SCP-1654
rating: +5+x

放送受信

プロトコル緊急度: 即時

脅威レベル: アレフ

プロトコル名: SCP-1654

プロトコル命令: SCP-1654の特別収容プロトコルは暗号化されていない波長で残りのすべてのサイトに放送してください。このメッセージを受信した民間人は可能な限りの手段を用いて財団を支援することが推奨されます。従わない財団職員は最低でも直ちに終了されることになります。支援に失敗した民間人は再生を知ることはできません。

少なくとも13の財団前哨地は残存するすべてのサイトの外側に沿った円形地域に、サイトから少なくとも20km話して設置してください。各前哨地には以下の収容要件を設けてください。

  • 少なくとも3つの個室でサイト管理官の眼神経の一部(少なくとも4mg)を収容すること。
  • レベル3職員の遺体が含まれた外壁を、毎日交換すること。
  • 地下1階の底部には、SCP-1654-1実体に由来する少なくとも3kgの土または岩石が含めなければならない。
  • 前哨地に従事するすべての職員は更生していない人物でなければならない。
  • 各管理官由来の血液71mlをSCP-1654から離れた前哨地内のどこかに隠さなければならない。

これらの前哨地はSCP-1654に対する防護壁を形成する義務があります。さらに、侵入した民間人はサイトに送られる前にこれらの前哨地で処理されます。これらの前哨地で従事するすべての人物が死亡することは許されません。通知から3週間以内にこれらの収容要件を満たすことができないサイトは、サイト内のすべての核弾頭を発動させてください。

既存の家族関係を持つすべての職員は、即時終了のために所属する財団再生局に提出してください。遵守しない職員はできるだけ早く処刑してください。彼らの遺体は再生の5分前までに彼らに食べさせてください。

回収された人物は直ちに再生のために月面エリア32に送られます。月面エリア32に到着した人物は、すぐに魔導儀式C3-37を受けてください。

儀式の結果は軌道上にある財団セラフィム隊から主要な民間人居住区(現在はSCP-1654-1として知られている)に向けて発射され、遺跡はセラフィックゾーンと名付けられるものとします。

このプロセスはすべての既知のSCP-1654-1実体がセラフィックゾーンに変換されるまで繰り返されます。既存の家族関係を持つ職員の現在の供給が枯渇した場合は、その周辺の民間人を使用してください。その手段も枯渇した場合、職員は自分で適切な候補者を作り始めるように指示されます。

可能性のあるすべての候補者が枯渇した後に、残りの財団職員はセラフィックゾーンのいずれかに集合し、SCP-1654の終了を開始するように指示されます。

更なる命令は当該イベント前に下されます。




特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。