SCP-1416-JP
rating: +3+x

アイテム番号: SCP-1416-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1416-JP-1は排水機能を取り付けた特別収容室に収容されます。収容室は1日に一度室内のSCP-1416-JP-1の血液で汚染された物品を取り替え清掃されます。SCP-1416-JP-1が異常性の発現により内出血を起こした場合は負傷部位を切開し、出血した状態にします。SCP-1416-JP-2は武器になりうる物品1を可能な限り取り除くように設計された特別人型収容室にて収容されます。職員との接触は最低限に制限されます。また実験時を除き刃物及びSCP-1416-JP-1との接触は禁止されます。

説明: SCP-1416-JPはSCP-1416-JP-1、SCP-1416-JP-2及びその2者間で発生する異常現象の総称です。

SCP-1416-JP-1は20██/██/██時点で失踪したと考えられている元木 ██という日本人女性、もしくはその存在を起源とする人型実体です。その肉体的組成は後述の転移イベントで発生する負傷を除き通常の人間との差異は発見されていません。

SCP-1416-JP-2は異常性発現まで白上 ██として生活していた日本人男性です。SCP-1416-JP-2が生存している人物(以下、被害者と記述)に対して出血、または内出血を伴う怪我を負わせた場合、SCP-1416-JP-1の転移イベントが発生します。

転移イベントが発生すると、SCP-1416-JP-1は瞬間的に消失し被害者がSCP-1416-JP-1に変異する形で再出現します。このとき消失した被害者は現在まで発見できておらず、その存在は完全に消失するものと考えられています。転移後、SCP-1416-JP-2の被害者に関する記憶が消失し、SCP-1416-JP-1の姿・言動のものと置き換えられます。再出現したSCP-1416-JP-1は転移イベント時の負傷を引き継ぎます。この負傷は出血・内出血の両方の場合で平均して毎時25mlの速度で出血が続き、再度転移イベントが発生するまで治癒される事はありません。SCP-1416-JP-1はこの出血によって失血死せず、その他の健康的被害も見受けられません。

発見経緯: 20██/██/██、██市警察署に「死んだはずの女が蘇って追い掛けてくる。」といった内容の通報が入り、駆けつけた警官が錯乱し逃げ惑う白上氏に頭部から出血した女性が付き纏っているのを発見。確保された両名の証言と女性の異常な出血から潜入エージェントが異常性の疑いありとして財団へ報告し、両名を財団管理下へ移行、その後数度の検証を経てSCP-1416-JP-1、SCP-1416-JP-2として収容されました。

以下はSCP-1416-JP-1、SCP-1416-JP-2に対するインタビュー記録です。

SCP-1416-JP-1・SCP-1416-JP-2の関係者から得られた証言では、交際時SCP-1416-JP-1はSCP-1416-JP-2に暴力やモラルハラスメントによった支配を受けており、これは現在のSCP-1416-JP-1の精神状態と一致しません。異常性の発現により精神の変容を被ったか、なんらかの要因により異常性と精神の変容が同時に発生したかは判明していません。
SCP-1416-JP-2については自己愛性パーソナリティ障害と診断されており、これは交際時点から一貫していると考えられています。

実験記録1416-JP-01:

対象: D-1416-01(男性)

実施方法: 拘束したD-1416-01にSCP-1416-JP-2がナイフで軽微な出血傷を付ける。SCP-1416-JP-1は別室で監視する。

結果: SCP-1416-JP-1は消失し、D-1416-01がSCP-1416-JP-1に変異した。SCP-1416-JP-1を撮影したハイスピードカメラはSCP-1416-JP-1が瞬間的に消失している事を示している。

備考: SCP-1416-JP-1の異常性に被害者の性別は問わないことが分かった。

実験記録1416-JP-02:

対象: D-1416-02

実施方法: 拘束したD-1416-02とSCP-1416-JP-2に簡単な会話をさせ、D-1416-02をSCP-1416-JP-1に変異させた後、SCP-1416-JP-1、SCP-1416-JP-2に会話の内容を回答させる。

