SCP-1452-JP
rating: +86+x
blank.png

アイテム番号: SCP-1452-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1452-JPはペーパーフィルターを設置した状態で準破壊的オブジェクト収容室に保管されます。収容室は動体検知カメラによって24時間監視され、カメラに反応があった場合武装した保安スタッフが投入されます。SCP-1452-JPに関する実験は凍結されています。

coffee_dripper.jpg

SCP-1452-JP

説明: SCP-1452-JPは、設置されたペーパーフィルターの間隙に異常空間へ接続するポータルを生成するプラスチック製のコーヒードリッパーです。SCP-1452-JPの影響を受けたフィルターの上部から間隙を通過した物質は異空間(SCP-1452-JP-Aに指定)へと転送され、代わりにフィルター下部からはほぼ純粋な水 砂糖 食塩が発生します。新たなフィルターをSCP-1452-JPに設置した場合、それまで異常性を有していたフィルターは異常性を失います。穴などの欠損部はその大きさによってポータル生成の対象になるかどうかが変化します。ポータルが生成される欠損の大きさの最大値はフィルターの総面積によって決定されることが判明しており、最大値を超える穴などの欠損にはポータルが生成されません。

SCP-1452-JPは民間人に発見され、インターネットフリーマーケットサービスで「コーヒーを淹れたはずが水しか出てこないコーヒードリッパー」として販売されていました。財団はこれを回収し「異常なろ過能力を持つコーヒードリッパー」としてAnomalousアイテムへ登録しましたが、そのろ過能力が注目され複数の実験を実施した結果異常性が変化し、SCP-1452-JPはSCPオブジェクトとして再登録されました。以下はSCP-1452-JPの変化とSCP-1452-JPに関するプロジェクトの時系列です。

日時 イベント
2017/4/6 民間人によりSCP-1452-JPが出品される。
2017/4/7 財団がSCP-1452-JPを補足。回収作戦の実施。
2017/4/9 SCP-1452-JPに設置されたコーヒーフィルターを通過したコーヒーがほぼ純粋な水に変換されていることが実験により実証される。Anomalousアイテムとして登録される。
2017/9/22 ろ過能力に関する調査プロジェクトが開始される。
2017/10/2 コーヒー以外の水溶液に対しても同様の効果が実証される。
2017/11/8 水溶液の通過中の質量変動から水溶液がろ過の最中に異空間に転送されている可能性が提唱される。
2017/11/20 異空間転送説がほぼ確定的な事実として認められる。転送用ポータルに関する研究の開始。ろ過実験の対象拡大。
2017/12/10 いくつかの化学物質のろ過実験のあと、突如フィルター下部からの物質の出現が停止する。実験計画の一旦凍結が決定。
2018/4/5 標準収容ロッカーに収容中であったフィルターから少量の砂糖が発生していることが発見される。実験が再開される。
2018/4/6 フィルター下部からの物質の再出現が確認される。ただし発生する物質は水から砂糖へ変化していた。発生量は上部からポータルを通過した液体とほぼ同体積である。
2018/4/7 SCP-1452-JPがSCPオブジェクトに指定される。異常性の変化を受けて水溶液による実験の停止が決定される。以降は液体としてほぼ純粋な水のみが用いられることが決定された。
2018/6/2 固体がポータルを通りSCP-1452-JP-Aに侵入するためには、フィルターの間隙を通過する際に固体の全体が液体に浸かっている必要があることが判明。
2018/6/11 SCP-1452-JP-A探査人員派遣のための巨大ペーパーフィルター作成プロジェクトが開始される。
2018/11/4 SCP-1452-JP-Aの探査が開始される(探査記録を参照)。
2019/6/30 フィルター下部から多少の不純物を伴って食塩が不定期に出現するようになる。一方でSCP-1452-JP-A内への液体流入に伴う砂糖の発生は観測されなくなる。

探査記録: 以下は機動部隊い-32の隊員3名によって行われた、SCP-1452-JP-A内部の探査の記録です。SCP-1452-JP-Aへの侵入は、人間が通れる大きさの穴をあけた巨大なペーパーフィルターを作成しSCP-1452-JPに設置することで実現されました。人員の転送は次の手順で行われます。まず固定したフィルターの穴に蓋を設置し、その上に耐水装備を装備した人員を配置します。その後、2 m ~ 3 mの高さまでフィルター内に水を注入します。最後に人員によって蓋が外され、条件を満たした機動隊員はあけられた穴を通ってSCP-1452-JP-Aに転送されます。

探査記録1452-4を受けて、現在SCP-1452-JP-Aの探査は一時停止されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。