対象は複数の殺人事件で198█年██月██日に有罪判決を受けた。対象から採取した1416-2サンプルの試験では事実ではないことが示された。
1416-2-6 20██年██月██日 中節骨/男性、白人のイギリス人、55歳 '' ''
1416-2-7 20██年██月██日 23mgの生検/女性、パキスタン人、23歳 被験者は生検前にSCP-1416-2を投与されていた - この種類の調合物は"入れ子になった"経験を捕捉するのに有効であると判断されたが、しばしば見当識障害と同一性の混乱を引き起こすこともある。
1416-2-8 20██年██月██日 23mgの生検/雄、オランウータン、5歳 この種類の他のサンプルではガンマ線活性を誘導する効力がないことが示されている。
1416-2-9 20██年██月██日 25mgの生検/男性、白人のイギリス人、28歳および25mgの生検/男性、パキスタン人、33歳 この種類の他の混合されたサンプルは混乱して不完全な経験を生成したが、未だ価値は限られていると思われる。
1416-2-10 20██年██月██日 17mgの生検/男性、白人のイギリス人、N/A 死産児で、有効なサンプルーサリー州███████ ████病院からの提供された組織。この種類のサンプルは、はるかに長い期間が経験されるサンプルよりも、客観的に短い期間のガンマ線活動を誘発しない点に注目すべきである。
1416-2-11 20██年██月██日 基節骨/男性、コーカソイド系、50~60代 紀元前4,000年頃の保存された死体からのドナー組織。この種の他のサンプルは効力があることが証明されている。
1416-2-12 20██年██月██日 指/男性、白人と黒人の混血カリブ族、36歳 対象は要注意団体マーシャル・カーター&ダークの協力者である疑いがあった。他にも2つの余剰サンプルがこの対象から作成されたが、その後破棄された。
1416-2-13 20██年██月██日 25mgの生検/女性、中国人、27歳 チェン下級研究員によって提供された生検。以下のバーカー博士の声明文を参照。
1416-2-14 20██年██月██日 17mgの生検/████、█████ ███████、 ██ ██-██の順に分類される。

インシデントレポート1416-████-1:

20██年██月██日、1416-2を摂取することによって生成された記憶の保持力および正確性をより十分に検証するために、リンダ・チェン下級研究員によって考案された実験手順がバーカー博士によって承認されました。この手順は、チェン研究員から提供されたパンチ生検から1416-2を数種類作製し、Dクラス被験者に投与するというものでした。

実験のリスク評価は、被験者が施設やその他の特別収容プロトコルに関する機密情報を取得する可能性を考慮して作成されました。チェン下級研究員はEuclidやKeterクラス、あるいは記憶影響オブジェクトとの関わりがなかった点が実験提案の承認に大きな役割を果たしたと考えられています。

D-3127は元ベルマーシュ刑務所の収監者で、チェン下級研究員の生検から生成された1416-2サンプルを投与され、著しく異常な反応を示しました。被験者は自分は実はチェン下級研究員であると主張し、以前にサンプルを投与した人物が現在のD-3127であると強く信じていました。彼はSCP-1416が提供者と被験者の間で意識を移入させるという理論を展開しましたが、これはオブジェクトの使用方法に関する既存の理論に反しています。

セクター管理官はD-3127が妄想を抱いているか、あるいは意図的に財団スタッフを欺こうとしている可能性が高いが、意識移入が行われた可能性を排除するためにD-3127とチェン下級研究員の両方にプロトコル552-ヘップバーンを適用するしかないと指示しました。最終的にD-3127が高レベルの尋問を受けたときの混乱および回避の兆候は、同レベルの強迫を受けたチェン下級研究員には見られなかったため、意識移入は行われなかったと結論付けられました。

チェン下級研究員にはプロトコル終了後、6ヶ月間の有給休暇が許可されました。彼女の帰国後、医療部門スタッフは彼女が仕事を再開する準備ができていることを証明することを拒否したため、彼女は財団に関する業務を辞めることを選択しました。

私はDクラス被験者がこのような方法で施設のセキュリティを操作しようとする試みを予見できなかったことと、プロトコル552-ヘップバーンの一部として精神認識論的な尋問を受けた後にチェン下級研究員が受けたその後の精神学的な問題について全責任を負います。残念ながら、インシデント1416-████-1の直後に行われたかもしれないSCP-1416-1の許可された、あるいは許可されていない使用についてコメントすることはできませんし、オブジェクトの消失を調査しているセキュリティスタッフを指揮系統に再度配属させなければなりません。- バーカー博士

補遺-1416-02:

ニールセン下級研究員による20██年██月██日時点で安全棟-Cアイテムの標準目録ではSCP-1416-1が収容されていると記録されている収容ロッカーは、実際には空であったことが判明しました。CCTV1とアクセスログの調査およびレビューが行われましたが、例外的な状況のため、このデータの多くは通常のセクターのセキュリティを超えたレベルで分類されています。SCP-1416-2の実験を通して主観的に経験した生活に関する宣誓供述書の収集を含め、任意のスタッフが最後にオブジェクトを見たポイントを再構築する試みがこれ以来行われています。

リンダ・チェン、元セクター25の下級研究員は面会の際に宣誓供述書の代わりに以下の声明文を提出することを選択しました。

私はこれを記録に残しておきたいです。もし私がやったとしたら、ハンマーで何千にも砕いていたでしょう、皆様の目の前で。それがあなた方がきっとできる唯一の方法です。考える時間はたくさんありました。それが存在する限り、あなたは自分が本当は誰なのかはわかりません。あなたはあなたかもしれません。あるいは未来の自分の人生を経験している別の誰かかもしれません。そして、あなたは疑問に思い始めるでしょう、どちらでもいいのだろうかと?誰かが死ぬのを見たら、その人ではないことが分かります。私はD-3127の遺体を彼らが部屋から出しているのを見ました。私が彼ではないことを知る唯一の方法は、私の別の1杯を飲んでいるということだけです。もっと悪いことに、 誰かが彼の1杯を飲んで、彼が私を1杯を飲むのを経験しました。わかりますか?ティーポットの死を見るまであなたには何もわからないんですよ。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。