結果: SCP-1416-JP-1は会話の内容を「知らない」と答えた。SCP-1416-JP-2はSCP-1416-JPは事前の記録と比べてSCP-1416-JP-2側の発言には相違がないがD-1416-02側の発言は全て脈絡のない愛を囁く言葉になっていた。

備考: SCP-1416-JP-1は過去を改変して被害者になり変わっているのではなく、あくまでSCP-1416-JP-2の記憶のみを改竄していると推測される。

実験記録1416-JP-03:

対象: D-1416-03

実施方法: 拘束したD-1416-03に局部麻酔を掛けて、SCP-1416-JP-2がその部分にナイフで軽微な出血傷を付ける。

結果: 変化なし

備考: SCP-1416-JP-1の証言から考えるに、恐らく痛覚をトリガーとして異常性を発生させていると思われる。

実験記録1416-JP-04:

対象: D-1416-03、D-1416-04

実施方法: 拘束した D-1416-03、D-1416-04をSCP-1416-JP-2が同時にナイフで軽微な出血傷を付ける。

結果: D-1416-03、D-1416-04が同時に変異を開始し、その途中で拘束をすり抜け溶けあうように融合した後SCP-1416-JP-1に変異する。これにより拘束されていないSCP-1416-JP-1がSCP-1416-JP-2に接触する事となった。SCP-1416-JP-2の記憶は D-1416-03、D-1416-04の両名ともSCP-1416-JP-1に変化していた。

備考: この実験によりSCP-1416-JP-2には数日のカウンセリングが必要となった。

追記: 数度の実験によりSCP-1416-JP-1の異常性に何度も晒された事によって、SCP-1416-JP-2の精神状態及び収容態度は収容初期と比べて明らかに悪化しています。現在実験は停止され継続的なカウンセリングが計画されています。

事件記録1416-JP-01

20██/██/██、SCP-1416-JP-2のカウンセリング中に、収容担当者である石多博士が入室したタイミングを見計らってSCP-1416-JP-2が逃走を試みました。カウンセラーの隣をすり抜け、入室中だった石多博士を突き飛ばして収容室から外に脱出しましたが、その際石多博士が扉枠の角に頭を打ち付けて出血し、石多博士はSCP-1416-JP-1に変異しました。その時点で室外に待機していた警備員に取り押さえられましが、SCP-1416-JP-2は記憶の改竄により強い恐慌状態に陥っており、鎮静剤が投与されSCP-1416-JP-1及びSCP-1416-JP-2は再度収容されました。

当事案以降、SCP-1416-JP-2は重度の抑欝症と人間不信の状態となっています。これは収容担当者であった石多博士の記憶がSCP-1416-JP-1に改変された事により、財団に対して強い不信感を持った事が原因とみられています。非対面型のカウンセリングが計画されていますが、現在までに有意なコミュニケーションをとることが出来ていません。

事件記録1416-JP-02

20██/██/██、SCP-1416-JP-2が錯乱状態に陥り収容室内を暴れまわる姿が監視カメラに記録されました。収容室内の備品を投げまわる、大声で叫ぶなどの行為を行い、最終的には収容室の壁に頭部を打ち付け始めました。その行為によりSCP-1416-JP-2が頭部から出血した時点でSCP-1416-JP-2はSCP-1416-JP-1に変異しました。警備員が駆けつけてくる頃にはSCP-1416-JP-1は収容室内で放心状態で収容室内に留まっていました。後のインタビューにより、SCP-1416-JP-1からは死亡日時と目されている日から今までの記憶とSCP-1416-JP-2に関する全ての記憶が消失していることが確認されました。SCP-1416-JP-1は自信の異常性及び財団に関する記憶を失っており、大規模な記憶の空白により精神的に不安定となっていたためカバーストーリー「交通事故及び植物状態からの回復」を適用しました。

SCP-1416-JP-2の記憶が消失したことにより、SCP-1416-JP-1の精神状態は異常性発現前の状態に戻っています。そのため現在のSCP-1416-JP-1は異常性を発揮しない状態となっていますが、SCP-1416-JP-1の異常性が消失したのか、依然と同一の条件が揃えば再度異常性を発生させるのかが判明していないため、Neutralized化は行われず収容は継続されます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。