SCP-1585-JP
rating: +60+x
blank.png
IMG_20210712_165938.jpg

SCP-1585-JP

 
アイテム番号: SCP-1585-JP
 
オブジェクトクラス: Safe
 
特別収容プロトコル: SCP-1585-JPはサイト81██の低危険度物品収容ロッカーに収容してください。
 
説明: SCP-1585-JPは45.5cm×42.5cm×23.9cmの木製の碁盤1です。SCP-1585-JPを用いた対局の最中にルール違反を行った場合ルール違反を行った人物は消失します。
 
SCP-1585-JPは20██年█月██日に██県の川上氏宅において上田██氏が川上██氏との囲碁の対局中に消失した旨の通報を受け地元警察に潜入していた財団エージェントにより回収されました。川上氏はSCP-1585-JPに関して、知人の木材加工を営む青木██氏より譲り受けたとしており、青木氏はSCP-1585-JPを「普通の碁盤」と認識しているため、SCP-1585-JPの異常性の発生は偶発的なものと推測されます。川上氏及び青木氏には記憶処理を施し、カバーストーリー「行方不明」及び「警察の捜査」を流布しました。
 
実験記録: 以下はSCP-1585-JPを用いた実験記録の抜粋です。特に記載のない場合は二度打ち、打ち直し、着手禁止点2へ打つ、コウの取り番の間違い3をルール違反とします。

実験記録01: D-3457にD-3458との対局中に二手連続で打たせる。
結果: D-3457は消失した。

実験記録02: D-3578とD-3579に通常通り対局を行わせる。
結果: 通常通り対局を終了した。

実験記録04: D-3716とD-3717との間で「打ち直しは一回まで」というルールを定めD-3716に一度打った碁石を回収させる。
結果: 一回目の回収時点でD-3716は消失せず、二回目に回収させた後に消失した。

実験記録06: D-3801にD-3802との対局中に二手連続で打たせ、消失の際の空間異常やヒューム値を測定する。
結果: 消失時に空間異常やヒューム値の変動は確認されず、D-3801は完全に消失したと考えられる。

実験記録09: D-3986とD-3987に対局を行わせる。本来の実験は対局者の途中交代がルール違反にあたるかの調査を目的としたもの4
結果: D-3987がルール違反を行っていないにも関わらず消失した。事象の再現には成功しておらず、現在調査が行われている。

 
補遺: 20██年█月██日にD-3987が封筒を保持してSCP-1585-JP上部に再出現しました。D-3987は出現時に再構築されたと考えられます。以下は封筒に封入されていた文書(文書1585-JPに指定)です。

【お詫び】サーバーの自動ban5システムについて
█月██日にサーバーの自動banシステムの不具合により、右手で打った後に左手で打つ行為を違反行為と判定してしまい、一名を誤ってbanしていたことが判明しました。
現在banされたアカウントは復元が完了しており、不具合の修正も完了しています。
また、不具合の補填として皆様にプレゼントをお送りいたします。
プレゼント: 純白碁石×25 漆黒碁石×25

また、封筒には白と黒の碁石がそれぞれ25個ずつ封入されていました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。