SCP-1579-JP
rating: +28+x
1579.png

画像処理を施したSCP-1579-JP。当画像がイエイヌに見えた場合は直ちにミームハザード対応チームに報告されます。

アイテム番号: SCP-1579-JP

オブジェクトクラス: Euclid Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1579-JPはサイト-81██の大型収容室の中央にて収容されます。SCP-1579-JPの移動または実験にはセキュリティクリアランスレベル3以上の職員と担当主任研究員の承認が必要であり、参加職員は実施以前に本報告書の概略を閲覧します。なお、SCP-1579-JPが収容されている収容棟に動物を持ち込む際にも同様の承認が必要です。また、サイト-81██では動物アレルギーを持つ財団職員は列記され、そのアレルギー反応が対象生物の前で生じなかった場合は即時の報告義務が課せられます。SCP-1579-JPの影響による虚偽のペットや家畜の登録が発見された場合、飼い主に対し記憶処理を行うとともに、その登録を抹消します。

[更新] SCP-1579-JPの収容や実験に参加する職員にはクラスB記憶処理が用いられます。SCP-1579-JPを収容するサイトで動物が確認された場合、機動部隊う-11("貞操帯")は速やかに対象を確保し記憶処理を実施します。なお、SCP-1579-JPを収容した経歴を持つサイトでは仮装を伴う催し物が完全に凍結されます。

現在、██市の住民はSCP-1579-JP-Aである疑いがあるという見解から、██市に在住歴のある人物への記憶処理が順次実施中です。これと並行して市内の畜産施設やペットショップ等の施設や家庭にて飼育されている動物に対してもカバーストーリー『防疫処置』を適用した記憶処理が進められていますが、現状SCP-1579-JPの収容違反は完全に抑制できていない可能性がある点に留意してください。

説明: SCP-1579-JPは認識改変効果をもたらす彫像です。SCP-1579-JPは正面に『クレオ像』と刻印された石像であり、台座にはSCP-1579-JPは伝説の飼い犬を称えて制作されたと解説した文章が彫刻されています。なお、SCP-1579-JPは後述する認識災害下では1頭の日本犬1もしくはその交雑種と観測されます。SCP-1579-JPは伝統的な建材と技法を用いて製作されており、100年単位の経年劣化の兆候が見られます。しかし、いかなる分析もSCP-1579-JPの製作年は古くとも2000年代という結果を示し、これらの特徴は発見経緯から制作年の偽装のために意図的に加工されたものであると推定されています。

SCP-1579-JPによる主な特異現象は、SCP-1579-JPの周囲最大で半径50km内の散発的な範囲に加えて(事案1579-JP-01を受け更新) 15.1m以内の被験者(以下、SCP-1579-JP-Aと呼称)に対し発生します。SCP-1579-JP-Aは対象種全般への感情にかかわらず、脊椎動物2 を視認した場合に”人間に飼育されているペット”として愛情を抱くようになり、侵襲的な行動への抑制を報告します。この性質に強制力はなく、SCP-1579-JP-Aは外部から指示を受けることで対象に危害を加えることが可能ですが、このような行動は過剰な自己嫌悪や抑鬱を誘発します。3

また、SCP-1579-JPの影響下では一定の認識災害が生じ、絵画や玩具、仮装などが動物として観察されます。この時SCP-1579-JP-Aはその認識を抱くことにいかなる矛盾があったとしてもその対象が動物であると納得します。なお、この場合に対象は元となった存在とは明らかに異なる体格・性別の動物としてしばしば報告されます。

SCP-1579-JP-AがSCP-1579-JPの影響下を離れた時、暴露期間に比例し認識災害の効果が残留します。さらにこの間、SCP-1579-JP-AはSCP-1579-JPと同様に周囲に認識災害を発生させます。この時クラスB記憶処理により即時に認識災害の強度および影響範囲を著しく緩和でき、SCP-1579-JP-Aによる二次的なSCP-1579-JPの被曝を一時的に無効化させることが可能です。加えて、SCP-1579-JPの認識災害は事前に認識改変作用の知識を獲得することで緩和できることが確認されています。

SCP-1579-JPは愛知県██市にてペットの登録数が急増していたことから財団の注目を集めました。調査派遣された財団エージェントは当該地区のペットの年齢が一般的な寿命を大幅に超えている点に着目し、体毛サンプルの検査を実施したところ██市内のペットおよび家畜の半数以上が縫いぐるみなどの非生物であることが判明しました。その後、実験や聴取から市内に位置する秋野神社で信仰対象として設置されていたSCP-1579-JPがオブジェクトとして浮上、これを確保しました。なお、秋野神社は設立時期を示す資料や宗教法人としての実態が確認されていません。そのため財団は秋野神社がSCP-1579-JPの設置のためのカバーストーリーとして設けられたと仮定し、同社及びSCP-1579-JPの建設者を捜索中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。