SCP-1674
rating: +1+x

アイテム番号: SCP-1674

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1674が設置されている建物は歴史保存協会に偽装した財団フロント企業によって買収されました。建物は一般人の立入りと見物を規制してください。SCP-1674の扉は許可された輸送中を除き、人間の対象がSCP-1674の内部にいる間は常に開けたままにしてください。SCP-1674-1は劣化を防ぐために必要以上の光に曝露させないように注意してください。

SCP-1674-3には実験対象を収容するための基地が設置されています。SCP-1674とSCP-1674-3基地間の接続を維持するために太さ2mm以下の通信ワイヤーをSCP-1674-2から通してください。3mm以下の太さの弾力性チューブを液体食糧を移送するために同様に挿入してください。

説明: SCP-1674はオランダのズヴォレにある16世紀の建物内に存在する部屋です。SCP-1674の内部寸法は3.2m×5m×2.4mです。壁と天井はえび茶色に塗装され、床は樺の硬材製で、すべての内面は滑らかで無地です。狭壁の1つ(以下、近壁)に存在する扉は内開きです。閉じた状態では壁に密着しています。内側の扉に取っ手はありません。長い壁と天井は発光する黄色の縦縞模様で水平に塗られています。これらの縞模様は文字合せ錠の円形のねじれたタンブラーに似た層状のデザインで、扉の反対側の狭壁(以下、遠壁)の中心に向かって収束しています。SCP-1674の内部には、SCP-1674-1に指定されたキャンバスシートとSCP-1674-2に指定された遠壁にある小さな穴が存在します。

SCP-1674-1は厚いキャンバス紙の生命を持ったシートです。それは近壁と反対側の天井のロールに固定して取り付けられています。SCP-1674-1は大きさ3.2m×3.2m×1mmで、異常な損傷への耐性および耐久性を持っています。それは可視スペクトル以外のすべての電磁放射を完全に吸収します。可視光線を直接表面に当てると、顔料が大きく退色しているにもかかわらず、曇った岩山のタイガを描いたバロック様式の山水画の形跡が明らかとなります。

SCP-1674-2は幅5mmの丸穴です。これは遠壁の円形のデザインの中央に位置しています。SCP-1674-2は概して少量の光を通します。SCP-1674-2はSCP-1674-3と指定された外部領域に通じており、SCP-1674に隣接する部屋や建物の外部エリアには対応していません。SCP-1674の扉が開いている間、SCP-1674-3からの視覚的な詳細は乏しくなりますが、2つのエリアは常に接続されています。音や狭帯域の電波はSCP-1674-2を容易に通過します。気圧差は無視できる程度です。

人間が中にいる状態でSCP-1674の扉が閉じられた場合、SCP-1674-1が展開して近壁と床の0.8m部分を完全に覆うようになり、扉が再び開くことを防ぎます。遠壁の円形のデザイン層が独立して回転し始め、様々なねじれ状の縞模様が整列して所定の位置に固定されます。整列した縞模様で囲まれた壁の一部は、その後アコーディオン状の構造を持つ浅いトンネルを形成するために外側に突き出てきます。壁が移動するとSCP-1674-2は5mmから2mへと徐々に広がり、これによりSCP-1674-3は物理的にアクセス可能な状態になります。人間の対象が足を非身入れると、SCP-1674が再び元の状態になり扉を開けることができるようになるまでプロセスが逆転します。移動はこのように一方通行のみです。このプロセスにおいて音は発生しません。

SCP-1674-3は岩の多いタイガや草原のような超次元領域です。自生している植物が豊富にあり、そのうちのいくつかは食用です。 野生生物はLithobates sylvaticus (カナダアカガエル)1種類以外には未だに観察されていません。空はずっと曇っていて、夕暮れ時には雲が紫色を帯びることがあります。SCP-1674-3は原因不明の高照射を受けています。長期間滞在した場合、非自然器官に集中した突然変異の影響を受けます。突然変異は通常、目、皮膚、消化管内膜に集中し、最終的にはSCP-1674-1と化学的にも物理的にも同一の物質に帰結します。SCP-1674-3に送られた対象は古い集落(SCP-1674が収容されるよりはるか以前に侵入した人々によって建てられたと推定される)を見たと報告されており、その多くはまだ突然変異の影響を示す遺体を含んでいます。

SCP-1674-2は地表から噴出した大きな斑点岩の面からSCP-1674-3に出ていると報告されています。出口の横には、近世オランダ語で書かれた銅版画が岩肌に存在します。訳文は以下の通りです。

この言葉を見つけた者に神の安息があらんことを

私の部屋はあまりにも出来過ぎていた。私はあまりにも貧しい中働いてきた。完璧なリアリズムの夢にのめり込まなければ、家に帰る道はないと思っていただろう。このリアリズムには欠陥がある。空は病んで私の肌を焼き喉を焦がす。この異質な果実やつまがなければ飢え死にしただろう。この大岩の一刺しが戻れる希望を奪う。別の道を歩むために運命を捧げよう。私が一体何をしたというのか?

投影を反転させる仕掛けを作ればよかった。こちら側から仕掛けを作ればよかった。投影を反転させる方法を作ればよかった。描けばよかった

(文は途切れ、数行下の方から再開する。)

もう見せかけに意味はない。私はなおこのノミを持っている。じきに私は何も持てなくなる。

マスターコンストラクター、怪しき者
西暦1610年

署名された名前に関連すると思われる遺体はSCP-1674-3内で未だ確認されていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。