SCP-1639-JP
rating: +11+x
blank.png

アイテム番号: SCP-1639-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1639-JPによる配信が確認された場合、近隣サイトへの報告を行い機動部隊ミュー-4(“デバッガー”)の出動を要請します。

インターネット上のSCP-1639-JPの情報は財団ウェブ解析Bot(I/O-SAURON)により監視されます。これらの情報の削除や都市伝説等の偽情報へと置換する作業が機動部隊ミュー-4(“デバッガー”)により行われます。財団ネットワークにおいてSCP-1639-JPが発見された場合、機動部隊ミュー-4(“デバッガー”)と機動部隊ロー-9(“テクニカルサポート”)の合隊の下で対処が行われます。

SCP-1639-JPの異常性に暴露した人間は発見次第、記憶処理を施し解放してください。

説明: SCP-1639-JPはマルウェアの一種と見られる不正プログラムです。レジストリキー名から、SCP-1639-JPは“CryptoReaper1”という名称であり、製作者は"CyberHulk2"とされることが確認されています。年毎に12~15件のSCP-1639-JPの被害報告がされていますが、感染したコンピュータがどのような経路でSCP-1639-JPに感染するに至ったのかは現在不明です。バイナリ解析については現在においても成功していません。ヘッダー部分には"To Free Yourself You Must Confess3"とだけ記されています。

感染したコンピュータを起動すると、ランダムな動画配信サイトにて配信が開始され、画面上には赤い背景に骸骨を象ったマークと白い文字の文章とタイマー、及び質問文とYES、NOボタンが表示されます。この画面が表示された時点で起動者の親しい人間4(以下“被害者”と表記)は昏睡状態となります。文章には主に「指定時間内に質問にYES、NOボタンをクリックすることにより回答をすること。回答をしなかった場合、被害者は死ぬ。」といった脅迫的な内容であり、多くの起動者は自身の意思で質問の回答を時間内に行います。平均して5問程度の質問に回答した時点で動画の配信は停止され、前述の画面から通常のデスクトップ画面へと変化し、被害者らは目覚めます。被害者らは昏睡状態にあった時間に一切の違和感を抱きません。

起動者が指定の手順を制限時間内に行わなかった場合、もしくは問題に対し正しい回答をしなかった場合、被害者が1名ずつ死亡します。被害者が全員が死亡した場合、該当コンピュータを別の人物が起動してもSCP-1639-JPの異常性が発揮されないため、SCP-1639-JPの異常プロセスはこの状況をもって終了するものと考えられています。

SCP-1639-JPは多くのマルウェアと同様の方法で削除可能ですが、1度感染したコンピュータへとSCP-1639-JPは繰り返し感染することが判明しています。

補遺1639-JP.1: 映像記録

SCP-1639-JPは2016/12/12に███研究所において研究員が使用するデスクトップ4台にSCP-1639-JPの感染が認められました。感染源は現在まで判明していません。このときSCP-1639-JPの対象となったのは研究室内の職員5名でした。

日付: 2016/12/12
起動者: 畠山 祥子氏
被害者: 奥野 浩司氏、幸村 良介氏、丹下 洋之氏、佐藤 良美氏
視聴者: 羽毛田 彩華氏(ハンドルネーム:アテナ)、橋本 泰章氏(ハンドルネーム:ハッシー)
場所: ███研究所
付記: 視聴者数に変動はあったものの、上記視聴者2名のみ最後まで視聴していました。


[記録開始]

[動画配信ツール"ツイキャス"にて配信が開始される。]

畠山氏: なにこの画面?ハッキングかしら…?

[チャット画面に「ゲームをしよう」と表示される。]

畠山氏: ゲーム?

[チャット画面に「嘘つきは誰だ?ゲーム」と表示される。]

畠山氏: 質問をしてそれに対してやったことがあるかどうか答えていくゲームのこと?

[チャット画面に「負けた場合は一気飲みではなく、死んでもらう」と表示される。]

畠山氏: ネットトロール5の類かしら…。

[画面全体に同僚である奥野氏、幸村氏、丹下氏、佐藤氏が昏睡した状態で映し出される。]

畠山氏: なにこれ…。本物?

[チャット画面に「丹下氏は小学生のころいじめの主犯格であった」と表示される。]

[この時点で羽毛田氏、伊豆野氏が閲覧しており、「なにがあったんだ?」と書き込まれる。]

畠山氏: えっと、セキュリティソフトセキュリティソフト…。

[ウィルススキャンを開始する。約100件程度のトロイの木馬が検出され、赤背景の画面から通常の配信画面へと遷移する。]

畠山氏: あとは配信停止できれば──

[丹下氏が動き出し、レスキュー用のハンドアクスで自らの頭部をたたき割る。]


コメント(2)

アテナ @athena_1192
なにこれ…。

ハッシー @bridge_hassi
特殊メイクかなんか?


