SCP-1558-JP
rating: +9+x
medium.jpg

SCP-1558-JP-Aの証言によって再現された
シガスタン共和国の国旗

アイテム番号: SCP-1558-JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル(改定版): 現在、SCP-1558-JPはサイト-8115の収容室に収容されています。収容室の周囲には武装した機動部隊員を最低5名以上配置しなければなりません。SCP-1558-JPを用いたシガスタン共和国への入国が許可されるのはO5評議会によって承認され、且つミーム汚染対策の訓練を充分に受けた、セキュリティクリアランスレベル4以上の職員に限定されます。

インターネット上にSCP-1558‐JPがアップロードされていた場合、直ちにプロバイダーへ圧力をかけ閲覧を遮断しなければなりません。遮断後はカバーストーリー「違法海賊版サイトの摘発」を適用し、運営者を追跡調査により拘束した後にSCP-1558‐JPを速やかに回収して下さい。

現在、最も優先されるべきは日本生類創研からSCP-1558-JPを回収すること及び、生存しているシガスタン共和国国民の捜索です。日本生類創研以外でSCP-1558-JPが発見された場合の対応は改定前と同様です。日本生類創研の秘密施設が存在すると推測される場所は全て調査して下さい。また、日本生類創研の構成員はできる限り拘束してサイト‐8115へ移送して下さい。

生存しているシガスタン共和国出身者を発見した場合、担当職員は対抗ミームを摂取した上で丁重に身柄を保護し、簡単なインタビューを実施した後で速やかに帰還させて下さい。

説明: SCP-1558-JPはスクウェア・エニックス社によって20██年から20██年にかけて月刊少年ガンガンで連載された少年漫画作品「██████」の漫画本セットです。SCP-1558-JPは全27巻で構成され、描かれている絵柄に通常版と差異は見られません。SCP-1558-JPのサンプル解析結果からは異常性を検出できませんでした。

SCP-1558-JPの内容について特筆すべきは、作中舞台の地名が一部異なっている点にあります。SCP-1558-JPでは通常版と異なり、主人公達が活動する国名が「██████」ではなく「シガスタン」とされています。作中で描かれている国旗及び国章のデザインも改変されていて、この描写は1巻から最終巻にかけて一貫しています。それ以外の描写については通常版と同様であり、ストーリーそのものも改変されている訳ではありません。

SCP-1558-JPの異常性はSCP-1558-JP全ての巻を読了した際に発現します。SCP-1558-JPを全て読了した読者(SCP-1558-JP-Aに指定)は読了してから最も近い場所の扉を通過すると、「シガスタン共和国」と呼ばれる異世界へ転移します。財団側の世界(「基底世界」と定義)へ帰還の際は同じ扉を再び通過することで可能となります。これ以降、SCP-1558-JP-Aは任意のタイミングでシガスタン共和国へと転移できるようになります。Dクラス職員を使った実験では、GPSやその他の通信機器は全てシガスタン共和国への侵入直後に途絶する結果に終わりました。

これまでのSCP-1558-JP-Aの証言により、シガスタン共和国は平行世界の中央アジアに存在するテュルク系民族で構成された共和制国家で、高度な錬金術1が発達しており、錬金術を背景とした強大な軍事力や技術力を有していることが確認されています。以下は、報告の中でも特筆すべき事項を纏めたものです。

  • シガスタン共和国の錬金術では近代科学の発展で否定された金属の錬成を可能にしていること。
  • 「ミスリル」と呼ばれる鉱石が錬金術のための資源として広く用いられていること。
  • 錬金術を用いた技術が公共機関や一般家庭にまで広く浸透していること。
  • 一部の軍人や警邏は未知の技術で肉体を改造している可能性があること。

なお、財団及び基底世界側の存在をシガスタン共和国が認知しているかは不明ですが、シガスタン共和国側から基底世界側へ干渉されたとの事例は現在までに報告されていません。

1度でもシガスタン共和国へ転移したSCP-1558-JP-Aはシガスタン共和国の技術や文化を称賛するようになり、シガスタン共和国や錬金術が実在するという情報を積極的に拡散させようと行動するミーム汚染を発症します。この時、SCP-1558-JP-Aが発信するシガスタン共和国における錬金術の情報はミーム汚染の媒介となり、新たに感染した人物も同様のミーム汚染を発症します。このミーム汚染はクラスA記憶処理で除去することが可能です。

