SCP-1430
rating: +2+x

アイテム番号: SCP-1430

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1430はセキュリティコードでロックされた収容器に保管してください。実験目的以外で4時間以上連続してSCP-1430に曝露することは禁止されています。さらに、レベル1セキュリティクリアランスを持つ全職員は、いかなる手段を用いてもオブジェクトに直接接触することは明示的に禁止されています。2009/██/██現在、Dクラスの対象のみを実験に使用してください。
2010/██/██時点で、サイト管理官の命令によりSCP-1430の実験は無期限に中止されています。

説明: SCP-1430はベイマツの木を彫って製作された杖で、端から端までの長さはおよそ115.57cm、重さは3.2kgです。杖の上部には████████大学(オブジェクトが回収された最初の場所です)の印章があり、成人の男女がそれぞれ鎖を破壊し、松明を持っている姿が描かれています。

SCP-1430が対象によって把持された際、彼らは自分が十分な知識を持っている学術的な話題について話したいという衝動に満たされていると報告します。対象が正式な中等教育や高等教育を受けていない場合、自分が知識があると個人的に確信しているテーマについて話さざるを得ないと感じます。事実上、すべての対象は10分間の連続曝露の後に強制的に発話をし、一旦話し始めると、空腹や脱水などを無視し身体的な要求に関係なく話し続けるようになります。この効果はSCP-1430を把持している全ての対象に及びます。

約1時間半発話を続けた後、対象の発言は徐々に当初のトピックから離れ、対象の宗教的知識に関係なくメソジストのキリスト教に関連したものになります。最終的には、対象者はメソジストの話題、具体的にはオブジェクトが最初に回収された████████大学のある牧師████████博士の教義についてのみ話すようになります。この時点では、対象は分離に積極的に抵抗するものの、SCP-1430を取り上げることに問題はありません。

4~5時間にわたって中断なく曝露した後、対象はメソジストキリスト教に関連する話題について発話することを止め、代わりに暴力的な犠牲の儀式と実践を特徴とする、これまでに公にされていない宗教について説明する状態に陥ります。この時点で、SCP-1430を対象から分離することは永久的な心理的および神経学的損傷を引き起こすことになります。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。