畠山氏: (悲鳴)


コメント(4)

ハッシー @bridge_hassi
通報するから住所を教えてくれ。


畠山氏: (嘔吐する)…███-████の██県███市███ ████-█です。早く呼んで!


コメント(7)

ハッシー @bridge_hassi
OK。30分くらいで着くらしい。


幸村氏: …やればいいのね。

[チャット画面に「佐藤氏が畠山氏は発達障害であるとの噂を流した」と表示される。]

畠山氏: え、なにこれ…。彼女がそんなことするはずない!

[佐藤氏が動き出し、鉛筆を自らの眼球に突き刺す。]


コメント(10)

アテナ @athena_1192
うわ…。

ハッシー @bridge_hassi
エッグい。


畠山氏: そんな…。ひどい…。

[沈黙。]

[チャット画面に「畠山氏が佐藤氏に研究機器を破損した事故の際、責任を押し付けた」と表示される。]

畠山氏: …はい。やりました。


コメント(14)

ハッシー @bridge_hassi
マジかよ。

アテナ @athena_1192
サイテー。


[チャット画面に「奥野氏の日頃の勤務態度の悪さを幸村氏が部門長にチクった」と表示される。]

畠山氏: はい…。してるのを見たことあります。


コメント(17)

ハッシー @bridge_hassi
雲行きが怪しくなってきたぞ。

アテナ @athena_1192
ていうか全部演出じゃないのこれ?


畠山氏: 演出なんかじゃないです!信じて!

[チャット画面に「佐藤氏が奥野氏の財布を窃盗した」と表示される。]

畠山氏: そんな噂話きいたことある…。


コメント(22)

ハッシー @bridge_hassi
みんな犯罪者じゃねーか。

アテナ @athena_1192
天罰かな?


畠山氏: ひどい…。こんなことになるなんて…。

[チャット画面に「畠山氏は彼氏の同僚とヤッたことがある」と表示される。]

畠山氏: やめて!どうしてこんなことするの!幸村さん本当にごめんなさい!


コメント(27)

ハッシー @bridge_hassi
こいつらカップルだったのかよ。

アテナ @athena_1192
修羅場じゃん。


[チャット画面に「奥野氏が小山内氏を睡眠薬を利用してレイプした」と表示される。]

畠山氏: さすがにこれは…。してないと思う。

[奥野氏が動き出し、給湯室の果物ナイフを喉元に突き刺す。]

畠山氏: そんな…。


コメント(32)

ハッシー @bridge_hassi
さすがにレ〇プは引く。


畠山氏: もうやめて…。

[画面上に奥野氏と畠山氏との性交映像が映し出される。]

畠山氏: なにこれ…。

[チャット画面に「最後の質問:これまであなたは正しいと思う行いをしてきた」と表示される。]

畠山氏: どう答えろっていうの…。

畠山氏: …私、これまで紆余曲折あったけどうまくやってきたはず!色々あったけど悪い人間じゃない!


コメント(37)

アテナ @athena_1192
はいはい、そういう展開ね。

ハッシー @bridge_hassi
結局大団円か。


[「私は正しい」と回答した瞬間、画面が暗転し配信が終了する。]

[配信が再開され羽毛田氏、橋本氏が画面に映し出される。]

橋本氏: え…。

羽毛田氏: なにこれ…。

[チャット画面に「ゲームを始めよう」と表示される。]

[記録終了]

機動部隊ミュー-4(“デバッガー”)により、動画配信サイト"ツイキャス"を一時的にメンテナンス中とすることでSCP-1639-JP感染の拡大を阻止しました。

警察機関の到着時には、奥野氏、幸村氏、丹下氏、佐藤氏、畠山氏の5名が遺体となって発見されました。死因は奥野氏は果物ナイフによって喉を突き刺すことによる失血により死亡、丹下氏はハンドアクスによって頭部を負傷したことにより死亡、佐藤氏は自ら鉛筆によって眼球から脳を負傷させることにより死亡、幸村氏と畠山氏は███研究所の屋上から飛び降り、地面に激突したことにより死亡したものと推測されています。橋本氏は自宅にて心神喪失状態で発見されましたが、羽毛田氏の行方は現在捜索中です。

発見当初、SCP-1639-JPのバージョン情報が、1.00だったことに対し現在、感染しているSCP-1639-JPのバージョンは1.02であることが確認されています。バージョン1.01ではスマートフォンへの感染が確認され、バージョン1.02では配信を視聴した媒体にもSCP-1639-JPが感染することが確認されています。今後もアップデートされることによりSCP-1639-JPによる、被害が更に増加することが想定されます。

補遺1639-JP.2: インタビュー記録

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。