SCP-1495
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-1495

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 通常の条件下では、 SCP-1495はサイト██の専用囲い内で財団の大型陸生哺乳類用の動物学的収容基準に従って飼育および給餌してください。SCP-1495-2から-15を飼育することになった人物はコミュニケーションを簡略化するために愛称を使用することが許可されます。

番犬やその他の家畜を囲いの中に入れないでください。小型の齧歯類を除き、囲い内で発見された近くの哺乳類の動物相は発見時に除去するか終了してください。

承認された実験に使用されない限り、SCP-1495との交流に割り当てられたDクラス職員が暴力的な重罪人と知られたり推測されたりしてはいけません。SCP-1495-M-1実験に使用されるDクラス職員はこの基準の対象ではありませんが、その経歴は実験前に文書化しなければなりません。

SCP-1495群の一員は自由に囲い内の中を歩き回ることができます。SCP-1495の追加の雌検体が野生で発見された場合、捕獲してサイト██の群れに編入してください。野生の雄が発見された場合は記録および研究されますが、SCP-1495-Mの未収容実例を防ぐためにその年の8月15日までに終了してください。SCP-1495-Mイベント中に雄が発見された場合、直ちに終了してください。

SCP-1495-Mイベントが発生する前に、雄にはSCP-1495-M-1を収集するためのタンクを備えた頭部バイパスを装着させてください。囲い全体を点検し、収容エリア内近くに動物がいないことを確認してください。

SCP-1495-Mイベント中、SCP-1495-2、SCP-1495-3、およびSCP-1495-4は、囲いの遠端にある3つの独立した環境制御型鉄檻に鎖でつないでください。檻は厚さ1.5mの鉄筋コンクリート製の高さ5mの壁で囲まれています。SCP-1495-2、SCP-1495-3、およびSCP-1495-4は1495-Mの期間中は常に別々の小部屋に配置してください。この種の監禁状態で1495-Mを短縮するためにSCP-1495-2、SCP-1495-3、およびSCP-1495-4には食物や水、または薬は提供されません。

説明: SCP-1495はLoxodonta africana(アフリカゾウ)に類似した外見を持つ未知のゾウの群れです。群れは3頭の雄SCP-1495-(2、3、および4)と現在8匹の雌SCP-1495-(5、7、8、9、10、11、13、および15)で構成されています。すべての対象は非常に知能が高く、頭蓋はLoxodonta africanaより約10%大きいことが観察されました。彼らは一般的に飼育員に対して従順です。対象は人間の発話に反応し、老齢の対象は1000語以上の英単語を理解します。SCP-1495との有意義なコミュニケーションを実現するための試みがなされています。

雌: 雌対象の多くは頭蓋が大きく、知能が高く、平均寿命が長い(75〜85年と考えられています)ことを除いて生理学的にはLoxodonta africanaと同一です。最近の実験では雌は飼育員とのコミュニケーション能力が高いことが示されています(補遺1495-A4参照)。

雄: 一般的に雄はLoxodonta africanaとほぼ同一ですが、他にもいくつか注目すべき相違点があります。性成熟期に達すると、雄のSCP-1495は特に回復力が強くなり、加速度的に負傷を治癒します。この時点では、老化も止まっているように見えます。研究員たちはこの3頭の雄の年齢を推定することができませんでした。最も注目すべき点は、雄が他の哺乳類の行動を指示することが観察されていることです。これらの哺乳類は自発的に協調して行動したり、同様に攻撃を行ったりします(補遺参照)。

SCP-1495-M: 年に1度、通常は秋季の中旬に雄はSCP-1495-Mを経験します。この状態はマスト(musth)として知られる雄の象が経験するホルモン異常の期間と類似しています。SCP-1495-Mは通常のマストと同様に、非常に攻撃的な行動とテンポリンと呼ばれるタールのような分泌物を伴います。SCP-1495により分泌されたテンポリンをSCP-1495-M-1と記載します。SCP-1495-M-1の匂いはSCP-1495-Mイベント近辺から除去された後数時間続く上に大部分の動物に対して複合的な攻撃効果を有するので、雄は隔離されるべきです。

化学分析実験:
ラッド博士が実施した実験ではSCP-1495-M-1が何種類かの哺乳類の攻撃行動を誘発することが判明しましたが、霊長類への影響は示されていません。ヒトにとって、SCP-1495-M-1は低刺激的で心地よい香りです。SCP-1495-M-1をDクラス職員に注射したところ、急速に疾患が治癒したようでしたが、ほとんどのDクラスは最終的に心不全を発症して約2時間後に死亡しました。実験における唯一の例外はD-19-0777であり、財団の観察下にあります(補遺1495-A3を参照)。

SCP-1495-M-1にはSCP-500で発見されたある種の未知の化学物質に類似した化合物が含まれています。これらの物質に関するさらなる実験は承認待ちです。ラッド博士による注:キシラジンを使用してSCP-1495-Mの効果を減らそうと試みたところ、SCP-1495-M-1の分泌物はこれらの特性を欠いていましたが他の哺乳類への影響は変化しませんでした。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。