SCP-1453
rating: +4+x

アイテム番号: SCP-1453

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1453は二重キーロック付の標準格納収容金庫に保管してください。いかなる場合でも職員はSCP-1453に触れてはならず、危険物用ギアを着用している場合においても同様です。SCP-1453の移動が必要になった場合には、ロボット装置で移動させてください。SCP-1453に関連するあらゆる研究はビデオ機器を用いて文書化されなければいけません。

SCP-1453に関わったことのある財団管理下の人物が重大な無認可の不法行為(財団の内部管理組織あるいは外部司法機関によって)で告発された場合、財団の弁護士はすべての有罪証拠およびSCP-1453に関連するセキュリティ記録の両方を再検討してください。被告がSCP-1453に物理的に接触した場合、明確な法令が適用されます。不法行為が財団内部で処理されている場合、この証拠は関連する不法行為に関する審問で許容されるとみなされなければいけません。不法行為が外部司法機関で処理されている場合、裁判手続き終了後に被告人に有罪判決が下された場合に被告を財団監督下に引き渡してください。その後、被告とSCP-1453との接触が証拠として採用され、外部司法機関と同じ法的基準に従った非公開の財団審問によって不利益なく再審理されます。

説明: SCP-1453は長さ約3cm、幅約2cm、厚さ約1cmで、光沢のあるカットされた黒いファイヤーオパールです。

SCP-1453に触れたいかなる人物も、自身の評判やコミュニティ内での良好な地位を破壊する可能性のある重大な犯罪で告発されます。告発はSCP-1453に触れてから1週間から6ヶ月以内に行われます。物理的接触から告発が起こるまでの時間の長さはランダムのようです。SCP-1453は元々それを所有する個人または組織に影響を与えると考えられていましたが、現在では単にそれに物理的に触れた個人に影響を与えることが知られています。加えて、SCP-1453の結果として告発が2回以上多くなされた例は知られていません。

SCP-1453に関連する訴訟の原告は常に個人および第三者の証言、証拠物件、記録資料、および/または実証的証拠を含む補強証拠1を提示します。この証拠の出所とそれがどのような手段で原告の手に渡ったかは現時点では全く不明です。原告と被告との間には常に事前に関係がありましたが、この関係の状況は様々(友人、同僚、配偶者、家族など)です。全ての原告はこれまでの過去の見解や関係にかかわらず、被告人を代表して証言している証人も同様に、誠実な態度で臨んでいるように見えます。全ての被告は同様の明らかな誠実さをもって無罪を主張します。

SCP-1453の知識が証拠として採用されていない関連司法手続または行政手続において、被告が有罪または過失と認定される頻度は、SCP-1453が関与していない類似の事件における被告の場合よりも15%高いです。これが統計的異常を意味するのか、あるいはSCP-1453が訴訟手続の公平性に影響を与えたこと示しているのかどうかは不明です。

これまでのところ、SCP-1453に接触した人々に対するすべての申し立てがその影響によるものであったのか(従って誤りであったのか)、あるいはこれらの人々が実際に告発された罪を犯したのかを判断することは困難であるとされています。しかしながら、現在SCP-1453を所持していたか、あるいは過去6ヶ月以内に接触した人物に対してなされた申し立ては、SCP-1453の影響に関する知識が考慮されているかどうかの精査に耐えうるものであるかは財団の知る限りでは示されていません。

SCP-1453は少なくとも紀元前3世紀から存在していたと考えられていますが、20██年まで財団の所有物ではありませんでした。

補遺: SCP-1453に関連する既知の告発
以下はSCP-1453に接触した人物に対する既知の告発リストです。各被告の個々の状況を考慮すると、これらの申し立てはいずれも被告の評判と地域内での良好な地位を破壊する可能性があることに留意してください。

  • 汚職
  • 神への冒涜
  • セクシャルハラスメント
  • 性的暴行
  • 近親相姦
  • 獣姦
  • 殴打
  • 暴行
  • 誘拐
  • 背信
  • 強姦
  • 呪術
  • 殺人
  • 剽窃
  • 反逆罪
  • 財団の収容違反の原因
  • [データ削除済]
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。