上記の事柄が明らかになった後、シガスタン共和国が基底世界へ侵攻する可能性及び、基底世界に関心を抱いたシガスタン共和国側からの来訪者によるミーム汚染拡大が懸念されました。O5評議会はシガスタン共和国への不干渉を賛成多数で決議し、最初の特別収容プロトコルを制定しました。現在、シガスタン共和国への探索は禁止されています。O5評議会の指示があるまで保留とされています。

発見経緯: SCP-1558-JPは201█/██/██、長野県██市の古本屋で発見されました。当時、この古本屋では「████の錬金術は実在した!読むだけで████の世界へ行けます!この感動を是非体験して下さい!」と宣伝し、SCP-1558-JPのセットを販売していました。そこへ偶然休暇中だった財団職員がSCP-1558-JPを発見、客としてSCP-1558-JPを購入する形で回収しました。古本屋の経営者である佐藤氏は財団によって拘束され入手経路について尋問が行われました。

以下は尋問の様子を記録したものです。

対象: 佐藤 ██氏(古本屋の経営者)

インタビュアー: 土橋博士

付記: 拘束から3回目の尋問。これまでの尋問から、佐藤氏はSCP-1558-JP-Aであることが判明している。また、尋問の過程でミーム汚染の性質が判明したことから、土橋博士は対抗ミームを事前に接種している。

<録音開始>

土橋博士: では佐藤さん、あちらの漫画本をどのように入手したのか教えて頂けませんか?(そう言って、SCP-1558-JPのセットを指差す。)

佐藤氏: どのように…と言われましても。

土橋博士: では、質問を変えましょう。あちらの漫画本はどのような方がお売りになったのですか?

佐藤氏: あぁ、それでしたら覚えていますよ。結構特徴的な恰好をしていましたから。確か和服を着ていて、やや恰幅が良くて、鼻先に少し髭が生えている初老の男性、といった感じだったと思います。売買する時の署名も貰ってますよ。えーと、「西河陸美」という方ですね。

土橋博士: 他に特徴と言えるようなことはありませんでしたか?

佐藤氏: 他にと言われても…そうだ、会計の時に少し変わったことを言ってましたね。

土橋博士: 変わったこととは?

佐藤氏: 「これはもう私には必要のないものだから、必要としてくれる人に売ってほしい。あなたなら信用できるから。」と。あのお客さんとは初対面で、今考えるとどう考えても不自然なことを言われていたはずなのに、あの時はどこか懐かしい感じがしてつい応じてしまったんですよね。それから商品のチェックをしてみたら、物凄くドラマチックなことだらけで年甲斐もなくワクワクしてしまいました。錬金術ですよ?錬金術が本当にあったんですよ!あのお客さんは本当に素晴らしい贈り物をして下さいました。

土橋博士: そうでしたか…では、もう1つ質問させて下さい。その素晴らしい贈り物であるはずのあちらの漫画本をどうして売り出すことにしたんですか。せっかく素晴らしい体験を独占できるかもしれなかったのに。

佐藤氏: あなたこそ何を仰るんですか!あの素晴らしきシガスタンの地を、浪漫あふれる錬金術の存在を広めるなと言う方が無理があると言う物でしょうが!私の友人に読ませたら大興奮していましたよ!生きていてこんなに胸が熱くなるような思いに駆られたのは初めてかもしれないって。私はあの時ほど今の職を続けていて素晴らしいと思ったことはなかったかもしれません。…あぁ、そうだ大事なことを言い忘れていました。

土橋博士: 何でしょうか。

佐藤氏: 実はあの漫画セット、1組だけではないんですよ。全部で50組くらいはあったと思います。

<録音終了>

終了報告書: 尋問終了後、直ちに店内の在庫調査が行われたが、確保された1セットを除く全てのSCP-1558-JPが売却されていたことが確認された。その後の財団の追跡調査で大半が回収されたが、現在も複数のセットが行方不明のままとなっており、要注意団体へ渡った可能性も指摘されている。なお、佐藤氏の友人及びその関係者にはクラスA記憶処理が行われた。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。