SCP-1614
rating: +6+x

アイテム番号: SCP-1614

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1614はフラッシュドライブに保存し、██████博士またはスタッフが使用しない際は職員ロッカー14に保管してください。いかなる場合でも██████博士の書面による許可なしにSCP-1614を再生してはいけません。

説明: SCP-1614はミズーリ州███████にある倉庫の異常物品の強制捜査で押収されたDell社製のラップトップコンピュータから回収された.aviデジタルメディアファイルです(回収された物品の包括的な記録については[編集済]を参照してください)。コンピュータ上で発見された他の文書、メディア、ソフトウェアに異常がないことを確認した後、SCP-1614は問題なく転送され、さらなる調査のためにサイト-16の保護ネットワークに隔離されました。ファイルのプロパティではSCP-1614の作成日は████/██/██と記載されており、[編集済]による追加の修正が加えられています。SCP-1614が固有のものなのか、プライベートネットワーク上で共有されている多数のコピーのうちの1つなのかは現在のところ不明です。研究は現在進行中です。

再生した場合、SCP-1614は家具のない現代的なアパートのリアルタイム映像を収録しており、向かいの壁の窓を通して未確認の都市の地平線が確認できます。アパートには「ポールとリサ」と名乗る円満な中年のコーカソイド系夫婦が居住しています(以下、それぞれSCP-1614-1と-2とする)。再生のたびに経過内容は異なりますが、いずれの繰り返しも始まりは同様です。SCP-1614-1と-2は視聴者に向かって手を振り、SCP-1641は恋愛関係にあるカップルが様々な経験の変化を共有することで関係性を高めていくことを意図した流動的なメディアであると説明しています。以下はSCP-1614-1と-2が激しく異なる倫理観を持って活動している様子を描いた新奇的な映像です。場面に応じて風景や都市環境のストック映像1をアパートの壁に重ね合わせて撮影しています。再生を手動で停止しない場合、SCP-1614-1と-2は無期限に所定の活動を行い、記録上の最大再生時間は[編集済]です。再生が蓄積されていくにつれ、選択される活動は通常のもとより暴力的かつ逸脱したものになっていきます。初期の活動は、ロマンティックなディナー、個人的な来歴や恋愛関係の来歴についての親密な話し合い、性行為、未知の国への娯楽的な小旅行などといったものでしたが、その後、ダンス、哲学的なテーマについての議論、異常な場所での性的逢引、オカルト的な儀式、薬物使用、暴力、そしてお互いあるいは団地の外で通りすがりに居合わせた人物を殺害したりすることへと移行していきました。

SCP-1614-1およびSCP-1614-2は再生が始まるたびに最初の状態に戻りますが、最初の導入後には以前の出来事の記憶を保持していることが観察されています。心理的に有害な出来事の頻度が増加しているにもかかわらず、SCP-1614-1と-2は複数回の再生で、お互いに恐ろしい体験を共有することで絆が深まっていることを表明しています。SCP-1614-1および-2は電子的なものではないかと考えられていますが、どのような仕組みでこれほど多様な場所で、これほど多くの異質なものが存在しているのかは明らかになっていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。