SCP-1630-JP
rating: +76+x
blank.png
イテム番号: SCP-1630-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1630-JPはサイト‐81██の中危険度人型オブジェクト収容室にて収容されています。現在、SCP-1630-JPは抑うつ症状を患っておりそのめ週1回SCP-1630-JPに対てカウンセリングが実施されます。SCP-1630-JP2人以上の職員が接近することは禁じられています。

説明: SCP-1630-JPは本名を安島奈美という23歳のアジア系女性です。SCP-1630-JPは後述する異常性の影響を除けば通常の人と変わりません。

SCP-1630-JPの周囲に2人以上のヒト(以下対象と呼称)が接近すると、SCP-1630-JPの口内からカランコエ(Kalanchoe)の花弁(以下SCP-1630-JP‐1と呼称)が出現し、対象の周囲を囲むように舞います。SCP-1630-JP‐1の縁は非常に鋭利であり、人体程度なら容易に傷をつけることがでます。この現象はSCP-1630-JP自身の意思で制御することはでき、SCP-1630-JP-1によりSCP-1630-JPが苦しむ様子が見られます。その後対象は総じてSCP-1630-JP‐1の傷により失血死します。対象が死亡した後、SCP-1630-JP‐1はSCP-1630-JPの口内に戻ります。SCP-1630-JP‐1は食道を通過し胃の中にて消失します。これによりSCP-1630-JPは舌、食道や胃の内壁が傷つけられ、吐血します。これによりSCP-1630-JPが失血死することは無く、傷も1週間程度で自然治癒します。しかし、痛覚は通常の人間と変わらなため、SCP-1630-JPはSCP-1630-JP‐1について嫌悪感を持っいます。

インタビュー記録1630-JP

対象: SCP-1630-JP

担当職員: 鹿野博士

<記録開始>

鹿野博士: SCP-1630-JP、体調は如何ですか?

SCP-1630-JP: ……ええ、今は大丈夫です。

鹿野博士: それはなによりです。では、少々質問をしても?

SCP-1630-JP: はい、何でしょうか。

鹿野博士: あなたのその現象の発生理由に心当たりはありますか?

SCP-1630-JP: 心当たりですか……うーん、特には……あ、そういえば栞を……。

鹿野博士: 栞?

SCP-1630-JP: わたし、花を育てるのが趣味だったんです。それでよく花屋に通ってたんですけど、ある日店主さんに栞をもらったんです。

鹿野博士: 栞を?

SCP-1630-JP: そうです。カランコエの花びらがラミネートされてて、裏面にカランコエの花言葉、「あなたを守る」って書いてました。それをもらった次の日、部屋から下に降りてお母さんとお父さんに会ったら、あれが……[息が荒くなる。]

鹿野博士: 大丈夫ですか?

SCP-1630-JP: ……すみません、あの光景を思い出してしまって……。

鹿野博士: そうですね……今日のインタビューはこれくらいにしておきましょうか。

SCP-1630-JP: はい……すみません。

鹿野博士: また詳しい話は今度聞かせてもらいますね。

SCP-1630-JP: あ、あの!

鹿野博士: はい?

SCP-1630-JP: 私、元に戻れるのですか?心配で……お母さんとお父さんは無事なのですか?

鹿野博士: ……どうでしょう、詳しいことは調べないと分からないので、ここで断言は……。

SCP-1630-JP: そう、ですよね……すみません。呼び止めてしまって。

鹿野博士: いえ、ではインタビューを終了します。

<記録終了>

終了報告書: 現在、インタビュー中に言及された栞の捜索が行われています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。