SCP-1551
rating: +5+x

アイテム番号: SCP-1551

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 2名のエージェントが、民間人を装ってアルゼンチンの████ █████町に潜伏することになっています。潜伏したエージェントは、SCP-1551の定期的な監視を継続するために、12████通りに購入した家屋に移住します。SCP-1551から30m以内に立入った民間人全てに対して尋問を行い、SCP-1551-X実例でないと判断された場合はクラスC記憶処理を施して解放してください。SCP-1551-Xの新たな実例に対しては、SCP-1551に立入る前にSCP-1551に関連する事象を経験したかどうかを確認するためにインタビューが行われます。この時点では、SCP-1551の居住者が収容エリアを離れることに対する予防措置は不要です。

説明: SCP-1551はアルゼンチンの████ █████に存在する家屋です。SCP-1551は人物を対象とした一連の出来事の反復と関連しており、最終的には状況に応じてSCP-1551に居住することを余儀なくされます。これらの人物には個別に番号が割り当てられており、SCP-1551の下で最初に知られている人物はSCP-1551-01、2番目の人物はSCP-1551-02、3番目の人物はSCP-1551-03などというように呼称されます。SCP-1551に住んでいた前の人物が死亡した場合、SCP-1551に関連した一連の事象が繰り返されます。19██年時点の報告によると事象は23回繰り返され、現在の人物はSCP-1551-23となっています。ほぼすべての反復は前の人物の自殺から始まっていますが、唯一の例外は修理中にSCP-1551の屋根から転落した事故によるものです。

これらの事象の正確なメカニズムは現在のところ不明であり、複数の見解が議論されています。さらなる情報については文書1551-01Tを参照してください。SCP-1551に関連する事象の暫定的な見解が確立されました。さらなる詳細は補遺1551-Tを参照してください。

SCP-1551は非常に荒廃した状態の家屋の外観をしています。当該建物自体は、事象に起因するものを除いて異常な特性を示すことは知られていません。調査は継続中です。さらなる詳細はインタビュー記録1551-23-02を参照してください。SCP-1551にはキッチン、リビングルーム、3部屋のベッドルーム、2つのバスルームがあります。家屋には機能する配管、暖房、および電力がありません。家屋自体には基本的な家具のみ存在し、現在のSCP-1551-23は主に台所で生活しています。SCP-1551-23はアシュケナージ系ユダヤ人男性で、年齢はおよそ43歳です。対象はSCP-1551の修理に全ての時間を費やしています。この作業は一人の人物では不可能です。彼がSCP-1551外で確認できるのは裏庭の手入れをする時だけであり、この土地の中で唯一草木が生い茂り荒廃した状態ではないエリアです。SCP-1551-23は財団職員に完全に協力的であり、この土地に█年間居住していますが、これは財団管理下に置かれてからSCP-1551に居住していた人物の中で最も長い期間です(平均は3か月)。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。