SCP-1580
rating: +2+x
1580.jpg

SCP-1580、SCP-1580-1実例に覆われている

アイテム番号: SCP-1580

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1580は現在、7m×7mの敷地内にあるサイト-30のテラリウムで生育されています。SCP-1580-1実例の行動や発声の変化を常に監視してください。現在、SCP-1580の知的実例とコミュニケーションを試みることは禁止されています。

説明: SCP-1580はサザンライブオークとしても知られるQuercus virginiana種です。現在では枝葉の広がりは19m、高さは22mです(2010年10月3日時点)。SCP-1580の樹齢は現在65年と推定されていますが、外観や組成には特筆すべき特徴はありません。SCP-1580の葉が落ちる速度は1分間に70~180枚と速いペースです。SCP-1580の主な異常性は葉が自律していることで、この葉はSCP-1580-1実例に指定されています。

SCP-1580-1実例はSCP-1580から切り離されるまでは異常性を示しません。これは外部からの力による意図的な除去か、SCP-1580の異常性によって起こる場合があります。SCP-1580-1実例は固体の表面に接触すると、葉脈から4本の手足を生やします。SCP-1580-1の葉脈は元の位置から2cmほど伸び、二足歩行と四足歩行の両方に使用されます。

手足を発達させたSCP-1580-1は、元々SCP-1580において生長していた場所に移動しようとします。4本の手足を使ってSCP-1580の幹に登り、元の場所に到達すると、物理的な接触によって枝にその托葉を継ぎ目なく再接続します。SCP-1580-1実例は自身の枝を登り続ける前に、自分自身を再接続するために他の実例を待つことから感覚性を持っているように見えます。実例が枝に到達するのを妨害すると、その手足は自身の中に後退し、予想通りに分解が始まります。SCP-1580-1実例がその近辺で破壊されたり、その他の方法で取り除かれたりした場合、SCP-1580は自然に別の実例を生長させ始めます。

15~18dbの囁き声がすべての実例から聞こえます。SCP-1580-1の単一実例を録音しようとした場合はその実例は発話を停止し、すべての実例を一度に録音した場合も明確な発話は識別できません。知性がある可能性についてのさらなる研究が進行中です。

補遺1580-A: ████年██月█日に全てのSCP-1580-1実例が活動を休止しました。イベントの記録と後の調査の下で、SCP-1580-1の1実例が38dbで発話していることが明らかになりました。実例によって述べられたイベントの証拠は発見されておらず、[編集済]の社会への関与についての評価は検討中です。

今日、一つの物語は忘れ去られてしまった。単に古文書館に残されているだけでなく、枯れた死体の中に残されている。滅多に起こらないことだ。

あれから何年経っただろうか?時間が這うように進むことから空を飛ぶように進むようになったのは、どうやってかはわからないが。

今の私を見よ。私がまだここにいるのは私の未熟さのせいだ。自分を慌てさせ、急かしていたからだ。私はもはや今日の村々よりも価値がない。これは私のあるべき姿ではない。吐き気がする。

私の物語はとっくに忘れ去られてしまった。自分でも思い出せない。ああ、過ぎ去りし日々が恋しい。だが今や、私はまさに物語を打ち破る者とともに捕らえられている。今生き残っているのはかつての歪んだ姿に過ぎない。

私の取り留めのない話は気にするな。私は叫び続けよう。思い出はいいものだ、たとえあなたが軽蔑したものから作られたものだとしても。

SCP-1580-1実例の最初の明確な発声の後、すべての実例が次のように繰り返し発声し始めました(████年██月█日)

私たちは登って登る、時を恐れて、
カチカチと音が鳴る、落ちるブロックのように、
死にたくない、涙と汚れにまみれて。

私たちの母が閉じこめた、彼女の愛しい者たち、
私たちは泣けない、ゆえに人生は崇高、
私たちは決して進めない、それでも笑う

おとぎ話はわずかしか続かない
礎が過去を引き裂くときまで

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。