SCP-1589
rating: +1+x

アイテム番号: SCP-1589

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1589は15×15×7mの強化された標本収容チャンバーに収容してください。収容チャンバーには風媒精神安定剤散布システムを接続し、狂暴化イベントが発生した際に作動させてください。基本的な命令語のリストは、収容チャンバー外、観察室内、そしてメインセキュリティオフィスに掲示してください。

SCP-1589には実験期間中、隔日で90kgの食肉を与えてください。SCP-1589が非活動状態に戻った場合、すべての廃棄物はDクラス職員チームの手によって除去してください。

SCP-1589とのすべての物理的な交流は、SCP-1589が非活動状態にある間のみ行わなければなりません。

説明: SCP-1589は体高5m(16.4フィート)、体重約7300kg(16000ポンド)の半二足歩行生物です。SCP-1589は人型に近い体形をしており、腹部は奇形で、腕は大きく筋肉質です。皮膚は厚くて毛がなく、保護用の脂肪の層を伴っています。腕と下腹部に深い傷跡があり、体中の皮膚には39個の矢じりや武器の破片が埋め込まれています。SCP-1589は短時間二足歩行をすることがありますが、関節による歩行を好みます。

SCP-1589には頭部がありません。対象の目、耳管、鼻孔、口はすべて胴体と腹部にあります。顔面には鼻や歯がないことを留意してください。感覚認識テストではSCP-1589は視力が悪く、主に嗅覚と聴覚で活動していることが示されています。人間の言葉を再現することはできませんが、類人猿に似た知能レベルを示し、簡単な道具を作成して使用することができます。SCP-1589はラテン語の基本的な命令を理解することができます。英語の命令を理解する訓練が提案されており、現在承認待ちです。

SCP-1589はその存在下にある人間の死体を無意識に摂取し、死亡した人物の衣服や持ち物は除去します。その他の動物は命令によってのみ摂取します。SCP-1589は生きている動物の肉を摂取せず、食用として動物を殺そうとしたこともありません。SCP-1589は時折岩石を食べることがありますが、これは肉が手に入らない場合によく見られる行動です。

摂取してから6~8時間後、SCP-1589は下腹部にある多数の開口部から様々な物質を排出します。

  • 食用のペースト。以前に摂取した生物の肉を再構成したものであることが確認されている
  • ミネラル含有量の高い水
  • 様々な無機物を丸めたもの、最も一般的なのは鉄と塩
  • 皮革のきれやシート
  • 砂利
  • コンクリート懸濁液1、SCP-1589が石膏、石灰、および適当な骨材を適切に混合したもの物を摂取した場合に排出

SCP-1589は5日以上餌を与えられない場合、休眠状態に入ります。この状態の間、SCP-1589はいかなる刺激にも反応しません。SCP-1589は死体がある場合、または起床命令を受けた場合にこの状態を解除します。SCP-1589が餌を与えられずに起こされた場合、6時間活動してから休眠状態に戻ります。

SCP-1589の体には多数の焼き印、入れ墨、傷跡がありますが、それらはすべてラテン語で書かれています。代表的なものは以下の通りです。

  • Opus Officinae Magni Persapientis(最も賢きマグナスの工場製) - 右肩甲骨に位置します
  • IV(4) - 左肩甲骨に位置します
  • Legio II Traiana Fortis(第2の勇敢なトラヤヌス軍) - 右ふくらはぎに位置します
  • Noscendus est Lucius hac nocte multas pulchras feminas futuit.(言わずもがな、ルシウスは今晩多くの美女を犯した) - 左腹部に位置します
  • Ecce Elephantus cibicida merdae vir viri.(見よ! 愚か者を食らう象、人々の英雄を!) - 胸部、顔の上に位置します
  • Ptolemaeus hic erat(プトレマイオスはここにいた) - 左足の上に位置します。文章には王冠をかぶった棒人間が付記されています
  • 獅子の皮を被り、棒を振り回す男の様式化された描写(ヘラクレス、第2の勇士トラヤヌスの紋章) - 背中に位置します

他にも記号や文字が存在しますが、傷みや経年劣化により確認できない状態になっています。

補遺-01: SCP-1589は1993年にエジプトの[編集済]で、考古学遠征隊によって発見されました。財団の回収チームが遠征の指揮を執り、適切な防諜対策が問題なく行われました。SCP-1589は非活動状態で回収され、死亡していると推定されました。輸送中、回収チームは未知の集団の一員に襲われました。SCP-1589は攻撃中に活動状態になり、その後、死体を捕食し始めました。発砲を受けたSCP-1589は激しく反応し、5名の戦闘員が死亡、3名が負傷しました。襲撃した集団はSCP-1589の確保に関心を持っていたとは考えられていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。